STAFF BLOG

2016年5月07日

内臓が筋機能を悪くする

身体の調子が悪いとき、肩がこっていたり、関節がまわらなかったりする以外にも、内蔵の不調が原因になっていることがあります。お腹の症状でもよくある、二日酔い後やストレス後の胃のムカムカ感、ランニング時の脇腹の痛みなど

111

明らかな内臓周囲の問題は胃腸セラピーで改善していけます!

ふつう内蔵の不調は薬で治しますが、薬だけでよくならないときは胃腸セラピーがいいのです。胃腸セラピーは消化不良を起こしていたり、緊張している胃腸をほぐします。薬だけではよくならないところまで効果が期待できます。

一方で、あきらかでないものもあります。内蔵周辺ではない筋肉の調子が悪くなることもあります。食後に肩の痛みを感じる方、予防接種後に腕が動かなる方なども、筋肉のコリではなく、内臓由来の筋機能障害である場合は少なくありません。

内蔵の調子がよくないと、筋肉の動作に制限がかかってしまいます。筋肉の動作に制限がかかることで、筋肉がコリやすくなります。内蔵から来る健康被害は、内蔵のよくない状態を治さないと緩和しないです。

内臓由来の腰痛というのも聞く話で、尿路結石が有名ですね。尿路結石は吐き気がするくらい腰痛や背中の痛みに悩まされます。腰や背中をマッサージしたり、ストレッチしたりしても、痛みがいっこうに引かないなら、内蔵をケアしましょう。

骨盤の中の臓器は腰痛を引き起こし、それより上の器官は肩に影響を出しやすいです。もし慢性的な腰痛や肩コリに悩んでいるなら、からだの内臓のうちのどれかが原因かもしれません。

ソアンが取り入れているAK(応用運動学)は数ある治療法の中でも
内臓由来の疾患の検査は他に比べ優れています。筋肉の治療をしても症状が改善しない場合や、マッサージの効果がない場合は受けてみましょう。

最近食べ過ぎている人、ストレスで胃腸が弱っている人は、よく食後に内蔵がいたくなります。体質とあきらめずに、治療してみてください。特に腰痛はずっと続くと仕事や界に支障がでてしまい、QoL(生活の質のレベル)が下がってしまいます。 

内臓自体が気になっている方や、食後やストレス時などに体の症状が強くなる方は内臓由来の可能性があります。
少しでも当てはまるなと思った方はお気軽にご相談ください!