STAFF BLOG

2020年8月24日

ニキビの悩み…肌をきれいにしたい方におすすめの方法7選!

キレイな肌の大敵、繰り返すニキビに悩まされている方はいませんか?

10代にできるニキビと大人になってからできるニキビの原因は違いますが、毎日の習慣を見直すことでニキビ予防に役立つかもしれません。

今回は、きれいな肌をキープしたいのにニキビで悩んでいる…というような方に、ニキビの予防法や改善方法などを7つ紹介します。

 

■ニキビ肌を予防したいなら野菜をしっかり食べましょう

 

簡単そうでなかなか難しいのがバランスのとれた食生活です。

ジャンクフードやお菓子、甘いものが肌に良くないとわかっていても、ついつい食べてしまうという方も多いのではないでしょうか。

食生活は肌に現れるという言葉もあるくらいなのでまずは食生活の見直しが大切です。

普段から野菜をしっかり食べるということを意識するだけでも肌は変わってきますよ。

 

肌を乾燥させない

 

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下してしまいます。

私たちの肌は、もともと肌が持っているバリア機能によって守られています。

しかし、バリア機能が低下すると外部からの刺激を受けやすくなり、ニキビができやすい肌になります。

つまり、肌の水分量を保つことがニキビ予防にも役立つのです。また、お水をこまめに飲むことも、うるおいを保つのに役立ちます。水分補給することも意識してみると良いでしょう。

 

肌質にあったスキンケアを

 

肌にあっていないスキンケアを続けているとニキビは改善されません。あなたに合ったスキンケア商品を選びましょう!

 

十分な睡眠をとる

 

睡眠不足は、ニキビを悪化させる原因になります。しっかり睡眠をとりニキビを予防しましょう。

 

美容鍼灸でニキビ肌を改善

 

顔にはたくさんのツボが集中していますが、ソアン治療院美容鍼灸であれば、直接肌を刺激することで外側と内側から、健康肌を美しくする効果が期待できます。

美容鍼灸はストレスニキビ、疲れによるニキビ、月経周期によるニキビなど、さまざまなニキビの改善も期待できます

 

日焼け止めで紫外線予防

 

紫外線は、日焼けするだけではなく、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となります。

紫外線とニキビは一見関係ないように思えますが、紫外線を浴び続けると肌のバリア機能が低下します。紫外線予防として日焼け止めクリームなどを上手に使いましょう。

 

肌に刺激を与えない

 

洗顔の時に強くゴシゴシと擦ったり、タオルで強くふいたりすると肌に負担がかかります。

そして、強い刺激を与えるとニキビが悪化してしまいます。

ニキビのない肌でも、摩擦は肌にとって良くないので、洗顔で顔を拭くときには強くこすらないようにしましょう。

 

まとめ

ニキビを予防してきれいな肌を保つためには、規則正しい生活が望ましいのですが、日々忙しく、難しいという人もいるかもしれません。

そのようなときには、美容鍼灸など美容のプロの力を借りるのもおすすめです。健康的な肌作りをしながら、ニキビのない肌を目指していきましょう。

2020年8月24日

肌をきれいにしたいなら…乳酸菌がおすすめ!?

乳酸菌と聞くと、ヨーグルトや乳製品を思い浮かべると思います。

乳酸菌はさまざまな食材に含まれていて、健康にはもちろん、美肌へと導く効果期待できる成分です。最近では、乳酸菌が含まれている化粧品も販売されています。

今回は、乳酸菌が肌に良いと言われている理由や、肌に良い乳酸菌が含まれている食べ物について紹介します。

 

■なぜ乳酸菌肌に良いの?

なぜ乳酸菌肌に良いのでしょうか?乳酸菌が美肌に繋がる理由を紹介します。

 

○乳酸菌が腸の動きを活性化してくれる

生きた乳酸菌がお腹の中で悪い菌の働きを抑制し、腸の動きを活性化してくれます。腸の調子が整うと、肌荒れやニキビができにくくなります。

そして、乳酸菌は肌の新陳代謝を活発にするので美肌へと導かれるのです。

 

○肌の水分量を保つ効果が期待できる

肌がきれいな人は、うるおったみずみずしい肌をしています。

乳酸菌を摂取することで肌の水分が保たれるという研究結果もあるほどです。

ですから、肌の保湿効果を高めるためにも、乳酸菌を摂ったほうが良いでしょう。

 

乳酸菌が含まれる肌に良い食べ物とは?

肌に良い乳酸菌が含まれている食べ物を食べて、体の中から美肌を目指していきましょう!いつでも食べられる身近なものにも豊富に乳酸菌が含まれています

 

○ヨーグルト

乳酸菌が手軽にれるヨーグルトは、美味しくて、続けやすいところも魅力です。

ヨーグルトと善玉菌のエサとなるオリゴ糖を一緒に食べると、さらにお腹の調子を整える効果が高まります。オリゴ糖ははちみつに含まれているので、はちみつヨーグルトにして食べるのがおすすめです。

 

○納豆

発酵食品の納豆にも乳酸菌がたくさん含まれています。

納豆の製造工程の途中で空気に触れることにより乳酸菌が入るので、納豆菌と乳酸菌の両方が含まれています。

乳酸菌の量は製造方法によって異なりますが、基本的にはどの納豆にも含まれています。いつもの納豆で手軽に乳酸菌が摂れるのはうれしいですよね。

 

○キムチ

キムチにも乳酸菌が豊富に含まれています。

キムチだけでも美味しく食べられますが、納豆と一緒に食べるとより腸内環境が整います。

納豆菌には、乳酸菌を増やす働きがあるとも言われています。

さらに納豆の原料の大豆には食物繊維が含まれていて腸をきれいにしてくれます。

きれいな肌になるためにも、積極的に食べましょう!

 

美容鍼灸で体の内側からの美肌を目指しませんか?

乳酸菌だけではなく、美容鍼灸でも美肌を目指せます。

肌の代謝が悪いと、肌荒れだけではなく、肌のくすみの原因にもなります美容鍼灸をすると肌の新陳代謝が良くなり、老廃物が排出されやすい肌環境になりますよ。

ぜひ、試してみませんか?

 

まとめ

乳酸菌で腸内環境を整えることで、体の内側から美肌へと導かれます。

また、乳酸菌だけではなく美容鍼灸も一緒に取り入れるとさらに肌に良い効果が期待できるでしょう。

キレイな肌になりたい、美容鍼灸を試してみたいという方は、ソアン治療院の美容鍼灸を体験してみてくださいね。

2020年8月24日

ルイボスティーが肌に良いと言われている理由とは?

ルイボスティーとは、ノンカフェインのハーブティーで、肌に良い飲み物として知られています。

クセのない飲みやすさも魅力ですし、カフェインが含まれていないため、妊婦さんや小さなお子様飲むことができます。

 

今回は、ルイボスティーが肌に良いと言われている理由を紹介します。

 

ルイボスティーが肌に良いのはなぜ?

ルイボスティーが肌に良いと言われているのは、肌がきれいになる成分が豊富に含まれているからです。

 

抗酸化成分が含まれている!

ルイボスティーには抗酸化成分が豊富に含まれていて、肌の老化を招く活性酸素を除去する働きをしてくれます。

 

○便秘解消に効果的

お通じが良くないと老廃物が溜まり、ニキビや肌荒れを引き起こす原因になります。

ルイボスティーは、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制する働きもあるので、お腹の調子が整い、お通じが良くなる効果が期待できます。

お通じが良くなれば、肌の調子も良くなるでしょう。

 

○代謝を高める

代謝が悪いと体に余分なものを溜め込んでしまい、肌にも体にも良くありません。

ルイボスティーには現代人が不足しがちなミネラルがたくさん含まれています。そのなかのひとつ、マグネシウムには代謝を良くする働きがあるので、ルイボスティーを飲むことによって代謝が上がります。

また、ルイボスティーは血流を良くする効果も期待でき健康そのものにも効果的です。

 

肌に良いルイボスティーだけでなく美容鍼灸も取り入れてみては?

ルイボスティーは健康にも美容にも効果的であることを知り、さっそくルイボスティーを飲む生活を始めよう!と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、可能であれば、ルイボスティーだけでなく、美容鍼灸も取り入れたほうがさらに肌に良い効果が期待できます。

美容鍼灸は内側から肌を生き生きとさせ、肌が自らうるおう力を呼び覚まします。さらに肌に大切なコラーゲンやエラスチンの生成を促進してくれます。

 

■まとめ

ルイボスティーは老化の防止やお腹の調子を整える作用、代謝アップなど肌に良い効果が期待できます。

まさに、いつまでもきれいでいたい、もっときれいになりたい女性に嬉しいハーブティーです。

そして、普段の生活にルイボスティーを取り入れがら、美容鍼灸を受ければ、驚くほど肌が変化する効果を得られるかもしれません。

美容鍼灸を受けてみたいなという方は、ソアン治療院で体験してみませんか?ソアン治療院では、国家資格を持つ鍼灸師が安全で安心な美容鍼灸を提供しています。

ぜひ、検討してみてくださいね。

2020年8月24日

ヨーグルトを食べると肌がきれいになるの?塗っても効果アリ!?

ヨーグルトは体に良くて健康を維持するのに役立つ発酵食品です。

また、ヨーグルトは食べるだけで美肌効果が期待できますし、肌に塗ってパックをしても良いと言われていますよね

今回は、ヨーグルトの美肌効果や、ヨーグルトパックのやり方について紹介します。

 

■ヨーグルトで肌がきれいになる理由

ヨーグルトが肌に良いと言われている理由は、いろいろあります。

 

○整腸作用

きれいな肌を保つためには、きれいな腸が不可欠と言われますが、ヨーグルトには腸内環境を整える乳酸菌が含まれています。

便秘になると肌のターンオーバーに影響を及ぼすため、うまく肌が生まれ変われずに肌荒れを起こす原因になります。ヨーグルトの整腸作用によって、腸を元気にすることができ、肌のターンオーバーを整えることができるのです。

 

ストレスの軽減

ストレスは、肌にも大きな影響を与え、肌荒れやニキビの原因になります。

ヨーグルトを食べることによって、ストレス軽減できると言われています。「ストレスが溜まっているな…」と感じる人は、ヨーグルトを食べてみてはいかがでしょうか。

 

○肌のターンオーバーを促進

ヨーグルトには健康的な肌をつくるタンパク質や、肌のターンオーバーを促進するビタミンB2が含まれています。

ターンオーバーが正常であれば肌の生まれ変わりがスムーズになるので、健康でキレイな肌を保つことができるでしょう。

 

■ヨーグルトは肌に塗っても効果アリ!?

ヨーグルトは食べても肌に良いですが、ヨーグルトパックとして肌にのせても、ヨーグルト成分の効果が得られます。

 

ヨーグルトパックのやり方について紹介します。

 

○肌に直接塗って10分から15分待つだけ

ヨーグルトパックのやり方はとてもシンプルで、ヨーグルトをそのまま肌に乗せて、10分

から15分待つだけです。

その後、洗い流して終了です。

 

ヨーグルトパックには保湿、美白、毛穴が引き締まる、ニキビ予防といったたくさんの美肌効果が期待できます。

市販の無糖ヨーグルトがあればすぐに実践できますよ。

ただし、肌に刺激を感じるという方は、ヨーグルトパックをしないようにしてくださいね。

 

■ヨーグルトと一緒に美容鍼灸も取り入れるとさらに肌に効果的!

ヨーグルトの美肌効果と併せて、美容鍼灸を取り入れると、さらに肌に効果的です。

美容鍼灸も肌を内側からきれいにしてくれます。

美容鍼灸によって、ターンオーバーの乱れを整え、うるおい不足でキメの荒くなってしまった肌を徐々に蘇らせる効果が期待できます。

いつものスキンケアや、ヨーグルトでは得られない効果美容鍼灸で実感してみませんか?

 

■まとめ

ヨーグルトが肌に良い理由や、ヨーグルトパックのやり方などについて紹介しました。

ヨーグルトはどこでも買える身近なものなので、いつでも手軽に食べられますし、肌に直接乗せて使用することもできます。

さらに美容鍼灸を併せれば、きっとあなたの肌が喜びますよ。

ぜひ、あなたの美容法として、美容鍼灸もとりいれてみませんか?

2020年8月24日

野菜をたくさん食べる人は肌がきれいってホント?根拠はある?

野菜が肌にいいことは周知の事実で、実際、野菜をたくさん食べる人は肌がキレイですよね。

しかし、どのような栄養素が、どのように肌に働きかけているのでしょうか。

今回は、なぜ野菜をたくさん食べる人は肌がキレイなのか、その根拠について解説します。

 

野菜をたくさん食べると肌がきれいになる根拠とは

私たちの体にもともと備わっている抗酸化物質(アスコルビン酸や尿酸やメラトニン)は、年齢を重ねるにつれて少なくなっていき抗酸化作用が衰えると肌の老化が進みます。

しかし、野菜を積極的に食べている人は、抗酸化作用がしっかり機能し、肌のターンオーバーも整っているので、毛穴の開きやたるみ、シミやシワといった肌トラブルのない美しい肌を保つことができています。

なぜなら野菜には、ビタミンやカテキン、ケルセチンといった抗酸化作用のある栄養成分、また、ターンオーバーを整えるミネラルや、腸の動きを正常化する食物繊維など、美肌作りに欠かせない成分がたくさん含まれているからです。

 

野菜に含まれる栄養素と肌への効果を紹介します

野菜に含まれる栄養素と、肌への効果をみてみましょう。

 

○ビタミンA 

紫外線などのダメージを受けた肌を修復し、健康な状態に保ってくれます。

ホウレンソウやニンジン、カボチャ、ピーマン、トマト、ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

ビタミンC 

抗酸化作用があり、肌のメラニン色素の生成を防ぎシミになるのを抑えてくれます。

ジャガイモやパプリカ、ブロッコリー、ピーマン、しし唐、芽キャベツ、パセリなどに多く含まれます。

 

ビタミンE 

血行を良くし、肌の新陳代謝を高めます。

アボカドやかぼちゃ、大根、モロヘイヤなどが豊富です。

 

カロテノイド 

抗酸化作用が強く、肌の細胞の老化を防ぎます。

パプリカ、トマト、ニンジン、ホウレンソウなどに含まれています。

 

ミネラル 

ターンオーバーを整え、肌荒れやシワの予防に役立ちます。

ブロッコリーアスパラガス、ホウレンソウ、キャベツな度に多く含まれています。

 

野菜が不足しがちな場合の対策は?

外食などで食事が偏って野菜不足を感じたら、足りない栄養素をカバーできる方法を取り入れましょう

ビタミンやミネラルなど、さまざまなサプリメントが市販されていますので、そちらを摂取するのもいいでしょう。

ただし、過剰摂取には注意してください。

ジュースやスムージーで野菜の栄養素を摂るのも効果的ですが、糖分の取りすぎに気をつける必要があります。

また、ビタミンA配合の化粧水や美容液を使うこと、美容鍼灸で肌のターンオーバーを促すことなどでも、肌に良い効果をもたらすことができます。

特に美容鍼灸は肌の奥に直接働きかけ、肌の再生能力がアップするよう導くため、肌質改善も期待できます。

野菜をたくさん食べて肌に良い栄養素を取り入れ、不足した分を補いながら効率よく肌のコンディションを整えていきましょう。

 

■まとめ

きれいな肌には野菜の栄養素が必要です。

新鮮な野菜を食べることで栄養素をじゅうぶんにとり、体の内側からキレイな肌つくりを目指しましょう。

また、野菜を食べることと併せて、美容鍼灸も検討してみませんか?

美容鍼灸は、即効性も期待できます。ぜひ、体験してみてくださいね。