STAFF BLOG

2020年8月24日

キレイな肌つくりのためにポリフェノール重要☆

キレイな肌つくりのためには、ポリフェノールは欠かせない!と言っても過言ではありません。

しかし、なぜ、ポリフェノールは肌に良いのでしょうか。

今回は、キレイな肌つくりのためにポリフェノールをとったほうが良い理由と、どんな食べ物にポリフェノールが含まれているのかを紹介します。

 

■キレイな肌つくりのためにポリフェノールが欠かせない理由とは?

ポリフェノールには、活性酸素を除去する抗酸化作用、そして、ニキビや肌荒れを予防する抗菌作用があります。

細胞は活性酸素によって老化しますから、この活性酸素の働きを抑える抗酸化作用のあるポリフェノールは、シワやシミ、たるみなどの肌老化を予防する効果が期待できます。

また、殺菌作用によってニキビや肌荒れを予防でき、肌が守られます。

このようなことから、ポリフェノールはきれいな肌つくりのために欠かせない!と言われているのです。

 

■肌に良いポリフェノールは食べ物や飲み物からとれます!

ポリフェノールを含む食べ物や飲み物には、ワイン、ベリー類、チョコレートやお茶、くるみなどがあります。

 

○ワイン

白ワインに含まれるレスベラトロールは、エイジングケアにおすすめ!と言われています。

また、赤ワインにはアントシアニンが含まれています。

アルコールですから、大量に飲むことは避けていただきたいですが、適量を飲む習慣できれいな肌つくりに役立ててみてください。

 

○ベリー類

ブルーベリーなどのベリー類には、ポリフェノールが含まれています。冷凍食品などで手に入れて、毎日少しずつ食べると良いでしょう。

 

○チョコレート

高カカオチョコレートにはポリフェノールがたくさん含まれています。砂糖や乳化剤などが使用されていないものを選ぶと良いでしょう。

 

○お茶

緑茶や紅茶だけでなく、ハーブティーやルイボスティーにもポリフェノールが含まれています。

カフェインが気になるは、ハーブティーやルイボスティーがおすすめです。

 

○くるみ

くるみには、ポリフェノールだけでなく、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素もバランスよく含まれています。

オヤツ代わりに食べるのがおすすめです

■ポリフェノールは健康維持&肌のために毎日とりたい!併せて美容鍼灸もおすすめ

ポリフェノールは、キレイな肌つくりのためだけでなく、健康そのものにも効果的ですから、ぜひ、毎日適量を取るようにしましょう。

また、美容鍼灸にも通い、若々しくハリのある、キレイな肌つくりを目指す方も増えています。

関心のある方は、ぜひ美容鍼灸についてもチェックしてみてくださいね。

 

■まとめ

ポリフェノールには、肌細胞を老化させる活性酸素を抑える抗酸化作用と、ニキビなどを予防する抗菌作用があります。

そのため、「キレイな肌つくりには、ポリフェノールが欠かせない!」と言われているのです。

健康維持にも役立つポリフェノールですから、ぜひ、毎日適量とるように意識してみてくださいね。

また、ハリのあるきれいな肌を目指したい方は、この機会に、美容鍼灸についてもチェックしてみてはいかがでしょうか。

肌は食事で作られる!どんな食生活が良いのか紹介します

食生活乱れが原因で、トラブルを起こしていませんか?

肌は食べ物で作られるとも言われており、健康な美肌を目指すなら食生活の見直しが欠かせません。

今回は、どんな食事が肌に良いのかについて紹介します。

 

に良い食事和食

季節感や素材そのものの持ち味を生かした和食が肌にも健康にも一番良いでしょう。

 

○一汁三菜の和食が基本

和食は高タンパク低脂肪であることが特徴です。

低カロリーで食物繊維が豊富なキノコや海藻が多く使われています。

食物繊維は便秘を改善し、細胞の新陳代謝を良くしてくれます。味噌や納豆、漬物などの発酵食品は、腸内環境を整える働きがあります。

品数が複数あれば、使用される食品の種類も増えますので、自然バランスが良くなります。

味噌汁と肉か魚の主菜、野菜の煮物、漬物かサラダが理想です。

ただし、和食は塩分が多くなりがちなので、その点だけは注意してください。

 

○腹八分目を守る

体に良い食品でも食べ過ぎは禁物です。早食いすると満足感が得られにくいので、よく噛んでゆっくり食べるようにしましょう

 

肌に良いおやつ

3度の食事で肌に良い食べ物を食べるようにしても、おやつでスナック菓子や甘いものを食べてしまったのでは、良くありません。

おやつも肌に良いものを選んで食べるようにしましょう。

 

ナッツ

ナッツはよく噛んで食べるので、満足感が得られやすいという点でもメリットです。アンチエイジング効果期待できますよ。

アーモンド、くるみ、カシューナッツ、ピスタチオなど

 

ドライフルーツ

砂糖不使用でも自然な甘みが感じられるので、おやつにピッタリです。食物繊維や抗酸化作用のあるポリフェノールを豊富に含むので、キレイ肌つくりに効果的です。

レーズン、デーツ、プルーン、イチジクなど

 

ゆで卵

小腹が空いたときにおススメです。90kcalで、タンパク質、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。

 

バナナ

1本約80kcal、食物繊維とカリウムが豊富です。朝食に食べると、一日の活力になりますよね。

 

 

肌に良くない食事とは?

肌に悪い食事とは、どのようなものなのでしょうか?

 

○栄養バランスが悪い

ダイエット中だからと言って、偏った食材ばかりを食べる、朝食を抜くなどは、肌に悪い食事のとり方です。

 

○夜遅い食事

寝る3時間前までには夕食を済ませるようにしましょう。夜遅い食事は肥満の原因になり、胃腸にも負担がかかります。

 

○肌に良くない食べ物ばかりを食べる

脂肪の多い食品・刺激の強い食品・加工食品・スナック菓子など肌トラブルの原因になります。なるべく控えるようにしましょう。

 

■まとめ

良い食事とは、どのようなものなのかについて紹介しました。

肌に良い食事としては、和食の献立をおススメします。和食の基本である一汁三菜は、多彩な食材をバランスよく取れる最適な食事と言えます。

 

食べ過ぎに注意して、1日3を規則正しく取ることで肌にも良い効果が期待できるでしょう。

また、肌に良い食事と併せて、美容鍼灸を取り入れるのもおススメです。

ソアン治療院は、その人にあった安全で安心な美容鍼灸を提供しています。肌の悩みをお持ちでしたら、ぜひ、治療院にお越しくださいね。