艶メイクという言葉があるように、艶のある肌美しいですよね。若いころはそんなに艶なんて気にしなかったのに、大人になるとメイクでも艶のある肌を作りたいという人も多いものです。 
 
そんな肌艶、実は毎日のスキンケアでつくることができるって知っていますか?メイクに頼らずに、本当の肌艶を手に入れたいですよね

 

艶があることのメリットとは?

 

艶がある女性は素敵!と言いますが、なぜそう思われるのでしょうか。

 

そもそも肌艶とは透明感やうるおい、ハリなどがある血色のい肌の総称です。

つまり肌艶がある人は体が健康であり、常に自分の体に気を遣っているという象徴にもなります。

ついつい夜更かししてしまったり、食べ物の好き嫌いをしていては肌艶がいい人になることは難しくなってしまいます 

 

肌艶がい女性は、ほかの人から見れば憧れの女性というわけです。 

 

肌艶は肌のスキンケアが重要 

 

メイクでつくる艶は、マットなファンデーションにハイライトで光沢を出すなど、人工的に作り出すものです。

しかしハリがあり血色のいい肌であればメイクに頼らずともくすみや色ムラは自然にカバーされます。 
 
つまり肌艶を手に入れたかったら、毎日のスキンケアで水分と油分をしっかり閉じ込めることが大切なのです。

とくに30歳を過ぎると、急激に肌の弾力性が低下すると言われています。なるべく肌の内側からしっかりとケアするよう心がけるようにしましょう。 

 

肌のざらつきを取り除く 

 

せっかく高い保湿力のあるスキンケア用品を使っていても、肌の表面がざらついていては艶感表現することはできません。まずは余分な角質をとってなめらかな肌を手に入れることが大切です 

角質を除去するために、肌の負担が大きいケアをする必要はありません。酵素洗顔や炭酸パックなどを使えば、肌の表面が滑らかに生まれ変わります。

炭酸パックをしながら10分ほどゆっくりとお風呂に浸かって温まることで、冷えの解消にもつながりますよ。 

 

まとめ 

 

艶肌は一晩で手に入れられるものではありません。毎日の入浴タイムを自分の美への投資時間だと考えてゆっくりお手入れするのがいいですね。 

 

そしてときには自分へのご褒美として、プロの手によるケアをプレゼントしてあげてはどうでしょうか。

ソアン治療院では肌艶を手に入れるための美容鍼灸を行っています。いろいろなメニューを取り揃えていますので、一度ホームページをチェックしてみてくださいね。わからないことはお気軽にご相談ください。 

おすすめの記事