STAFF BLOG

2020年9月15日

美容注射の中でも美白に優れた白玉注射。その効果は美白だけではない?!

芸能人や海外セレブに人気の白玉注射。皆さんも聞いたことはありますでしょうか?

美容注射・点滴は美容目的なイメージがありますが、白玉注射に含まれる「グルタチオン」という成分は美白だけではなくさまざまな効果があります。

 

グルタチオンとは

グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸からなる化合物です。

主に肝臓や皮膚、目の角膜に多く含まれています。しかし20代をピークにどんどん減少していきます。グルタチオンの生成は加齢だけではなく紫外線の影響なども受けやすいことから生成量も年々減少していきます。

 

グルタチオンの効果

グルタチオンはメラニン色素の発生を抑制できるのでしみの予防であったりコラーゲンの萎縮を防いだり、美白・美肌効果として有名ですが他にもたくさんの効果があります。

まずグルタチオンは抗酸化作用が非常に高いと言われています。抗酸化作用とは簡単に言えば錆びるのを防ぎ、酸化物を排出する働きです。この作用により動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防ができ、脳梗塞やがんなど病の予防や改善にも期待されます。

体のサビつきだけでなく血管のサビつきをも防ぐので、血管からキレイにアンチエイジングできます。

そしてもう1つ大きな特徴が解毒作用です。これにより肝機能を高める効果があります。グルタチオンは体内の中でも肝臓に最も多く存在しています。二日酔いなどお酒を飲んだ後にできるアセトアルデヒドを無毒にする効果があるので、二日酔いの予防や回復にも効果があります。

 

効果を得るための頻度は?

サプリのような経口摂取では体内に入ってから吸収されるまでに時間がかかります。

ですので白玉注射を受けるにはダイレクトに血管内に成分を送り込むことができる点滴や注射がオススメとなります。

しかし1週間に1~2回のペースを20回以上しないと美白効果は得られないとされています。

時間とお金も余裕がなくなってしまいますよね・・・・。

 

美容鍼とうまく併用しよう

注射や点滴のいい所は直接血管内に成分を送り込めることです。

グルタチオンの成分もとっても優秀ですが、筋肉などにはアプローチができず小顔にはできません。その点美容鍼では保湿成分ができ、なおかつ筋肉にダイレクトに刺激できます。

しかし、抗酸化作用や解毒作用はグルタチオンのほうが優れているので、交互に上手く組み合わせていくことがオススメです。

 

まとめ

美白だけではないグルタチオンの効果、魅力的ですよね。

お肌だけでなく、高血圧やよくお酒を飲まれる方にもオススメな注射です。

もちろん美白は美容鍼でも期待できる効果ですので、副作用や注射に抵抗のある方はぜひ当院にご来院ください。

 

2020年9月08日

顔色が悪いなんて言わせない!美容鍼で明るく透明感のあるお肌へ

人のパッと見の印象はとても大事ですよね。すれ違ったその一瞬、肌ツヤが良いとふと見とれてしまいます。

逆に元気でも顔色が悪くみられてしまったりすると損ですよね。そのお悩みの原因は「お肌のくすみ」かもしれません。

 

くすみの原因

お肌のくすみとは、お肌が本来もっている透明感やうるおい、キメ細かさなどが失われ顔全体がだんだんと暗くみえてしまうお肌の状態をいいます。

お肌がくすんでいるということは、何らかの原因・トラブルがお肌の内側でおこっています。まずお肌がくすむ原因を3項目に分けてご紹介していきます。

 

①血行不良

ストレスや睡眠不足・疲れ・運動不足など生活習慣の乱れにより血液の流れが滞り、お肌の組織や細胞に十分な栄養が届かず肌ツヤが悪くなります。

そうなればリンパの流れも悪くなり老廃物をためやすい状態となり、お肌のターンオーバーをも乱します。

また、目の下など皮膚の薄い部分では血液の流れが滞ると、停滞して溜まった血液が透けてみえてしまう為、肌の色が青黒っぽくみえてしまいます。

 

②乾燥

お肌が乾燥しているとお肌のキメも荒くなり毛穴も目立ちやすくなります。

肌の乾燥により外部刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまうと、肌は角質を厚くして弱ったバリア機能を補おうとします。角質は元々黒っぽい色をしているので、お肌が乾燥することによりどんどん角質が厚くなり肌がくすんでみえてしまいます。

また、お肌の水分量も低下している状態なので肌ツヤも悪くなり透明感も奪われてしまいます。

 

③糖化

糖化とは簡単にいえば「焦げる」ということです。体内のたんぱく質が糖化と結びついてAGEs(最終糖化生成物)という物質が増えることでお肌が硬くなったり褐色化してしまう状態です。

AGEsそのものが黄褐色を帯びているため、黄ぐすみや茶ぐすみの原因となったり、コラーゲンやエラスチンなども硬化させてしまうのでくすみはもちろんお肌の老化にもつながります。

 

くすみしらずのお肌へ

くすみの原因をみて頂いてお分かりかと思いますが、くすみのあるお肌はターンオーバーが正常化ではありません。乾燥や紫外線・血行不良などもターンオーバーが乱れる原因の一つです。

そしてお肌のターンオーバーを整えるには美容鍼がオススメです。鍼をすると血行改善されるので1回の施術でもくすみはとれていきます。しかし普段の生活習慣の乱れや、くすみの敵はとても多いです。2~3週間に1回の周期的な美容鍼のメンテナンスで肌ツヤよく、明るい印象のお肌へと導きます。

 

まとめ

肌のくすみの原因はさまざまですが、紫外線対策や規則正しい生活習慣といった少しの心がけで改善していけます。

美容鍼にて乱れたターンオーバーを整え根本治療のお手伝いをさせて頂きます。

一緒に透明感あふれる明るいお肌を手に入れましょう!!

2020年9月01日

年中問わず気になる乾燥肌。美容鍼で肌質改善しよう!

「お肌がカサカサする」「化粧のりが悪い」など乾燥肌ならではのお悩みはありませんか?

お肌が乾燥していることにより、紫外線の影響を受けやすくなったり摩擦が起こりやすくなるのでシワにつながる原因ともなります。

 

乾燥肌って?

よく乾燥肌・脂性肌・混合肌に分けられますよね。

乾燥肌はバリア機能の低下とターンオーバーの乱れがお肌に現れた状態です。

肌の弾力性が失われ皮膚がカサつく、お風呂上りにお肌がつっぱる、お化粧の粉がふくなどお肌のターンオーバーが正常でなくなると乾燥肌となりこのような症状がでてきます。

一度ターンオーバーが乱れてしまうと新しく生まれかわる細胞も未熟なものとなり悪循環となるので乾燥肌もなかなか治りません。

また、アレルギーや気温の差、紫外線など乾燥は年中おこりえます。

肌荒れが起こりやすくなるとストレスも感じ、そのストレスもホルモンバランスを乱したり血管を収縮しやすくなり乾燥肌を引き起こす原因となります。

 

まずは美容鍼でターンオーバーを正常化へ

ご自身で生活習慣を見直すことはとても大事です。しかしお肌のターンオーバーをより気軽に早めたいですよね。

そんな時には「美容鍼」がオススメです!!

美容鍼をすることによりご自身の細胞にわざと微細な傷をつけ、内側から保湿成分を作っていきます。

お肌のターンオーバーを正常化することはもちろん、内側から保湿されることにより普段ご自身でされているスキンケアが浸透しやすくなります。

美容鍼をすれば高いスキンケア用品・長時間のお手入れをしなくても手軽に潤いのあるお肌へと導くことができます。

 

食生活も見直しを

乾燥肌の原因は身体の内側にもあります。

乾燥肌の方にとても大事なことは「たんぱく質をとる」ことです。

お肌のバリア機能の役割を果たす天然保湿因子(NMF)の約半分を占めるのがたんぱく質を構成するアミノ酸です。また、コラーゲンもたんぱく質の一種です。たんぱく質不足になるとお肌のバリア機能の低下、コラーゲンなどの保湿成分の減少と乾燥を引き起こしやすくなります。

毎日の食生活の中で意識的に摂取するよう心がけていきましょう。

〔たんぱく質を多く含む食品〕

肉類・魚類・卵・大豆などなど

 

まとめ

乾燥肌でお悩みの方は良いスキンケア商品を使ってみたりいろんなことを試されたと思います。

しかし乾燥を防ぐには生活習慣や食生活の見直しがとても重要になっていきます。そこにプラス月2回の美容鍼のメンテナンスでターンオーバーが正常化されていきます。

乾燥肌でお悩みの方はぜひ一緒に改善していきましょう。

2020年8月25日

骨格のせいにしないで!見た目の印象を変えるのに大事な咀嚼筋とは?

過去の写真を見返すと「あれ?私顔が大きくなった?」と思う瞬間はないでしょうか。

また、ふとした時に鏡にうつる自分のお顔やみんなと撮った写真を見てゆがみが気になることもありませんか?

その大顔・ゆがみの原因は食いしばりや噛み癖によるものです。

 

咀嚼筋

咀嚼筋は咬筋・側頭筋・内側翼突筋・外側翼突筋の4種類。

話したりご飯を食べたりと顎を動かすときや噛む時に使われる筋肉です。

その中でも特に咬筋は大顔・ゆがみの大きな原因になります。頬骨弓からおこり下顎枝につく、いわゆるエラの部分の筋肉です。よくエラが張っている方は「元々の骨格だから」と諦めていませんか?それは骨格ではなく日頃の食いしばりや噛み癖によってどんどん筋肉が発達し、厚みがでることでエラが張ってみえてしまうのです。

夜のくいしばりや歯ぎしりがある方はより常に咀嚼筋を筋トレしている状態になるので咬筋がとても発達してしまいます。

 

食いしばりで起こる不調

・ほうれい線の深さや長さがちがう

・下の周りに歯型がついでいる

・朝起きると口周りがだるい・肩が凝っている

・エラが張っている

・寝ても疲れがとれない

・顔の左右差が気になる   などなど

 

上記の項目で皆様当てはまるものはありましたでしょうか?

1つでも当てはまるものがあれば無意識に食いしばっている可能性があります。

 

睡眠にも影響が・・・?

食いしばると、興奮したりイライラしたりする時に高まる交感神経が優位になります。

咀嚼筋は自律神経と関係が深く、ストレスがかかると交感神経が優位になり、食いしばってストレスに対応しようと体が反応してしまいます。

その為、寝ている時に食いしばりがあると寝ている間でも交感神経が優位に働いてしまい浅い眠りになります。睡眠をとっても朝起きたときに疲れがとれていない方は食いしばりが原因かもしれません。

 

美容鍼で咀嚼筋をほぐそう!

毎日会話をしたりご飯を食べたりと、咀嚼筋はすぐに凝る部分となります。

美容鍼では筋肉にダイレクトに刺激を与えることができるので、凝り固まった深層部も指では届きませんが、鍼で簡単にほぐすことができます。

当院では側頭筋に電気を流すことで、食いしばりでガチガチになった側頭筋を緩ませることもできます。

 

まとめ

大顔・ゆがみの原因をお分かり頂けましたでしょうか。

見た目の印象を変えるのに大事な咀嚼筋。また見た目だけでなく不眠の原因にもなっている可能性もあります。

美容鍼で咀嚼筋をほぐし、理想のお顔を手に入れましょう。

2020年8月25日

肌に良いビタミンとは?おすすめの摂取法も紹介します

乾燥やくすみ、吹き出物などの肌荒れに悩んでいませんか?

肌荒れに悩んでいるという方は、栄養のバランスが崩れているのかもしれません。

肌の悩みはビタミンをしっかりとって改善しましょう。

今回は、肌に良いとされているビタミンを紹介します。

 

肌に良いビタミンはABC

ひとくちにビタミンと言ってもいろいろありますが、それぞれ役割があります。肌に良いビタミンの種類とその働き多く含まれている食品を紹介します

 

○ビタミンA

ビタミンAは、肌の潤いを保つ働きと新陳代謝を促す働きがあります。

にんじん・ほうれん草・牛レバー・豚レバー・うなぎなどに多く含まれます。

 

○ビタミンB2・ビタミンB6

ビタミンB2肌のターンオーバーを助け、ビタミンB6はタンパク質の合成をサポートする栄養素です。

イワシ・サンマ・卵・納豆・アボカド・バターなどに多く含まれます。

 

○ビタミンC

ビタミンCはシミ・そばかすを防ぎ、肌のハリを保つコラーゲンの合成を助ける働きがあります。

ブロッコリー・ゴーヤ・いちご・キウイフルーツ・みかんなどに多く含まれます。

健康なを手に入れるために、日頃からバランスのとれた食事を心がけましょう。偏りなくいろいろな食品を摂取してくださいね。

 

肌におすすめのビタミンABCの摂取法

ビタミンの栄養効果を最大限に取り入れるためには、ビタミンの性質によって摂取法に注意が必要です。

○脂溶性と水溶性のビタミンの特徴

ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂取すると吸収されやすくなります。

ビタミンBとCは水溶性のビタミンで、尿と一緒に排泄されやすい性質があります。少量ずつこまめに摂取するのが効果的です。

○ビタミンC逃さない野菜の調理法

 

・大きめに切る

・ゆで時間は短く

・水にさらさない

 

ゆでるよりもレンジを使う、蒸す、油で炒める方がより多くのビタミンCをとることができます。

ビタミンCは水に溶け出す性質があるので、スープにして、スープもしっかり飲むようにすれば無駄がありません。

 

きれいな肌に必要なのは栄養バランス!

栄養バランスのとれた食事は、きれいな肌を保つための基本です。

また、肌に良いビタミンを意識的に摂取するとともに生活全般を見直してみましょう。

睡眠は十分とれていますか?ストレスは溜まっていないでしょうか?適度な運動も必要です。継続していくことで効果は徐々に現れてきます。

肌質改善で即効性を期待するならプロの手を借りてみるのも良いかもしれません。

国家資格を持った鍼灸師による美容鍼灸は、痛みが少なく安心して受けられる話題の美容法です。美容鍼を使って肌の再生能力を上げ、肌質改善を目指しています

 

■まとめ

肌に良いビタミンとして、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC紹介しました。

ビタミンには、それぞれに特徴があり、脂溶性・水溶性の性質によっても効果的な摂取方法があります。食事からとるのが一番ですが、足りない分はサプリメントを利用するのも良いでしょう

そして、美容鍼灸を併用すれば、さらに状態の良い肌に近づけます