STAFF BLOG

2020年6月14日

小顔を作りたるみやゆがみを解消するには表情筋を動かそう!

小顔を作りたるみやゆがみを解消するには表情筋を動かそう!

現代のビジネスシーンで、パソコンと向き合って一日が終わるといった方が非常に増えています。これが何を意味するかと言うと、顔の表情を動かさず無表情でいる時間が長くなるということです。これでは、たるみやゆがみと言った肌トラブルにもつながりますので、小顔を作るためにも表情筋に意識を向けることが大切なのです。

 

表情筋は動かさないとダメ!

入院して何週間もベッドで寝たきりの生活をしていると、身体の筋力が低下し思い通りに動けなくなるといった話を聞いたことはありませんか。退院するまでに、筋力を元に戻すためにリハビリなどのトレーニングをして筋力アップを図り、日常を取り戻せるようにしなければならないのですが、お顔の筋肉にも同様の事が起こるんです。

現代の社会においてパソコンを利用した業務が凄く増えたと感じています。

このパソコンでの業務は、無表情で画面とにらめっこを続け、朝から夜までずっと同じ緊張感の中で働くため、顔も強張り眉間にシワが自然と寄って厳しい表情となっていませんか

これでは、キレイな顔がどんどんキツイ顔になってしまいますよ。

表情筋を働かせずにいると、どのような問題が起こるかと言うと、頬がたるむや目元の筋力が落ちて瞼がたるむ。頬杖を慢性的に付いてしまうや歯を食いしばってしまう動作が多い方は、顔のゆがみにまでつながってしまいます。

このような、状況では小顔を作り出すのも困難ですので、表情筋のこわばりを解消していくことが大切になります。

 

小顔を作るには表情筋の刺激が重要!

笑顔を作る際に、頬や口角を上げる動作をしてみると筋肉が動いていることが分かりますよね。この筋肉が落ちれば、口角が上がらなくなり綺麗な笑顔が作れません。また、肌にハリや潤いが無くなれば、当然ですが疲れた印象や年老いた印象のお顔になってしまいます。

女性にとってこの表情筋の活力がなくなることがとても重大な問題なのです。

笑顔が綺麗な女性への印象というのは、異性や同性へ与える影響は大きく、笑わない女性よりもよく笑ってくれる女性の方が好印象となる傾向も強いため、表情筋を上手に働かせられるようにしなければなりません。

表情筋の衰えを解消するには、表情筋を動かすトレーニングを行うことや、美容鍼灸の施術で肌に刺激を与え、潤いやハリを取り戻す栄養素でもあるコラーゲンやエラスチンといった成分分泌を促し、肌にハリや潤いを取り戻すといった方法が効果的です。

 

まとめ

一日、パソコンに向き合う仕事が増えたことにより、女性の肌トラブルの原因が肌荒れなどの問題だけでなく、ゆがみやたるみといった加齢によって引き起こされる傾向が強かった問題が、若い女性の悩みにもなっています。生活習慣を見直しながら、表情筋を動かしつつ、美容鍼灸での施術で綺麗なお顔・笑える素敵なお顔を作り上げていきましょう。