STAFF BLOG

2021年1月08日

気になるほうれい線の原因とは?たるみと乾燥を美容鍼で予防しよう|名古屋

歳を重ねるとほうれい線気になってきますよね。ほうれい線が出てくると一気に見た目年齢が上がってしまいます。

そこで今回は、ほうれい線の原因と対策方法を紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ほうれい線が目立つ原因は頬のたるみと肌の乾燥

ほうれい線は、鼻の端から唇の端を繋ぐ左右の線です。よくおばあちゃんのイラストを描くときにこのほうれい線を引きますよね。実はこのほうれい線、誰にでもあり、ほうれい線が深くなって目立つことで老けて見えてしまいます。

 

なぜほうれい線が目立ってしまうのか、原因を解説していきましょう。まずは、頬がたるんでくるためです。顔にも足や腕と同様に筋肉がありますが、加齢と共にだんだんと衰えてきます。すると頬を支えることができず、頬のたるみが出てきます。そして、頬がたるんで下がることでほうれい線が目立ってきてしまうのです。

 

次に肌の乾燥が挙げられます。一見、乾燥はほうれい線に関係ないと思いがちですが、肌に潤いがないことで折り目のようにほうれい線がついてしまいます。乾燥していない肌は折り目がついても元に戻りますが、水分のない乾燥肌はそのままの状態に跡をつけてしまいます。

 

ほうれい線は生活習慣と美容鍼で予防して

ほうれい線を目立たせる原因を知ったところで対策を考えていきましょう。

まずは、頬のたるみを予防しましょう!顔の筋肉は使わないとどんどん衰えていきます。顔の中でも口元はよく動かすものですが、横に動かすことが多い傾向にあります。ですから口をすぼめて前に動かすトレーニングをしましょう!口を「う」の形にすぼめて前に突き出します。5秒ほどキープしてそれを5回繰り返しましょう。毎日少しでも意識してやるとトレーニングになりますよ。

 

次に肌の乾燥を予防します。食事や睡眠不足、紫外線、間違ったスキンケアなどが原因で肌が乾燥します。まずは生活習慣を見直してみてください。バランスの良い食事を摂り、規則正しい生活が美肌の秘訣です。また、日焼け止めなどの紫外線対策、刺激の強すぎないスキンケアを心がけましょう。肌をゴシゴシこすったり、暑いお湯で洗顔をするだけで肌はダメージを受けてしまうので注意が必要です。

 

最後に美容鍼もおすすめです。美容鍼は、肌自体に微細な刺激を与え、肌細胞を活性化させます。そして自己修復や免疫反応を引き出すことで血行が良くなります。

 

すると新陳代謝が活発になり、美肌には必須の肌のターンオーバーを正常化させてくれるのです。化粧水や美容液のように外側からのアプローチではなく、内側からキレイになっていくことができます。また、お肌の専門家が施術するので悩みを相談しやすく、安心して任せることができます。

 

まとめ

ほうれい線が一度気になると鏡を見る度に気になってしまいますよね。これ以上ほうれい線が深くなってしまう前に生活習慣の見直しや顔のトレーニング、肌の乾燥予防を心がけましょう。そういったセルフケアと共に美容鍼の施術も受けるとより良い効果が見込めるはず。ぜひソアン治療院にお任せくださいね!