STAFF BLOG

2020年8月18日

ほったらかしにしないで!お顔やお身体への悪循環の原因は実は頭皮に!?

美容院に行ったりすると「頭皮かたいですね~」と言われたりしませんか?

普段シャンプー・トリートメントをしていてもご自身ではなかなか頭皮のかたさなんて分かりませんよね。

しかし、頭皮がかたくなることでお顔のたるみや抜け毛などたくさんの悪影響を及ぼします。

 

頭皮がかたくなると・・・・?

睡眠不足や眼精疲労はもちろん、首・肩こりからの血行不良でも頭皮のコリは起こります。

1番の原因は血行不良ですが、皆様の日常生活から原因となることが多いです。

そして、頭皮が凝り固まるとお顔のたるみ・不眠・抜け毛など引き起こしやすくなります。また頭痛も引き起こしやすくなるのでお身体的にもつらくなってしまいます。

 

お顔に及ぼす影響

お顔と頭皮は1枚の筋膜でつながっています。

お顔がたるんできたからといってお顔ばかりマッサージしても、根本的な頭皮のコリがあるとお顔も引きあがりません。

また頭皮のコリがあるとたるみにつながりやすいだけではなく、おでこのシワが寄りやすくなったり、頭の筋肉がどんどん眉毛のほうへ圧迫することで眼精疲労が強くなったりと悪循環となります。

コリがあることで筋肉は肥大していくので、くいしばりがある方はえらの筋肉だけでなく、頭の横の筋肉(側頭筋)も凝ってくるので頭のハチも張りバランスが悪くなります。

 

美容鍼で頭皮を柔らかくしよう

ご自身での頭皮マッサージ、手が疲れるし上手くできているか分からないですよね。

当院では他の院と少し違い、お顔ではなく頭皮に電気を流していきます。

たるみの根本的な頭皮からぐっと引き上げることで、より一層お顔もリフトアップしていきます。

また、リフトアップ効果だけではなく自律神経を整える働きもあるので、不眠・頭痛にも効果があります。頭皮をしっかり鍼でアプローチすることにより、血行改善もされるので頭も目もスッキリしくすみもとれていきます。

 

まとめ

頭皮のかたさ、ほかっておくとさまざまな症状の原因になることがお分かり頂けましたでしょうか。

なかなか普段気にしていない部分こそ、根本的な原因であることも少なくありません。

・よく美容院で頭皮がかたいと言われる

・眼精疲労がある

・パソコン・携帯を見ている時間が長い

・肩・首が凝りやすい

・抜け毛が多い

・頭痛の頻度が多い

・不眠

上記項目1つでも当てはまる方は、自覚がなくても頭皮がこっているかもしれません。

ぜひ当院の美容鍼で頭皮を柔らかくして、お悩みを1つでも解消していきましょう。

2019年11月13日

肩こり⚡️

こんにちは( ^ω^ )

肩こり・首こりは当院のお客様の中でもお悩みの方は多いです😱

だんだんと寒くなるこれからの時期、より一層首回りはかたまりますよね😭

悪化していくと頭痛を引き起こしたり、気分が悪くなったりといった症状もでてきます。

また、お顔への血液も遮断されてしまい、くすみの原因になったりします。

そこで今日はご自身でも簡単に押せる肩こりに効くツボをご紹介していきます🌟

【肩井】

 

乳頭のライン上でそのまま肩の上縁までズラしていき、その周辺で圧痛点を感じる所になります。

まっすぐ垂直にゆっくり押していきましょう。

疲れたな〜と感じるときなど「肩井」を指圧してあげるとスッキリしますよ💟

ソアン上前津治療院 伊藤 楓菜

2017年6月21日

梅雨・初夏の「むくみ」

今日は梅雨の時期の「むくみ」についてお話しますね☆

◎東洋医学からみる梅雨

東洋医学では湿気による体の不調を「湿邪」によるものだと考えられています。

日本は元々湿気が多いため、「湿邪」の影響で体調を崩す人が多いのです。

「湿邪」は消化吸収や水分代謝、血液の流れ、肌・筋肉などに影響を及ぼします。

 

からだのだるさ 頭痛 肩こり 胃もたれ にきび むくみ も「湿邪」による症状です。

 

 

◎なぜ梅雨はむくみやすいのか

そもそもむくみの原因は余分な水分や老廃物が体内に溜まること。

梅雨は湿度が高くなることによって皮膚表面から汗が蒸発しにくくなり、水分排出がうまくできずに体内に留まりやすくなります。

また寒暖差が激しく、気圧の変化も大きいために自律神経が乱れ、血液の流れや水分代謝が悪くなりがち。

その結果、通常よりも「むくみ」を感じやすいのです。

 

◎美容鍼だけでなく、ツボ押しやリンパマッサージでセルフケア

 

 

お肌の摩擦で肌に負担をかけないように、

クリームやオイルを使います。

お顔だけでなく、首や鎖骨も忘れずにマッサージしましょう。

朝・夜のスキンケアの後に1~2分でできますよ!

 

 

 

◎冷たい食べ物・飲み物に注意

気温が高くなると、ついつい冷たいものが飲みたくなりますが、

お顔や体のためには常温の飲み物がおすすめです☆

また身体を冷やすと言われている、

アイスクリームやきゅうり・トマトなどの野菜も気を付けましょう。

バランスの良い食生活を意識することもお肌や身体にとっては重要です。

また、運動や入浴などでしっかり汗をかきましょう。

意識的にトイレの回数を増やすことも大事です!

 

ほかにも室内の湿度調整やクーラーによる下半身の冷えなどを気を付けることにより、

体内の老廃物を排出すれば、むくみも取れて、お肌の調子も上がります!

この時期特有の不調とうまく付き合って、元気に美しく梅雨を乗り切りましょう!!

 

ソアン上前津治療院 美容鍼灸師 木村みさき

2016年10月07日

言葉は知ってるけど意味はイマイチわからない筋膜のお話2

今回も筋膜シリーズです。

最初に紹介した「浅層フimg_1977-225x300ロントライン」と対の位置関係にあり、姿勢の維持に対して非常に重要な役割を担っています。

このラインはおでこから頭のてっぺんを通り、背中を下ります。腰、臀部を通り、太もも、ふくらはぎ、そして踵をまわってつま先へとつながっていきます。

膝をピンと伸ばした状態のときには、おでこから背中を通ってつま先まで一本のラインとして働きます。

人間が2本の足でまっすぐ立つことができるのは、この「浅層バックライン」が機能しているからです。

またこのラインは「抗重力筋」が密集しているため、フロントラインとは異なり「遅筋線維」の筋群が集まっています。

多くの方が感じる首こりや腰痛は、たいていこのライン上の筋肉に起こっています。

アナトミートレインというのは「筋膜のつながり」のことをいいます。

電車で例えると筋肉が「駅」で、筋膜が「沿線」です。

1つの駅で事故が起きれば、その沿線上の次の駅にも影響が及ぶように、1つの筋肉が硬くこわばるとそのライン上の筋肉も硬くなりがちです。

この浅層バックラインを見てもらうとわかるように、首や腰の筋肉は、ふくらはぎや足裏の張りの影響を十分に受ける位置に存在しています。

したがって、慢性的な首こりや腰の張りを感じている方は、普段自覚のない「ふくらはぎ〜アキレス腱周り」や「足裏」をしっかりとほぐしてあげるとラクになる可能性があります。

ぜひ試してみてくださいね。

ソアン上前津治療院 猪原 大輝

2016年4月03日

肩や首の痛みが楽になりました

肩や首の痛みが楽になりましたQ. なぜ当院を選ばれたのですか?

綺麗そうだったから。駅から近いから。

Q. 実際に治療を受けてみて、どんな変化がありましたか?

肩や首の痛みが楽になった。

Q. 当院のどんなところが一番気に入りましたか?

静かで良い。綺麗。

(匿名様、20代、名古屋市中区上前津)