STAFF BLOG

2020年9月08日

顔色が悪いなんて言わせない!美容鍼で明るく透明感のあるお肌へ

人のパッと見の印象はとても大事ですよね。すれ違ったその一瞬、肌ツヤが良いとふと見とれてしまいます。

逆に元気でも顔色が悪くみられてしまったりすると損ですよね。そのお悩みの原因は「お肌のくすみ」かもしれません。

 

くすみの原因

お肌のくすみとは、お肌が本来もっている透明感やうるおい、キメ細かさなどが失われ顔全体がだんだんと暗くみえてしまうお肌の状態をいいます。

お肌がくすんでいるということは、何らかの原因・トラブルがお肌の内側でおこっています。まずお肌がくすむ原因を3項目に分けてご紹介していきます。

 

①血行不良

ストレスや睡眠不足・疲れ・運動不足など生活習慣の乱れにより血液の流れが滞り、お肌の組織や細胞に十分な栄養が届かず肌ツヤが悪くなります。

そうなればリンパの流れも悪くなり老廃物をためやすい状態となり、お肌のターンオーバーをも乱します。

また、目の下など皮膚の薄い部分では血液の流れが滞ると、停滞して溜まった血液が透けてみえてしまう為、肌の色が青黒っぽくみえてしまいます。

 

②乾燥

お肌が乾燥しているとお肌のキメも荒くなり毛穴も目立ちやすくなります。

肌の乾燥により外部刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまうと、肌は角質を厚くして弱ったバリア機能を補おうとします。角質は元々黒っぽい色をしているので、お肌が乾燥することによりどんどん角質が厚くなり肌がくすんでみえてしまいます。

また、お肌の水分量も低下している状態なので肌ツヤも悪くなり透明感も奪われてしまいます。

 

③糖化

糖化とは簡単にいえば「焦げる」ということです。体内のたんぱく質が糖化と結びついてAGEs(最終糖化生成物)という物質が増えることでお肌が硬くなったり褐色化してしまう状態です。

AGEsそのものが黄褐色を帯びているため、黄ぐすみや茶ぐすみの原因となったり、コラーゲンやエラスチンなども硬化させてしまうのでくすみはもちろんお肌の老化にもつながります。

 

くすみしらずのお肌へ

くすみの原因をみて頂いてお分かりかと思いますが、くすみのあるお肌はターンオーバーが正常化ではありません。乾燥や紫外線・血行不良などもターンオーバーが乱れる原因の一つです。

そしてお肌のターンオーバーを整えるには美容鍼がオススメです。鍼をすると血行改善されるので1回の施術でもくすみはとれていきます。しかし普段の生活習慣の乱れや、くすみの敵はとても多いです。2~3週間に1回の周期的な美容鍼のメンテナンスで肌ツヤよく、明るい印象のお肌へと導きます。

 

まとめ

肌のくすみの原因はさまざまですが、紫外線対策や規則正しい生活習慣といった少しの心がけで改善していけます。

美容鍼にて乱れたターンオーバーを整え根本治療のお手伝いをさせて頂きます。

一緒に透明感あふれる明るいお肌を手に入れましょう!!

2020年9月01日

年中問わず気になる乾燥肌。美容鍼で肌質改善しよう!

「お肌がカサカサする」「化粧のりが悪い」など乾燥肌ならではのお悩みはありませんか?

お肌が乾燥していることにより、紫外線の影響を受けやすくなったり摩擦が起こりやすくなるのでシワにつながる原因ともなります。

 

乾燥肌って?

よく乾燥肌・脂性肌・混合肌に分けられますよね。

乾燥肌はバリア機能の低下とターンオーバーの乱れがお肌に現れた状態です。

肌の弾力性が失われ皮膚がカサつく、お風呂上りにお肌がつっぱる、お化粧の粉がふくなどお肌のターンオーバーが正常でなくなると乾燥肌となりこのような症状がでてきます。

一度ターンオーバーが乱れてしまうと新しく生まれかわる細胞も未熟なものとなり悪循環となるので乾燥肌もなかなか治りません。

また、アレルギーや気温の差、紫外線など乾燥は年中おこりえます。

肌荒れが起こりやすくなるとストレスも感じ、そのストレスもホルモンバランスを乱したり血管を収縮しやすくなり乾燥肌を引き起こす原因となります。

 

まずは美容鍼でターンオーバーを正常化へ

ご自身で生活習慣を見直すことはとても大事です。しかしお肌のターンオーバーをより気軽に早めたいですよね。

そんな時には「美容鍼」がオススメです!!

美容鍼をすることによりご自身の細胞にわざと微細な傷をつけ、内側から保湿成分を作っていきます。

お肌のターンオーバーを正常化することはもちろん、内側から保湿されることにより普段ご自身でされているスキンケアが浸透しやすくなります。

美容鍼をすれば高いスキンケア用品・長時間のお手入れをしなくても手軽に潤いのあるお肌へと導くことができます。

 

食生活も見直しを

乾燥肌の原因は身体の内側にもあります。

乾燥肌の方にとても大事なことは「たんぱく質をとる」ことです。

お肌のバリア機能の役割を果たす天然保湿因子(NMF)の約半分を占めるのがたんぱく質を構成するアミノ酸です。また、コラーゲンもたんぱく質の一種です。たんぱく質不足になるとお肌のバリア機能の低下、コラーゲンなどの保湿成分の減少と乾燥を引き起こしやすくなります。

毎日の食生活の中で意識的に摂取するよう心がけていきましょう。

〔たんぱく質を多く含む食品〕

肉類・魚類・卵・大豆などなど

 

まとめ

乾燥肌でお悩みの方は良いスキンケア商品を使ってみたりいろんなことを試されたと思います。

しかし乾燥を防ぐには生活習慣や食生活の見直しがとても重要になっていきます。そこにプラス月2回の美容鍼のメンテナンスでターンオーバーが正常化されていきます。

乾燥肌でお悩みの方はぜひ一緒に改善していきましょう。

2020年8月25日

肌に良いビタミンとは?おすすめの摂取法も紹介します

乾燥やくすみ、吹き出物などの肌荒れに悩んでいませんか?

肌荒れに悩んでいるという方は、栄養のバランスが崩れているのかもしれません。

肌の悩みはビタミンをしっかりとって改善しましょう。

今回は、肌に良いとされているビタミンを紹介します。

 

肌に良いビタミンはABC

ひとくちにビタミンと言ってもいろいろありますが、それぞれ役割があります。肌に良いビタミンの種類とその働き多く含まれている食品を紹介します

 

○ビタミンA

ビタミンAは、肌の潤いを保つ働きと新陳代謝を促す働きがあります。

にんじん・ほうれん草・牛レバー・豚レバー・うなぎなどに多く含まれます。

 

○ビタミンB2・ビタミンB6

ビタミンB2肌のターンオーバーを助け、ビタミンB6はタンパク質の合成をサポートする栄養素です。

イワシ・サンマ・卵・納豆・アボカド・バターなどに多く含まれます。

 

○ビタミンC

ビタミンCはシミ・そばかすを防ぎ、肌のハリを保つコラーゲンの合成を助ける働きがあります。

ブロッコリー・ゴーヤ・いちご・キウイフルーツ・みかんなどに多く含まれます。

健康なを手に入れるために、日頃からバランスのとれた食事を心がけましょう。偏りなくいろいろな食品を摂取してくださいね。

 

肌におすすめのビタミンABCの摂取法

ビタミンの栄養効果を最大限に取り入れるためには、ビタミンの性質によって摂取法に注意が必要です。

○脂溶性と水溶性のビタミンの特徴

ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂取すると吸収されやすくなります。

ビタミンBとCは水溶性のビタミンで、尿と一緒に排泄されやすい性質があります。少量ずつこまめに摂取するのが効果的です。

○ビタミンC逃さない野菜の調理法

 

・大きめに切る

・ゆで時間は短く

・水にさらさない

 

ゆでるよりもレンジを使う、蒸す、油で炒める方がより多くのビタミンCをとることができます。

ビタミンCは水に溶け出す性質があるので、スープにして、スープもしっかり飲むようにすれば無駄がありません。

 

きれいな肌に必要なのは栄養バランス!

栄養バランスのとれた食事は、きれいな肌を保つための基本です。

また、肌に良いビタミンを意識的に摂取するとともに生活全般を見直してみましょう。

睡眠は十分とれていますか?ストレスは溜まっていないでしょうか?適度な運動も必要です。継続していくことで効果は徐々に現れてきます。

肌質改善で即効性を期待するならプロの手を借りてみるのも良いかもしれません。

国家資格を持った鍼灸師による美容鍼灸は、痛みが少なく安心して受けられる話題の美容法です。美容鍼を使って肌の再生能力を上げ、肌質改善を目指しています

 

■まとめ

肌に良いビタミンとして、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC紹介しました。

ビタミンには、それぞれに特徴があり、脂溶性・水溶性の性質によっても効果的な摂取方法があります。食事からとるのが一番ですが、足りない分はサプリメントを利用するのも良いでしょう

そして、美容鍼灸を併用すれば、さらに状態の良い肌に近づけます

2020年8月24日

肌に良い飲み物とは?毎日安心して飲めるものを紹介します

日頃から水分をたっぷりることは肌を保湿し、乾燥から守る効果が期待できます。

しかし、ジュースなど甘い飲み物肌に良くありません。

今回は、肌に良い飲み物ついて紹介します。いつもの飲み物を、肌に良い飲み物に変えることで、美肌に近づくことができるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

 

どんな飲み物が肌に良いの?含まれる成分や作用も紹介!

身近な飲み物中にも、肌に良い飲み物はたくさんあります。今回は、その中でも2つの飲み物を紹介します。

 

緑茶

日本人に馴染み深い緑茶には、実は抗酸化作用のあるポリフェノールなど、肌に良い成分がたくさん含まれています。

抗酸化作用とは、肌老化の原因となる活性酸素を抑える作用のことです。

つまり、緑茶は、肌の老化を抑える美肌に効果的な飲み物なのです。

ただし、緑茶にはカフェインが含まれています。飲みすぎに注意しましょう。

 

ルイボスティー

最近よく目にするようになったルイボスティーですが、こちらも肌に良い美容成分がたくさん含まれています。

ミネラルも豊富に含まれており、抗酸化作用の強いビテキシンやイソボテキシンという成分も含まれています。

注目すべきは、シミやシワなど、老化の原因となる活性酸素の働きを抑える成分「スーパーオキサイドデムスターゼ」が含まれているところです。

また、ルイボスティーはノンカフェインなのも魅力です。

 

■要注意!肌に良くない飲み物もある!

砂糖がたくさん含まれている炭酸飲料やジュースは肌に良くないのであまり飲まない方が良いでしょう。

甘いカフェオレやラテにも砂糖はたくさん含まれています。カフェオレなどの甘い飲み物は、リラックスしたいときや、落ち着きたいときに飲みたくなりますよね。

しかし、飲みすぎるのは肌に良くないので、1日1杯程度にとどめて、あとはお水やお茶にすると良いでしょう。

 

■肌に一番いい飲み物はお水!

お水には緑茶やルイボスティーに含まれているような美肌成分は含まれていません。

しかし、肌に一番良い飲み物は「水」です。

なぜお水が肌に良いのでしょうか。

 

○肌のターンオーバーを正常に保つ

肌細胞には多くの水分が含まれます。しかし、水分が足りなくなってしまうと肌の構造はすぐに崩れてしまいます。

また、ターンオーバーによって角質細胞が剥がれ落ちるときにも、下層の若い細胞の保護のために水分が必要です。この働きに使われる水分は、化粧水などの外側からのスキンケアで補うことができません。

つまり、ターンオーバーを正常に保ち、美肌の基礎を作るために水はとても大切な役割を果たしているのです。

一日の生活の中で、適度に水分補給をするようにしましょう。

 

○血流が良くなり栄養が届きやすくなる

水をたくさん飲むと、血液量が増え水分濃度も高くなるため、血液がサラサラになります。

すると、血流がよくなり、血液の中の栄養素や酸素が肌に届きやすくなり、結果、肌荒れ防止にも役立ってくれます。

一方、水分不足だと、血流が悪くなり栄養や酸素が肌に行き渡らなくなるので、肌荒れを引き起こす原因になります。

 

まとめ

肌に良い飲み物を3つ紹介しました。緑茶やルイボスティーには、美肌に良いポリフェノールが含まれているため、美肌に効果的です。また、シンプルに水も肌に良い飲み物です。

しかし、美肌になりたいからといって飲みすぎるのはよくありません。適量に留め、体を冷やさない常温、もしくは温かいものを飲むようにすると良いでしょう。

また、「肌に良い美容法はほかにないかな…。」と考えている方には、美容鍼灸という方法もおすすめです。

興味をお持ちの方は、ソアンの美容鍼灸についても検討してみてくださいね。

2020年8月24日

肌が変化する年齢は?老化を防ぐケアは何歳から始めるといい?

年齢とともに肌は変化し続けます。

年齢を重ねて、あきらかに以前とは違う肌の変化に気づいたとき、ショックを受けたり、もっとこうしておけば良かった…と後悔することもありがちです。

そこで今回は、今からでも遅くない年齢による肌の変化に役立つケアなどについて紹介します。

 

■年齢による肌の変化が現れるのはいつから?

年齢による肌の変化が現れるのには個人差がありますが、早い人では20代から老化し始めます。

しかし、年齢による肌の変化を、「老化するのは年齢のせいだから仕方がない」などと諦めてしまうのはもったいないです!

肌の老化防止のために、今からでもこころがけてほしいことをいくつか紹介します。

 

○紫外線対策

肌老化の原因の80%が、紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVBによるものと言われています。

年齢により肌が変化していくのは自然なことですが、遺伝による老化の原因は20%程度です。

紫外線を浴び続けていると、肌には悪影響が及びますが、その1つに「コラーゲンが分解され減少する」ということが挙げられます。

コラーゲンは肌の弾力やハリを維持する大切な役割をしているため、減少するとシワやシミ、ハリ不足を招く原因になります。

 

○喫煙はしない

タバコ、健康そのものにも良くありませんが、肌にも悪影響を及ぼします。

喫煙する人は年々減少傾向にありますが、ストレスや気分が落ち着くなどという理由からやめられない人も多くいます。

タバコを吸うと血行が悪くなるので顔色がくすみ、透明感がなくなります。さらにビタミンCが大量に消費されるので、シミやシワが増えてどんどん老化が進んでしまいます。

 

○肌をしっかり保湿する

肌は乾燥が進むと透明感がなくなってくすんだり、シワが増えたりします。

年齢を重ねることにより、肌の水分量にも変化が生じますから、肌の保湿を十分にしましょう。

るおいを保つためには油分よりも水分量が大切です。油分は与えすぎずに、水分の蒸発を防ぐ役割として適量を肌にのせましょう。

 

■年齢による肌の変化を防ぐおすすめの食べ物

年齢による肌の変化(肌老化食べ物でも予防できます。肌の内側からのケアも心がけましょう。

おススメの食べ物を紹介します。

 

○ハイカカオチョコレート

ハイカカオとは、カカオ70%以上の少し苦めのチョコレートです。

コンビニなどでも手軽に購入できますよ。

ハイカカオチョコレートには、カカオポリフェノールが豊富に含まれています。カカオポリフェノールには強い抗酸化作用があり、肌や体の酸化を防ぐことにより、老化防止に繋がります。

さらに、肌の水分量を保つなど美肌効果抜群とも言われています。

 

○くるみ

くるみは体のサビをとると言われている食べ物です。

ビタミンCや食物繊維、必須脂肪酸のオメガ6が含まれていて、健康そのものにも効果的です。

食物繊維がお腹の調子を整えるのでお通じがよくなるため、美肌効果も期待できます。

ただし、カロリーが高いので食べ過ぎないように注意してくださいね。

 

○レモン

ビタミンCが豊富なレモンは、美容効果が期待できる成分がたくさん含まれています。

レモンの皮には抗酸化作用やリラックス効果が期待できるフィトケミカルが含まれていますから、皮ごと食べるのがおススメです。凍らせて皮ごと擦りおろせばレモンがまるごと食べられます

凍らせても栄養価が変わらないのも安心です。

無農薬のレモンを選ぶと良いでしょう。

 

年齢による肌の変化には美容鍼灸も効果的!

美容鍼灸は、モデルや女優さんたちの間でも話題になっている美容法のひとつです。

鍼で肌の真皮層にある細胞を活性化させて新陳代謝を促し、肌の水分量を増やします。また、頭皮に打つ美容鍼で顔全体のリフトアップ効果も期待できます。

 

まとめ

年齢による肌の変化(老化)、何もしなければどんどん進んでしまうでしょう。

しかし、日頃のケアを見直す、少しだけ美容を意識してみるというだけでも、肌老化の予防はできます。

20代でまだまだ若いから…と安心せず、また、40代で年も年だから…と諦めることなく、キレイな肌を目指してお手入れをしていきましょう。

スキンケアや食事の見直しだけでなく、美容鍼灸も取り入れていただくことで、さらに大きな美容効果が期待できるでしょう。

ソアン治療院では、安心で安全な美容鍼灸を提供しています。ぜひ、ホームページもご覧になってみてくださいね。