STAFF BLOG

2020年5月16日

体重に変化がないのに二重あご!美容鍼灸でたるみを改善

女性にとってお顔に老化の兆しとなる変化が表れると、それはもうこの世の終わり!そんな気分が生まれても可笑しくはありません。

体重に変化がないのに二重あごが表れる。お顔のたるみは、美容鍼灸で改善していきましょう。

 

二重あごは肥満だけが原因じゃない!

 

お顔からあごにかけて筋肉や脂肪が原因となり、あごの下にお肉がついているかのように見える二重あご。

二重あごが表れると、老けて見えるだけでなく体重が増加したわけではないのに、顔の面積が大きく太って見えてしまうのも悩みの種です。

また、顔と言うパーツは、相手の目に入る最初の情報でもあるため、顔が大きいと老け顔にも見え、なんとかしたいと願う女性が多いものです。
二重あごの原因は、肥満によって引き起こされる可能性が高いのですが、顔のむくみやたるみが起因となっているケースもあります。

身体の血流が滞ると老廃物も溜まりやすく、むくみの原因となり、お顔の血流が滞ればむくみ、二重あごを作り出し
ます。

また、加齢によりハリを失い皮膚がたるめば、二重あごができやすくなります。

 

美容鍼灸でたるみを改善

 

肌は表皮・真皮・皮下組織の3層でできていますが、真皮という層が肌の土台です。

この真皮は、網目状に張り巡らされたコラーゲン繊維をエラスチンが支え、その隙間をゼリー状のヒアルロン酸が埋め尽くす構造となっていて、この成分があることで弾力の肌を保つことが出来ます。

ですが、コラーゲンやエラスチンにヒアルロン酸といった物質は、加齢や生活習慣の乱れ、紫外線などによっても生成量が減少していくのです。

肌の基礎構造が崩れれば、たるみの原因となります。
美容鍼灸では、お顔の真皮層に鍼を刺し刺激することで、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力を保つ成分の生成を促進し、フェイスラインのたるみをスッキリさせリフトアップ効果にもつながります。

そして、新陳代謝・血行促進が活性化し、老廃物が流れお肌にハリを取り戻し、たるみによる二重あごも改善していきます。

 

まとめ

 

二重あごは、肥満体質の方だけに生まれるものではありません。
顔のたるみやむくみが原因となり表れる症状でもあるので、美容鍼灸で改善することもできます。

美容鍼灸は、お顔や頭に鍼や灸を使用する施術のため、不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、美容鍼灸で使用する鍼は、髪の毛ほどの太さしかない極細の鍼になります。

また、美容鍼灸ソアンでは、国家資格を保有した技術・知識力のある鍼灸師施術するため痛みもほとんどありませんので、ご安心くださいませ。