STAFF BLOG

2020年12月08日

小顔になるためのダイエット自分にあった方法とは?|名古屋 

顔の小さいには憧れるものですよね。どれだけ頑張ってダイエットしても、顔が痩せるのは最後そんな風に思っている人はいませんか? 

 

顔の大きさが気になるといっても、その理由は人それぞれです。自分にあった小顔ダイエットをすれば、顔痩せはそんなに難しいことであありません。 

 

むくみタイプ

 

朝起きた時に、特に顔がはれぼったく感じる人はこの『むくみタイプ』です。

特にまぶたの腫れぼったさが目立つ場合が多く、昼ぐらいになるとだんだんとスッキリした顔になってくるのが特徴です。 

 

むくみの原因は、リンパの流れが悪いことが原因です。顔のリンパ液は首を通って全身に流れていきます。つまり首や肩のコリを解消することは小顔への第一歩です。 

 

食事をするときによく噛む、よく笑う、姿勢を正す、足を組まない、これらは首や肩のコリを軽減につながる行動です。日頃から気をつけて過ごすようにしましょう。 

 

たるみタイプ 

 

年齢を重ねてくると、だんだん頬の位置が下がってきます。これは顔だけの問題ではありません。頭皮が凝り固まってしまうことで、顔の皮膚を引っ張り上げる力が弱まってしまうのです。

たるみが気になる人は、側頭部(耳の上あたり)のコリをほぐしてあげましょう。 

 

4本の指を使って、側頭部を上方向に細かくマッサージします。だいたい2分間程度、特に固いと思う部分は重点的にマッサージしてあげるのがおすすめです。お風呂でじっくりマッサージするといいですよ。 

 

歪みタイプ

 

眉の高さが左右で違っていたり、口角が片方だけ下がっていたりする人は『歪みタイプ』の可能性があります。 

 

食事をするとき、いつも同じほうばかりで噛んではいませんか?

また人よりも早食いだと指摘されることはありませんか?心当たりがある人は、顔の骨が歪んでいるという場合があります。 

 

よく噛んで食べることは、顔の筋肉が発達し、顔のコリをほぐす役目を果たしています。

咀嚼を片側でしか行わないと、片方の筋肉だけ発達してしまい、顔が歪む原因になるのです。食事をする際は、なるべくよく噛んで食べるようにし、右側で噛んだら今度は左というように、左右バランスよく噛むようにしましょう。 

 

まとめ 

 

小顔を目指すのは特に難しいわけではありません。毎日の習慣を見直し、ちょっと気を付けて過ごすようにすれば改善されることも多いのです。 

 

しかし、やはり自分ではどうすることもできないという場合は、一度ソアン治療院に相談ください。

ソアン治療院の美容鍼は数をたくさん打って治すわけではありません。なるべくお客様の負担にならないよう、限られた本数で治療を行います。鍼治療をしたあとでも、痛みや内出血を最小限に抑えるためです。 

 

小顔を目指したい人は一度ご相談ください。