STAFF BLOG

2017年8月09日

東洋医学

皆さん東洋医学という言葉聞いたことありませんか?

東洋医学とは7世紀ごろに中国から日本に来たといわれていて、長い歴史があります。もともとは中国式が主流でしたが、鎖国がはじまって日本独自の医学へ発展しました。日本人の体質にあった内容に変わっていったんです。

第二次世界大戦後は、西洋医学が発展したから、東洋医学はそのサポート役になりました。でも現在でも病院で漢方薬が処方されたり、ドラッグストアなどで漢方薬を気軽に買えます。生活に根付いている医療で、迷信ではありません。

東洋医学では身体の不調を気や水、血の流れの滞りから起きていると考えます。
これら3つの流れを改善させることで、身体本来の機能を高め健康を維持します。

西洋医学のように直接病気の原因を排除するのではなく、人が本来もっている自然治癒力を賦活して状態を改善していき、普段から自然治癒力を高めることで「未病」を治して健康を維持増進する予防医学でもあります。

症状が出る前の「少し調子が悪いな」という段階で治せるので、生活に上手に東洋医学を取り入れられれば病気や風邪を防げます。また原因不明の体調不良などは西洋医学では治せませんが、東洋医学では治せます。

本人の体質を知り、どんな症状があるのかということから合っている薬を割り出すからです。

西洋医学では脳は脳、腸は腸と別で考え、それぞれに薬を処方します。しかし東洋医学では第二の脳である腸と、頭部の脳は繋がっているので両方に作用する薬を出します。症状を全身で考えるから、西洋医学では治らない病気も治りやすいです。

東洋医学は漢方と鍼灸が有名ですね。WHOでも体中の361か所にツボがあることが証明されていて、鍼灸での効果が認められています。

ぜひ鍼治療で身体の内部環境を整え、自然治癒力を高めていきましょう!