STAFF BLOG

2020年9月08日

顔色が悪いなんて言わせない!美容鍼で明るく透明感のあるお肌へ

人のパッと見の印象はとても大事ですよね。すれ違ったその一瞬、肌ツヤが良いとふと見とれてしまいます。

逆に元気でも顔色が悪くみられてしまったりすると損ですよね。そのお悩みの原因は「お肌のくすみ」かもしれません。

 

くすみの原因

お肌のくすみとは、お肌が本来もっている透明感やうるおい、キメ細かさなどが失われ顔全体がだんだんと暗くみえてしまうお肌の状態をいいます。

お肌がくすんでいるということは、何らかの原因・トラブルがお肌の内側でおこっています。まずお肌がくすむ原因を3項目に分けてご紹介していきます。

 

①血行不良

ストレスや睡眠不足・疲れ・運動不足など生活習慣の乱れにより血液の流れが滞り、お肌の組織や細胞に十分な栄養が届かず肌ツヤが悪くなります。

そうなればリンパの流れも悪くなり老廃物をためやすい状態となり、お肌のターンオーバーをも乱します。

また、目の下など皮膚の薄い部分では血液の流れが滞ると、停滞して溜まった血液が透けてみえてしまう為、肌の色が青黒っぽくみえてしまいます。

 

②乾燥

お肌が乾燥しているとお肌のキメも荒くなり毛穴も目立ちやすくなります。

肌の乾燥により外部刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまうと、肌は角質を厚くして弱ったバリア機能を補おうとします。角質は元々黒っぽい色をしているので、お肌が乾燥することによりどんどん角質が厚くなり肌がくすんでみえてしまいます。

また、お肌の水分量も低下している状態なので肌ツヤも悪くなり透明感も奪われてしまいます。

 

③糖化

糖化とは簡単にいえば「焦げる」ということです。体内のたんぱく質が糖化と結びついてAGEs(最終糖化生成物)という物質が増えることでお肌が硬くなったり褐色化してしまう状態です。

AGEsそのものが黄褐色を帯びているため、黄ぐすみや茶ぐすみの原因となったり、コラーゲンやエラスチンなども硬化させてしまうのでくすみはもちろんお肌の老化にもつながります。

 

くすみしらずのお肌へ

くすみの原因をみて頂いてお分かりかと思いますが、くすみのあるお肌はターンオーバーが正常化ではありません。乾燥や紫外線・血行不良などもターンオーバーが乱れる原因の一つです。

そしてお肌のターンオーバーを整えるには美容鍼がオススメです。鍼をすると血行改善されるので1回の施術でもくすみはとれていきます。しかし普段の生活習慣の乱れや、くすみの敵はとても多いです。2~3週間に1回の周期的な美容鍼のメンテナンスで肌ツヤよく、明るい印象のお肌へと導きます。

 

まとめ

肌のくすみの原因はさまざまですが、紫外線対策や規則正しい生活習慣といった少しの心がけで改善していけます。

美容鍼にて乱れたターンオーバーを整え根本治療のお手伝いをさせて頂きます。

一緒に透明感あふれる明るいお肌を手に入れましょう!!

2020年8月25日

肌に良いビタミンとは?おすすめの摂取法も紹介します

乾燥やくすみ、吹き出物などの肌荒れに悩んでいませんか?

肌荒れに悩んでいるという方は、栄養のバランスが崩れているのかもしれません。

肌の悩みはビタミンをしっかりとって改善しましょう。

今回は、肌に良いとされているビタミンを紹介します。

 

肌に良いビタミンはABC

ひとくちにビタミンと言ってもいろいろありますが、それぞれ役割があります。肌に良いビタミンの種類とその働き多く含まれている食品を紹介します

 

○ビタミンA

ビタミンAは、肌の潤いを保つ働きと新陳代謝を促す働きがあります。

にんじん・ほうれん草・牛レバー・豚レバー・うなぎなどに多く含まれます。

 

○ビタミンB2・ビタミンB6

ビタミンB2肌のターンオーバーを助け、ビタミンB6はタンパク質の合成をサポートする栄養素です。

イワシ・サンマ・卵・納豆・アボカド・バターなどに多く含まれます。

 

○ビタミンC

ビタミンCはシミ・そばかすを防ぎ、肌のハリを保つコラーゲンの合成を助ける働きがあります。

ブロッコリー・ゴーヤ・いちご・キウイフルーツ・みかんなどに多く含まれます。

健康なを手に入れるために、日頃からバランスのとれた食事を心がけましょう。偏りなくいろいろな食品を摂取してくださいね。

 

肌におすすめのビタミンABCの摂取法

ビタミンの栄養効果を最大限に取り入れるためには、ビタミンの性質によって摂取法に注意が必要です。

○脂溶性と水溶性のビタミンの特徴

ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂取すると吸収されやすくなります。

ビタミンBとCは水溶性のビタミンで、尿と一緒に排泄されやすい性質があります。少量ずつこまめに摂取するのが効果的です。

○ビタミンC逃さない野菜の調理法

 

・大きめに切る

・ゆで時間は短く

・水にさらさない

 

ゆでるよりもレンジを使う、蒸す、油で炒める方がより多くのビタミンCをとることができます。

ビタミンCは水に溶け出す性質があるので、スープにして、スープもしっかり飲むようにすれば無駄がありません。

 

きれいな肌に必要なのは栄養バランス!

栄養バランスのとれた食事は、きれいな肌を保つための基本です。

また、肌に良いビタミンを意識的に摂取するとともに生活全般を見直してみましょう。

睡眠は十分とれていますか?ストレスは溜まっていないでしょうか?適度な運動も必要です。継続していくことで効果は徐々に現れてきます。

肌質改善で即効性を期待するならプロの手を借りてみるのも良いかもしれません。

国家資格を持った鍼灸師による美容鍼灸は、痛みが少なく安心して受けられる話題の美容法です。美容鍼を使って肌の再生能力を上げ、肌質改善を目指しています

 

■まとめ

肌に良いビタミンとして、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC紹介しました。

ビタミンには、それぞれに特徴があり、脂溶性・水溶性の性質によっても効果的な摂取方法があります。食事からとるのが一番ですが、足りない分はサプリメントを利用するのも良いでしょう

そして、美容鍼灸を併用すれば、さらに状態の良い肌に近づけます

2020年8月24日

ワセリンを塗ると肌がきれいになるの?だれが使っても大丈夫?

ワセリンを塗ると肌がきれいになる…と聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか。

しかし、本当にワセリン肌がきれいになるのか、また、副作用などはないのか、だれでも使えるのかいうことが気になる方もいるでしょう。

今回は、ワセリンを塗ると肌がきれいになるのは本当なのか、また、だれが使っても大丈夫なのかについて紹介します。

 

■ワセリンを塗ると肌がきれいになるってホント?

結論から言うと、ワセリンを塗ると肌がきれいになるというのは本当です。

肌トラブルの根本的な原因は、肌の乾燥と言われています。そのため、高い保湿力のあるワセリンを肌に塗って乾燥を防ぐことは、シワやくすみ、ざらつきなどの肌悩みの改善に効果的と言えます。

 

■ワセリンって副作用はないの?どんな肌でも使える?

ワセリンを使用したことがない方は、「ワセリンには副作用はないのかな?私の肌に使っても大丈夫かな?」というようなことが気になると思います。

しかし、基本的にワセリンは赤ちゃんから大人まで使用することができ、副作用は出にくいと言われています。

ですから、安心して試してみると良いでしょう。

ただし、どのようなものでもそうですが、肌に合わない方もいるかもしれません。

また、ひとくちにワセリンといっても種類があり、純度の低い黄色ワセリンを選んでしまうと、肌にかぶれを生じる方もいます。

 

○ワセリンを選ぶなら純度の高いものを!

ワセリンには、黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトという種類があります。

黄色ワセリンは純度が低く不純物も多く含まれているので、肌が弱い方にはお勧めできません。

白色ワセリン、もしくはプロペトやサンホワイトを選びましょう。

 

○パッチテストをしてから使用

ワセリンは、副作用はなさそうだから…と、いきなり顔全体に塗ってしまうのは良くありません。

必ず腕や太ももの内側などでパッチテストをしてから、に使用するようにしましょう。

 

■ハリのある肌を目指したい人は美容鍼灸もおすすめ

美容鍼灸は、ハリのある肌を目指したい方たちの間で人気の美容法です。

美容鍼によって、肌にハリや潤いを与えることができ、たるみなどを改善する効果が期待できます。

ワセリンを塗る美容法も効果に期待が持てますが、それ以上の効果が欲しい、即効性を期待したいという方は、美容鍼灸も検討してみてはいかがでしょうか。

 

■まとめ

ワセリンを塗ると肌が保湿されるため、乾燥による肌トラブルを抑えることができ、キレイな肌を目指せます。

また、副作用も出にくく、質の良いワセリンを選べば、赤ちゃんから大人まで、肌が弱い人でも使用できます。

そして、ハリのあるきれいな肌を目指たい方には美容鍼灸という方法もあります。あなたの美容法の選択肢の1つとしてみてはいかがでしょうか。

2020年8月24日

キレイな肌つくりのためにポリフェノールをしっかりとろう!

キレイな肌つくりのためには、ポリフェノールは欠かせない!と言っても過言ではありません。

しかし、なぜ、ポリフェノールは肌に良いのでしょうか。

今回は、キレイな肌つくりのためにポリフェノールをとったほうが良い理由と、どんな食べ物にポリフェノールが含まれているのかを紹介します。

 

■キレイな肌つくりのためにポリフェノールが欠かせない理由とは?

ポリフェノールには、活性酸素を除去する抗酸化作用、そして、ニキビや肌荒れを予防する抗菌作用があります。

細胞は活性酸素によって老化しますから、この活性酸素の働きを抑える抗酸化作用のあるポリフェノールは、シワやシミ、たるみなどの肌老化を予防する効果が期待できます。

また、殺菌作用によってニキビや肌荒れを予防でき、肌が守られます。

このようなことから、ポリフェノールはきれいな肌つくりのために欠かせない!と言われているのです。

 

■肌に良いポリフェノールは食べ物や飲み物からとれます!

ポリフェノールを含む食べ物や飲み物には、ワイン、ベリー類、チョコレートやお茶、くるみなどがあります。

 

○ワイン

白ワインに含まれるレスベラトロールは、エイジングケアにおすすめ!と言われています。

また、赤ワインにはアントシアニンが含まれています。

アルコールですから、大量に飲むことは避けていただきたいですが、適量を飲む習慣できれいな肌つくりに役立ててみてください。

 

○ベリー類

ブルーベリーなどのベリー類には、ポリフェノールが含まれています。冷凍食品などで手に入れて、毎日少しずつ食べると良いでしょう。

 

○チョコレート

高カカオチョコレートにはポリフェノールがたくさん含まれています。砂糖や乳化剤などが使用されていないものを選ぶと良いでしょう。

 

○お茶

緑茶や紅茶だけでなく、ハーブティーやルイボスティーにもポリフェノールが含まれています。

カフェインが気になるは、ハーブティーやルイボスティーがおすすめです。

 

○くるみ

くるみには、ポリフェノールだけでなく、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素もバランスよく含まれています。

オヤツ代わりに食べるのがおすすめです

 

■ポリフェノールは健康維持&肌のために毎日とりたい!併せて美容鍼灸もおすすめ

ポリフェノールは、キレイな肌つくりのためだけでなく、健康そのものにも効果的ですから、ぜひ、毎日適量を取るようにしましょう。

また、美容鍼灸にも通い、若々しくハリのある、キレイな肌つくりを目指す方も増えています。

関心のある方は、ぜひ美容鍼灸についてもチェックしてみてくださいね。

 

■まとめ

ポリフェノールには、肌細胞を老化させる活性酸素を抑える抗酸化作用と、ニキビなどを予防する抗菌作用があります。

そのため、「キレイな肌つくりには、ポリフェノールが欠かせない!」と言われているのです。

健康維持にも役立つポリフェノールですから、ぜひ、毎日適量とるように意識してみてくださいね。

また、ハリのあるきれいな肌を目指したい方は、この機会に、美容鍼灸についてもチェックしてみてはいかがでしょうか。

2020年8月24日

肌にレモンを乗せる美容法っていいの?

肌に良い効果が期待できるフルーツと言えば、レモンを思い浮かべる方多いと思います。

肌に良い成分はビタミンCそして、ビタミンCと言えばレモンというイメージですよね。

また、モデルさんが肌に輪切りのレモンを乗せている写真を見たことがある方も多いでしょう。

 

しかし、レモンは肌に乗せてはいけません。

今回は、肌にレモンを直接乗せてはいけない理由と、肌のためにレモンを用いる方法を紹介します。

 

肌にレモンをそのまま乗せないで!

レモンはフルーツの中でもビタミンCが豊富に含まれていることで知られています。

ビタミンCには抗酸化作用があり、老化物質の除去やシミ予防が期待できます。

しかし、レモンをそのまま肌に乗せるのは危険です。

 

〇レモンを肌に乗せてはいけない理由とは

レモンなどの柑橘類にはソラレンという光毒性物質が含まれており、ソラレンはシミやそばかすの原因になると考えられています。

食べた場合では7時間くらい毒性が継続するため、紫外線が降りそそぐ日中は、食べることは避けたほうが無難です。

また、ソラレンを肌に塗ると、なんと2日間も毒性が続いてしまいますし、レモンの強い酸の刺激で肌のバリア機能が低下する恐れがあります。

ですから、レモンなどの柑橘類は肌にそのまま乗せないようにしましょう。

 

レモンを肌に使うならこんな使い方がある!

レモンを肌の上に直接乗せるのは良くありません。

しかし、レモンの持つビタミンCやクエン酸の効果を利用しないのはもったいないですよね。

レモンを肌に使うなら、以下のような使い方がおススメです。

 

○ひじの黒ずみ防止

気になるひじの黒ずみには、レモン汁を含ませたコットンでお手入れしてみましょう。お手入れの後は、洗い流して保湿も忘れないようにしてくださいね。

 

○歯の黄ばみ防止

レモン汁とベーキングパウダーを合わせて綿棒に付け、歯の黄ばみの気になる部分をこすります。後は普通に歯磨きをしてください。

 

爪のお手入れ

レモン汁とオリーブオイルを混ぜて、爪や指先をマッサージします。マッサージの後は洗い流してハンドクリームを塗りましょう

ただし、酸は刺激が強いので、肌の弱い方は注意が必要です。また、顔にはあまり使用しないほうがよいでしょう。

 

きれいな肌になりたい!美容鍼灸がおススメ

レモンのビタミンCをキレイな肌つくりに役立てるのも良いですが、美容鍼灸という方法もおすすめですよ。

ソアン治療院のスタッフは、国家資格を持った鍼灸師です。

お客様の悩みに寄り添い、負担の少ない安全な施術を提供しています。

美容鍼の刺激は、自律神経を整え成長ホルモンの分泌を促します。また、肌のターンオーバーを整えるので、美肌につながります

 

■まとめ

輪切りのレモンを肌に乗せるレモンパックが流行したことがありますが、レモンなどの柑橘類には、シミやそばかすの原因となるソラレンが含まれていますし、レモンの酸は肌への刺激が強いので、肌に直接乗せるレモンパックはおススメできません。

レモンをそのまま肌に乗せることはやめましょう。

肌の悩みの解決には、美容鍼灸という選択肢もあります。美容鍼灸に興味をお持ちの方は、この機会にぜひ、体験してみてくださいね。