美容の話になるとよく耳にする「くすみ」ですが、どんなものかわからない方は意外とたくさんいるんです。

実はくすみには種類があって対策方法も異なります。自分がどのくすみタイプなのか把握して対策していきましょう。

ここでは、くすみのタイプ、原因、対策方法を紹介していきます!

 

あなたはどのタイプ?くすみの種類を知ろう

くすみには種類があります。ここでは4タイプに大きく分けてみました。あなたがどのタイプに当てはまるかチェックしてみましょう。

 

血行不良タイプ

肌が青黒く、目の下に青いくまができやすい傾向にあります。血行不良を放っておくとくすみ以外にもしわやニキビなどの肌トラブルも現れる可能性があります。

血行を促進することが大切です。しょうがやネギなどの体を温める食べ物を食べたり、ストレッチやマッサージなどの運動を取り入れたり。ストレス解消をしてリラックスすることも血行促進につながります。

 

メラニンくすみタイプ

メラニンくすみタイプは、日焼けをした褐色色にくすみます。紫外線のダメージや過剰な摩擦が原因になります。紫外線だけでなく、物理的なダメージをあたえてないか思い返してみましょう。

UV対策は必須です。日焼け止めや帽子をかぶるなどの対策を忘れずに!マッサージのしすぎなど物理的なダメージはメラニンを活性化させるので注意が必要です。

 

乾燥くすみタイプ

乾燥くすみタイプは、肌に透明感がなく、灰色っぽくくすみます。また毛穴やシワが目立つ傾向にあります。

お肌が乾燥してしまっている状態なのでうるおいを与えてあげましょう。エアコンによる乾燥、間違ったスキンケアなど乾燥の原因となるものは控えて。スキンケアは保湿を重点的に、水分をいっぱい摂ることも忘れずにしましょう。

 

ターンオーバー乱れタイプ

ターンオーバー乱れタイプは、角質が溜まり、肌が厚くなってしまっている状態。加齢によってもターンオーバーは遅くなりますが生活習慣も大きく関わってきます。

食生活や睡眠、運動など全体的な生活習慣を改めましょう。バランスよく食べて、規則正しい生活がくすみ予防につながります。

このようにくすみのタイプによって対策方法も異なってきます。自分がどのくすみタイプなのか把握して予防していきましょう。もし、自分がどのタイプかわからない、なかなか解消されない、という方は美容鍼を利用しましょう。美容鍼は血行促進、ターンオーバーを正常化する効果が期待できます。すると肌本来の力がはたらき、くすみ改善につながります。

 

まとめ

くすみと言ってもさまざまなタイプがあることがわかりました。あなたはどのタイプでしたか?タイプや原因をしることで自分に合った対策・予防方法が見つかるので覚えておきましょう。

お困りでしたら美容鍼もぜひご利用ください!ソアン治療院ではお客様一人ひとりのお悩みに寄り添い優しい治療をご提供致します!

おすすめの記事