ソアン上前津治療院のご案内

ソアン上前津治療院のWEB予約

白斑の対処法と肌にいい食べ物と飲み物

目次

白い透明感のある肌を維持するために、美白化粧品を使っている方は多いと思います。
また、できてしまったシミを消したくて、毎日、刺激の強い美白化粧品を使っているという方もいるかもしれません。
しかし、一生懸命ケアを続けていたら「白斑ができてしまった」という方もいるようです。
今回は、肌に白斑ができてしまったときの対処法と、美白のためのスキンケア法について紹介します。

肌に白斑ができたときは医療機関で相談

肌に白斑ができてしまったら、まずは、医療機関で相談しましょう。皮膚科を受診することをおすすめします。
また、コスメを使ったことが原因で肌に白斑ができたと考えられる場合は、そのコスメをどのくらいの期間使ったのかなども医師に伝えてくださいね。
あなたに合った治療法を検討し、治療を始めてくれるはずです。

美白化粧品で白斑ができる原因

なぜ美白のための化粧品で肌に白斑ができてしまうのでしょうか。
肌に白斑ができる原因として、ロドデノールが有名です。

ロドデノールには白斑ができる可能性がある

ロドデノールという成分は、白樺の樹脂から抽出した天然物質に由来するものです。
化粧品会社が開発し、平成20年、厚生労働省が医薬部外品として承認しました。

しかし、このロドデノールが含まれる化粧品を使うと白斑ができる可能性があると言われています。

すべての美白化粧品に白斑ができるわけではない

すべての美白成分で白斑の症状が出るわけではありません。
美白化粧品で白斑ができてしまうのは、美白成分ロドデノールが原因といわれています。

美白成分にはさまざまな種類がありますが、ロドデノールと似た化学構造の美白成分として、ハイドロキノンというものがあります。
ハイドロキノンが配合された化粧品は10年以上使われていますが、ロドデノールのように白斑の症状は報告されていません。

ですから、必要以上に美白化粧品を恐れなくても、安心して使用できる成分の美白化粧品はたくさんあります。

トラネキサム酸

シミや肝斑の改善や予防に効果が期待でき、多くの美白化粧品に配合されています。
メラニンを作り出すメラノサイトに働きかけて、シミの生成を抑制、肝斑の改善に役立ちます。
色素沈着によるシミ予防やニキビの症状を和らげる効果も期待できます。

ビタミンC誘導体

メラニン生成の抑制だけではなく、血行を良くするビタミンEの活動を助けます。
さらに内側から肌を支えているコラーゲン生産の促進、活性酵素の除去など、さまざまな効果が認められています。

アルブチン

チロシナーゼというメラニンを生成する酵素の働きを阻害する作用により、過剰なメラニン生成を抑制します。
また、シミやソバカスを防ぐ効果が期待できます。

肌に良い飲み物

日頃から水分をたっぷりとることは、肌を保湿し、乾燥から守る効果が期待できます。
しかし、ジュースなど甘い飲み物は肌に良くありません。
今回は、肌に良い飲み物ついて紹介します。
いつもの飲み物を、肌に良い飲み物に変えることで、美肌に近づくことができるでしょう。

どんな飲み物が肌に良いのか。含まれる成分や作用も紹介

身近な飲み物の中にも、肌に良い飲み物はたくさんあります。
今回は、その中でも2つの飲み物を紹介します。

緑茶

日本人に馴染み深い緑茶には、実は、抗酸化作用のあるポリフェノールなど、肌に良い成分がたくさん含まれています。
抗酸化作用とは、肌老化の原因となる活性酸素を抑える作用のことです。
つまり、緑茶は、肌の老化を抑える美肌に効果的な飲み物なのです。
ただし、緑茶にはカフェインが含まれています。
飲みすぎに注意しましょう。

ルイボスティー

最近よく目にするようになったルイボスティーですが、こちらも肌に良い美容成分がたくさん含まれています。
ミネラルも豊富に含まれており、抗酸化作用の強いビテキシンやイソボテキシンという成分も含まれています。
注目すべきは、シミやシワなど、老化の原因となる活性酸素の働きを抑える成分「スーパーオキサイドデムスターゼ」が含まれているところです。
また、ルイボスティーはノンカフェインなのも魅力です。

要注意。肌に良くない飲み物もあります

砂糖がたくさん含まれている炭酸飲料やジュースは肌に良くないので、あまり飲まない方が良いでしょう。
甘いカフェオレやラテにも砂糖はたくさん含まれています。
カフェオレなどの甘い飲み物は、リラックスしたいときや、落ち着きたいときに飲みたくなりますよね。
しかし、飲みすぎるのは肌に良くないので、1日1杯程度にとどめて、あとはお水やお茶にすると良いでしょう。

肌に一番いい飲み物はお水

お水には、緑茶やルイボスティーに含まれているような美肌成分は含まれていません。
しかし、肌に一番良い飲み物は「水」です。
なぜ、お水が肌に良いのでしょうか。

肌のターンオーバーを正常に保つ

肌細胞には多くの水分が含まれます。
しかし、水分が足りなくなってしまうと肌の構造はすぐに崩れてしまいます。
また、ターンオーバーによって角質細胞が剥がれ落ちるときにも、下層の若い細胞の保護のために水分が必要です。
この働きに使われる水分は、化粧水などの外側からのスキンケアで補うことができません。

つまり、ターンオーバーを正常に保ち、美肌の基礎を作るために水はとても大切な役割を果たしているのです。
一日の生活の中で、適度に水分補給をするようにしましょう。

血流が良くなり栄養が届きやすくなる

水をたくさん飲むと、血液量が増え水分濃度も高くなるため、血液がサラサラになります。
すると、血流がよくなり、血液の中の栄養素や酸素が肌に届きやすくなり、結果、肌荒れ防止にも役立ってくれます。
一方、水分不足だと、血流が悪くなり栄養や酸素が肌に行き渡らなくなるので、肌荒れを引き起こす原因になります。

名古屋で美容鍼をお探しなら

治療院名 ソアン上前津治療院
所在地 〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須4-13-13 上前津レクティ1F
TEL 052-243-4900
受付時間 10:00~19:00
休診日 日曜、祝日
URL https://soin-kamimaezu.com/

ブログの関連記事一覧