STAFF BLOG

2020年7月07日

美容鍼とノンコメドジェニック用品を上手く併用し、ニキビのない肌を目指そう!

思春期ニキビや大人ニキビ、いくつになってもニキビの悩みはつきません。

また、女性の方は月経前後、男性の方はカミソリまけなどによりニキビができることはありませんか?

大事なイベントの日にできてしまったりすると気分も落ち込みますよね・・・

 

ニキビについて

ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という名の皮膚疾患です。ですので保険も適用されます。

しかし、あくまで尋常性痤瘡を治すことが目的なので、ニキビが治った後にニキビ跡にならないように予防するようなケアは基本的に治療の範囲外となってしまいます。

思春期ニキビと言われる10代は皮脂分泌の過剰によりニキビにつながるケースが多いです。

しかし20~30代の大人ニキビでは皮膚の代謝異常が原因になることが多いです。長時間のメイクや不規則な生活習慣、ストレスやホルモンバランスの乱れなど原因は人それぞれですが、社会人ならではのライフスタイルがニキビを慢性化させてしまうこともあります。

 

ノンコメドジェニックとは

「コメド」とは日本語で「面ぽう」と呼ばれ、毛穴に皮脂などがつまって小さく膨らんだ状態(ニキビができる一歩手前)を指します。ノンコメドジェニックとはニキビになりにくいといった意味になります。

ノンコメドジェニック処方の化粧品にはニキビの栄養源となる成分が含まれていないことから、ニキビになりにくいとされています。あくまでニキビができにくい状態を作るわけですが、ニキビの原因となる毛穴のつまりを改善できるのは良いですよね。

 

美容鍼でのニキビケア

ニキビをできにくくするにはお肌のターンオーバーを早めることが重要です。まずニキビができているお肌はターンオーバーが正常ではありません。

そこで美容鍼で期待できるのは「自己治癒力」です。

お顔に鍼をうつことで、細胞に微細な傷をつけその傷の修復過程の際にコラーゲン・エラスチンの生成が促進され、ターンオーバーも正常化されます。

また、鍼には自律神経を整える働きもあるので、肌のゴールデンタイムと言われる22時~深夜2時の間、深い睡眠に導くことができます。

 

まとめ

ニキビの原因は人それぞれですが、お肌のターンオーバーを正常化することでニキビを予防することができます。

また、ご自宅でのケア用品にノンコメドジェニックテスト済のスキンケア・コスメを取り入れることで、美容鍼との併用にてスムーズにニキビ治療を行うことができます。

お休みの日はなるべくお化粧をせず肌を休ませてあげること、美容鍼の定期的なメンテナンスでターンオーバーを促進すること、規則正しい生活習慣を送ること。などなど、ニキビの原因1つ1つ排除し、ニキビのないお肌を手に入れましょう!