STAFF BLOG

2020年12月08日

乾燥の始まる季節!落とすケアを見直してみませんか?|名古屋

日に日に気温も湿度も下がり、冷え込みも厳しくなってきましたね。お肌の乾燥は気になりませんか。

「乾燥は万病のもと」と言われるように、シミ、しわ、たるみ、毛穴の開きなど、様々な肌トラブルに直結します。乾燥を感じるようになると、スキンケアを保湿系の基礎化粧品に変えたり、クリームを足したりなど、今までより「足すケア」をされる方は多いはずです

沢山つけているのに、濃厚なものをつけているのになかなか乾燥がおさまらないそのような方は、足すケアの前に、「落とすケア」を見直してみましょう

 

 

落とすケアの大切さ

お肌の綺麗な方に話を聞くと「丁寧に洗っている」「クレンジングや洗顔にこだわっている」方がとても多いです。

落とすケアが何故重要かというと、

不必要なものが肌に付着していると肌への負担や刺激になる。

不必要なものが肌にあると、付けたものの効果が半減する。

からです。

 

 

落とすケアの難しさ

それなら時間をかけて洗浄力の高いものでしっかり洗えば良いかというと、そう簡単なことではありません。落とすケアが意外に難しいのは要らないものはしっかり落としつつ、必要な潤いは残す」事が大切だからです。

この「落とす」ことと「残す」こと、一見矛盾していることを行わなくてはならないため、正しくできている方は意外に少ないのです。

 

 

どんなアイテムを選べば良いの?

クレンジングにおいても洗顔料においても、素人の方でもわかりやすい1つの基準は「つっぱり感」です

つっぱる感じやすぐに何かをつけないと肌がどんどん乾いていくようでは、あなたの肌にとってその洗浄剤は強すぎます。洗った後につっぱり感が少なく、潤いやしっとり感が残るくらいのものが好ましいです。

一般的にオイルクレンジングは洗浄力が高く潤いを奪いやすいといえます。拭き取りタイプの場合は摩擦の負担が大きいです。普通〜乾燥肌の方やお肌がデリケートな方は、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジング剤を使うほうが安心です。

反対に、メイクの濃い方や落ちづらいメイクをされている方、かなり脂っぽい肌質の方などは、オイルタイプが良いでしょう。

洗顔料に関してはアミノ酸系のものやオイルなどの潤い成分が配合されたものがおすすめです

また、洗っているのに毛穴の詰まりが増えている、毛穴の黒ずみが目立つ場合は落とし切れていない可能性が高いです。その場合もアイテムを見直してみましょう。

クレンジングや洗顔の種類を変えてみたり、少しお金をかけてでも、信頼のおけるブランドのものを試してくださいね。

 

 

私の洗い方は正しい?

まず、一番気にかけて欲しいのは洗う時の力加減です。ゴシゴシ洗いは禁物ですとにかく優しく、強い摩擦を起こさないように洗ってください。

どうしても力の入ってしまう方は、

手首から先だけを動かさず、肘から動かす。

上を向いて洗う。

薬指と小指を使って洗う。

上記の方法を試してみてください。強制的に力が抜けて、優しく洗えますよ。

それから、クレンジング剤は手の平で温めてから使う、洗顔フォームはふわふわに泡立ててから洗う事もポイントです。

 

 

まとめ

落とすケアの重要性がお分かりいただけましたか。乾燥の気になる季節、是非、今一度、クレンジングや洗顔料、洗い方の方法など見直してみてくださいね。

しっかり落とせて潤いのあるお肌は、きっと柔らかく弾力があるはずです。耕した柔らかいお肌には美容鍼灸も効きやすくなります。

シワやたるみを早く効果的に良くしたい!日々のスキンケアだけでは効果が遅い!と思われる方は、是非、ソアン治療院の美容鍼灸も取り入れてみてください。

ソアン治療院では、丁寧にカウンセリングを行い、おひとりおひとりに合った鍼灸の治療を施していきます。お気軽にご相談くださいね。

2020年12月05日

美肌の近道は保湿から!おすすめの美容方法をご紹介|名古屋

乾燥による肌のダメージは想像以上に過酷です。気になるシワやくすみ、肌トラブルなどは、保湿成分が足りていないと起きてしまいがちです。

気温の変動や寒さが厳しくなる今の時期だからこそ、保湿対策はしっかり行いたいですね。

今回は、潤いとハリのある肌に近づくための「おすすめ保湿ケアのお手入れ方法」をご紹介します。

 

■乾燥肌にぴったりの保湿アイテムはこれ

乾燥やカサカサ肌にお悩みの方に、おすすめの保湿アイテムをご紹介します。

お風呂上がり後は、肌の水分が蒸発しやすく、そのままケアをしないと肌トラブルの原因となってしまいます。

肌質に合わせた保湿ケアを行うことでトラブルを未然に防ぎ、シワやくすみ対策もできるので、ぜひ毎日きちんとケアしてあげましょう。

 

○敏感肌の方にもぴったりなのは、保湿力に優れたクリームやジェル

保湿力に優れたアイテムと聞くと、どうしてもオイルに頼ってしまいがちですよね。

しかし、オイルは肌質によってはニキビなどのトラブルが発生してしまうこともあります。

敏感肌の方も安心して使用するには、クリームやジェル状のものがおすすめです。

セラミドなどが配合された保湿力の優れたアイテムを1品投入すると、肌のバリア膜を形成してくれる効果もあるのでおすすめです。

 

○メイク直前にも保湿ケアを

長時間つけるメイクは、肌への負担も多く、乾燥の原因にもなってしまいます。毎日の朝晩のスキンケアだけでなく、メイク直前にも保湿ケアをすることをおすすめします。

ベタつきやすぐにメイクをしたいという方は、スプレータイプの美容液やローションがおすすめです。一拭きで保湿効果も実感できるため、忙しい朝にもぴったりですね。

 

■保湿効果をダイレクトに手にしたいなら美容鍼灸もおすすめ

日々のスキンケアだけでは物足りないという方や保湿効果をダイレクトに取得したいという方には、美容鍼灸もおすすめです。

目の下のたるみやほうれい線などは、毎日のセルフケアだけでは、なかなか改善することが難しい問題です。

美容鍼灸なら、直接刺激を与えてくれるので、エイジングケアにぴったりの美容方法です。

 

美容鍼灸は、以下の特徴がある美容法です

 

・お肌の内側から潤いを与える効果が期待できます

 

・特殊なテープを併用しているので、お顔にのせても火傷しません

 

・シワやシミの予防など、アンチエイジングにも効果が期待できます

 

・傷ついた細胞を修復する効果も期待できます

 

・乾燥肌でお悩みの方の解決にぴったりです

 

■まとめ

潤いのある美しい美肌を手にするには、保湿力の優れた美容液やクリーム、ジェルをプラスしてあげましょう

もっとダイレクトな効果を実感したい方は、美容鍼もおすすめです。

国家資格を持ったスタッフですので、技術力も折り紙付です。ぜひお気軽にお越し下さい。

2020年10月20日

シャワーだけではNG!入浴は多大なメリットがあります。

夜になると1日の疲れがでますよね。日々の生活でストレスや疲れはどんどん溜まっていきます。

疲れて簡単にお風呂を済ませたい方、時間がなかなかとれない方、シャワーだけですませていませんか?

温泉やサウナ、岩盤浴の後はとても身体面・精神面でもスッキリしますよね。

日常の疲れやストレス、また美容や健康面でも入浴はとても大事です。

 

入浴のメリット

お湯につかることで身体が温まり血行が良くなります。血行が良くなることで体内の老廃物が除去されるのでリンパの流れも良くなりむくみも解消されます。

また、浮力効果もあるので筋肉が緩みほぐれ、リラックス効果を得ることができます。

 

自律神経に与える影響

入浴することで自律神経の中でもリラックスしている時に働く副交感神経の働きが高まり気持ちを落ち着かせることができます。

しかし副交感神経を優位にするには入浴温度がとても大事になっていきます。

41℃以上のお湯の場合、交感神経(興奮している時に働く神経)が優位になる為、神経を覚醒させてしまいます。ですので、熱いお湯がお好みの方は就寝2時間前までに入ることを心がけましょう。

逆に朝、熱めのシャワーを浴びたりお湯につかると目覚めが良くなります。

お風呂に入ってすぐ寝たい方は38~40℃を目安に入浴すると副交感神経が高まりとても良い状態で眠ることができます。

少しぬるいと思うかもしれませんが、ゆっくりつかると額に汗ばんできますよ。

できればそのままぬるま湯に浸かって20分ほどゆっくりしましょう。寝つきが良くなり、不眠気味の方におすすめです。体が温まって冷えてまた温まりだすと眠気が来ます。

もう少し肌や体にプラスアルファが欲しい人は、塩や入浴剤などに手を出してもいいと思います。眠りを誘うラベンダーの精油や、発汗を促すエプソムソルトなんかもお手軽に効果を感じることができるかと思いますよ。

気になる方はアマゾンなどで入浴剤 エプソムソルトなどを検索してみましょう。

 

お肌に与える影響

入浴して身体を温めることで新陳代謝もあがり、お肌のターンオーバーも正常化されていきます。

その為、しみができにくくなったり肌荒れもしにくくなり美肌を手に入れることができます。

また入浴することで血管が拡張し血流が良くなることでお肌のくすみがとれてキメの細かい透明感のあるお肌へと導きます。

お風呂を美容タイムに!

洗い流すタイプのパックを入浴中に使用すると蒸気で毛穴が開いているので汚れが取れやすく栄養も入りやすい状態になっています。

お風呂でできることは何でもやるくらいの勢いで、入浴タイムを楽しむのも入浴を長くするコツです。できるだけテンションの上がるものにして、入浴嫌いを入浴が楽しみになるような感じで持って行くと長風呂を楽しめるようになります。

入浴時の注意点

心肺系の疾患がある方は、入浴温度が41℃以上での長浴は避けましょう。

ぬるま湯であっても半身浴や長く浸かられる方は浴室にお水を持っていきこまめに水分補給をしながら入浴しましょう。

また、一気にお湯から立ち上がると立ちくらみのおそれもありますので、あがられる際は急に立ち上がらずゆっくりお湯からでるよう心がけましょう。

 

まとめ

入浴で得られる効果は健康面でも美容面でもとてもたくさんあります。

普段なかなか時間がとれずシャワーのみの方も、週に1回や休みの前の日だけでも良いのでゆっくりお湯につかると日頃の疲れがとれていきますよ。

お風呂から出た後は、オイルやクリームなどの保湿剤を塗れたままつけてバスタオルで体を拭くようにすると保湿効果がアップします。

冬になると寒いので、風呂の扉を開ける前に塗っておいてバスタオルを取ってまた風呂の中で体を拭くのが美容にもベストですよ。

 

2020年10月07日

40代でプルプルな肌になるのは絶対無理なの?

40代は家事や育児、仕事に介護…などと、公私ともに忙しくなる年代ですよね。

やることがたくさんあって睡眠不足になったり、自分を癒す時間が取れなかったりしていませんか

ふと鏡を見るとシミくすみたるみまで…という方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、まだあきらめてはいけません。40代でプルプルな肌を目指すことは可能ですよ。

今回は、40代でもプルプルな肌を目指したい方に向けて、取り入れるべき美容法について紹介します。

 

40代になったらエイジングケア

40代になったらエイジングケアを意識し、足りなくなった潤いを補うようなケアを心がけましょう

 

○保湿成分の高い化粧品を選ぶ

これまではさっぱりタイプが好みだったとしても、40代からはしっとりタイプを選びましょう。コラーゲンやエチノールが配合された高保湿タイプの化粧品がおススメです。

 

○効果が出るまでは時間がかかる

化粧品を変えてもすぐに効果は感じられないかもしれません。40代の肌は結果が出るまで時間がかかります。

 

○紫外線対策は絶対不可欠

肌に一番良くないものが紫外線です。日焼け止めは毎日こまめに塗りましょう。日傘やサングラスも併用してみてください。

 

適度な運動と睡眠大切

40代になると代謝落ちますが、運動を取り入れることで代謝を高められます。

また、運動を取り入れることで睡眠の質上がります。美肌に質の良い睡眠は欠かせません。

 

40代のお肌の悩みの原因はコレ

40代のお肌の悩みの原因として挙げられることを紹介します。

 

40代を過ぎるとコラーゲンの量が激減

体内のコラーゲンのピークは25歳くらいです。40代になると半分にまで減ってしまいます。

 

○ターンオーバーの周期が長くなる

20代では約28日だったターンオーバーの周期は、40代では約55日かかるとも言われています。肌トラブルが改善されないのは、そのためと言えます

 

○蓄積された紫外線のダメージがシミを作る

2030でシミがなかった方も40代を過ぎると、いきなりシミだらけということもあります。それは子どもの頃から紫外線を浴び続けてきた結果が、今現れているのです。

 

美容鍼灸肌も気分もリフレッシュ

プルプルお肌を手に入れるためには、毎日の地道なケアが大切です。ですが、ときにはプロの手を頼るのもおススメです。

ソアン治療院では、国家資格を持った鍼灸師が美容鍼灸を提供しているので、安心して施術を受けていただくことができます。

肌のくすみやたるみ、乾燥、小顔などの改善に効果が期待できます。

美容鍼灸の特徴は、即効性と持続性の高さです。美肌はもちろん、肩こり・頭痛・不眠などの不調を改善する効果期待できます。

ソアン治療院でリラックスした時間を過ごして、肌も気分もリフレッシュしませんか?

 

■まとめ

40代にもなると肌の衰えを実感する方も多いのではないでしょうか。忙しい日々の中で、お手入れ後回しになっているのかもしれません。

40代になったらエイジングケアが必要になります。保湿力の高い化粧品でお手入れをして、紫外線対策と生活習慣にも気を配りましょう。

さらに美容鍼灸を取り入れて、40代でもプルプルな肌を目指しませんか?

エイジングケアや美肌にとってもプラスとなる美容鍼灸

 

お手入れする時間が少ない女性にとっては、乾燥肌や脂性肌、敏感肌、弱肌といった悩みを抱えています。今回は、エイジングケアや美肌にとってもプラスとなる美容鍼灸についてお伝えします。

 

エイジングケアについて

 

マッサージや運動に食事制限、乳液・美容液などの基礎化粧品、肌質に考慮したケアをすることが健康的でキレイな美肌を保つお手入れがエイジングケアの捉え方になります。

しかし、仕事や育児に恋愛などプライベートも充実させたい女性にとっては、エイジングケアに注ぐ時間を毎日確保するのって大変です。何より40代から50代を境に女性ホルモンのバランスが乱れ、お肌の調子を整えるのが厳しくもなり、カラダの機能面からも健康長寿を目指しアンチエイジングを意識する人も増えていきます。

では、肌を効果的にケアするにはどうしたらいいの?

そんな疑問は女性の誰しもが思うことでしょう。

まず、改善が必要となるのは生活そのものを見直すケアになります。

誰しもが取り入れられるものであれば、質の高い睡眠や栄養バランスの摂れた食事。適度な運動を取り入れストレスを軽減しているかなど、生活習慣を改善することで、老化を防ぐことも大切なのです。

 

美容効果を期待できる美容鍼灸

 

皮膚にはターンオーバーという仕組みがあるため、新陳代謝によって肌表面は新しい皮膚に生まれ変わるようになっていますが、紫外線やエアコン等の外的環境からダメージを受けていますので、決して若い年齢層だからと言って肌質がキレイに保たれている訳ではないのです。

そんな悩みを解消するのが美容鍼灸なのです。

美容鍼灸は血流を促進し、肌の水分量が上がったという研究報告もあり、皮膚の水分量が上がり乾燥の予防対策につながります。また、真皮をも刺激することでコラーゲンやエラスチンの生成が促進され、肌に弾力を保ちシワやシミ、たるみといった肌の老化にも逆らうことが可能となり、美容系のメディアにも取り上げられている新たな美容法として注目を集めています。

 

まとめ

 

女性にとっての肌質の維持は時間も労力も掛かる一生抱えていかなければならない問題です。特に美意識が高い女性にとっては、シミ・シワ・たるみといった問題は加齢とともに進むものであると分かっていても対処したい問題なのです。

いつも若々しく美しくありたいと願うのは女性であれば当たり前です。

このような願いを解消するために、美容鍼灸ソアンへご相談いただければ最高の施術で美容効果のサポートをさせていただきます。

2020年10月06日

うるおいのある美肌になるための肌質改善方法とは

「うるおいのある肌になりたい!」という方はたくさんいると思います。

しかし、なかなか満足できるような肌になれなくて悩んでいるという方も多いようです。

うるおいのあるになるためには、スキンケアだけでなく体の内側からアプローチをする肌質改善が必要ですよ。

今回は、うるおいのある美肌になるための肌質改善方法をご紹介します。

 

健康状態を整えて肌質改善を目指そう!

体の健康状態と肌は密接な関係にあります。

ですから、うるおいのある美肌になるためには、まず、体そのものの健康を目指さなければなりません。

 

〇腸内環境を整える

腸の状態が良くないと便秘や下痢を引き起こし、必要な栄養素が十分に吸収されないため肌状態の悪化に繋がります。

腸内環境を整えることで、栄養の吸収率がアップし全身に栄養が巡りやすくなるため、美肌につながります。

 

▲食物繊維を摂取

特に水溶性食物繊維は腸内の汚れを落とし、すっきりさせる効果が期待できます。そして腸内環境が整うと血行も良くなるので、全身の健康状態、お肌の状態が良くなるでしょう。

こんにゃくや海藻、大麦、玉ねぎなどを食事に多く取り入れましょう。

 

▲発酵食品で善玉菌を増やす

腸内環境を整えるのに必要な善玉菌は、発酵食品を食べることで増やせます。

味噌や醤油、納豆、キムチ、ヨーグルトなどは善玉菌を増やして健康な腸へ導いてくれます。

腸内環境を整えることが美肌への近道になりますし、さらに老廃物をため込まないことで、太りにくい体質作りにも役立ちます。

 

〇適度な運動

日中は、長時間同じ姿勢で作業をしている、家に帰ったら同じ姿勢でテレビやスマホを

見ている、移動は車…など、運動不足になっていませんか?

現代人は運動不足になりやすく、そのため血流が悪くなりやすいです。

血流が悪くなると、肌のターンオーバーも乱れますし、肌のバリア機能低下します。

ストレッチやジョギングなどの有酸素運動を取り入れ血流促進を意識した生活を送るようにしましょう。

 

〇ぐっすり眠る

睡眠は人間の身体を作る成長ホルモンを分泌させる大切な役割があります。

眠り始めの3時間は特に成長ホルモンの分泌が活発になるので、以下の方法を試して深い眠りにつきやすくしましょう。

 

・寝る30分前はスマホを控える

・お風呂にしっかり浸かる

・白湯を飲む 

 

など

これらの方法で身体を整えることで肌質改善を目指せます。

 

■美容鍼灸もおすすめ!

肌質改善には美容鍼灸効果的です。

仕事などの関係上、上記のようなセルフケアをするのが難しい方や、少しでも早く肌の良い変化を感じたい方は美容鍼灸に通ってみませんか?

美容鍼灸は、体の内側からの肌質改善を目指せる美容法の1つです。

 

■まとめ

うるおいのある美肌になるには、まずは健康状態を整えることが大切です。

生活習慣を改善し、健康維持に努めましょう。

そうすることが美肌への近道です

美容鍼灸を併せるとさらに効果的なので、より早肌質改善を目指したい方は、ソアン治療院にお越しになってみてくださいね。

 

最大の美容法とは???

睡眠が大事!なんて事は、どなたもご存知ですよね。
ではなぜ、睡眠がそんなに重要なのでしょう。。

それは、人のカラダには”体内時計”があるため。
お肌のゴールデンタイムは夜10時から深夜2時。
この間に熟睡していることが、健康にも美肌にもアンチエイジングにも大切です。

お肌のゴールデンタイムは成長ホルモンがたくさん出る時間帯です。成長ホルモンは骨や皮膚の成長に欠かせないものですが、新しい細胞を生成するので、若返りホルモンという別名もあります。

ホルモンの生成にはエネルギーを使うので、熟睡している必要があります。ホルモンを作り出す時間帯に起きていると、別のところにエネルギーを使ってしまい、細胞がつくられないのです。

 

「毎朝光を浴びることで目覚め、夜になると自然に眠りにつく」
という体内時計が狂ってしまうと、
血圧ホルモン分泌自律神経の乱れが出てしまい、
お肌の組織を再生・修復してくれる成長ホルモンもうまく分泌されなくなってしまうのです。
睡眠不足が続くと太りやすい、という傾向もありますよね。

 

眠りについてから2∼3時間後に深い眠りであるノンレム睡眠になったときに、成長ホルモンが脳下垂体から分泌されるのです。成長ホルモンは人工的には身体にとりいれられないので、施術では成長ホルモンを分泌しやすい体の状態にします。

お仕事などが忙しい方も、できるだけ5〜7時間ぐっすり眠るようにしましょう 🙂
寝つきの悪い方や途中で何度も起きてしまう方は
鍼灸で自律神経を整えていきながら、質の高い睡眠を目指しましょう。

 

自律神経の交感神経が有利なまま眠りにつこうとすると、脳が活性化しているため、なかなか眠りにつけないです。鍼灸で副交感神経を有利にしてリラックスしている状態になってから眠ると、ノンレム睡眠に入りやすいです。

 

生活習慣を改善しても自律神経の交換がうまくいかず、眠りづらいという人は鍼灸もひとつの方法です。体が温まり、仕事や家事のストレスでこわばっている筋肉をほぐし、身体を落ち着いた状態にできます。

睡眠の質を上げて、1日の疲れをしっかりとるためにも習慣に鍼灸を取り入れてみましょう。自律神経を整えることで、質の良い睡眠が実現します。ぜひ、試してみてください。