STAFF BLOG

2017年2月20日

健美

 「皮膚は内臓の鏡」「皮膚は第三の脳」とも呼ばれるように、皮膚は体内の健康を顕著に表すほか、精神的な健康状態による自律神経機能の変化に、非常に敏感です。

 鍼灸治療を行うことにより心身から健康な状態を実現し、その結果心身の健康状態を表す皮膚を健全な状態にする鍼灸治療は、短期間の治療では美容効果は現れにくいですがその反面、効果は持続していきます。

エステでは肌組織に働きかけることで肌をきれいにしますので、即効性があります。施術が終わってすぐに肌がつやつやになったり、ハリが出たりします。でも即効性がある分、継続して肌の状態がよくなることはありません。

美容鍼をつかって顔をきれいにするとしわが奥から改善するので、もう一度同じところにしわができにくくなります。目の上のむくみも取り除けるので、目が大きくなり、目の疲れや見えづらさが改善します。

美容鍼なら肌の下にある筋肉まで働きかけるので皮膚組織だけではなく、内側の筋肉まで作用します。その結果、長期的に肌が良い状態になるのです。毛穴が目立たないひきしまった肌になり、輪郭もリフトアップして若返った印象になります。

 最近では多くの国で美容鍼治療が行われており、特にアメリカでは薬や外科的な治療以外での健康意識の高まりがあり、代替治療として美容目的での鍼治療の人気は非常に高まってきています。
 
 東洋医学では、身体の健康をなくして美容は実現できないという考え「健美(けんび)」という考え方があり、身体の皮膚面だけの美しさを追求する西洋医学的な考え方とは大きく異なっています。

エステは西洋的な美容、美容鍼は東洋的な美容ということになります。美容鍼が人気な理由は顔全体を健康にして、内側からキレイになれるからです。美容鍼は韓国や中国に旅行へ行った際にする人が多いですが、国内でも出来るところが多くあります。

ベテランの施術師がいて、お客様の要望にていねいにこたえてくれるところを選びましょう。エステでは満足できない人も美容鍼なら納得の結果になることがあります。表情菌がほぐれると、表情がおだやかになるので好印象になります。

美容鍼を定期的に行うと、しわやたるみが改善し、すっきりとした顔になります。