STAFF BLOG

2020年10月07日

年中肌が乾燥しているなら内側からのケアを念入りに

年中肌が乾燥していると、肌の元気がなく鏡を見るたび気持ちが落ち込んでしまいませんか?

肌の乾燥は、すべての肌トラブルの元凶とも言われていますから、なるべく肌が乾燥しないようにしなければいけません。

そして、乾燥肌の改善にはスキンケアも大切ですが、内側からのケアとても大切です

今回は、年中肌が乾燥している方におススメの「内側からのケアについて詳しく解説します。

 

肌が乾燥しているなら食生活を見直そう!

体の内側から乾燥をケアするには食生活がとても大切です。

乾燥肌の改善が期待できる成分と、それらが豊富に含まれている食材を紹介します。

 

〇タンパク質

タンパク質は細胞の原料になる大切な栄養素で、しっかり摂ることで元気な細胞ができ肌のバリア機能を正常化します。

バリア機能が整うことで肌の水分が逃げにくくなるので乾燥しにくい肌作りができます

卵や乳製品、お肉、魚などに多く含まれています。

 

〇必須脂肪酸

脂肪酸と聞くと太りそうなイメージを持ちませんか?

ですが必須脂肪酸は肌の細胞膜を作る身体に必要なもので、体に良い脂肪なので安心してください

細胞膜を作ることでタンパク質同様に、肌のバリア機能がアップします。

必須脂肪酸はオメガ3系とオメガ6系に分かれています。

オメガ3系はイワシやサバなどの青魚、オメガ6系はコーン油や大豆油に多く含まれているので効率的に摂取してくださいね。

 

〇亜鉛

亜鉛は必須ミネラルの1つでターンオーバーの正常化など担う成分です。

肌のターンオーバーが遅れると、古い角質が肌の上に残った状態で化粧水の浸透が悪くなります。

そして元気のない乾燥した肌になり、パサついた印象を与えます。

牡蠣やレバーなどの亜鉛が豊富な食材を食べることでターンオーバーが正常になり、元気な肌へ近づくことができるでしょう。

 

年中肌が乾燥しているなら内側からのケアと併せて美容鍼灸もおすすめ!

年中肌が乾燥しているなら、食生活の見直しと併せて、美容鍼灸を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

ソアン治療院の美容鍼灸は、肌の内側に直接アプローチすることができる施術なので、年中肌の乾燥で悩んでいるという方におススメです。

食事でのケアと併せておこなうことでより効果的ですので、試してみてはいかがでしょうか。

 

■まとめ

内側からのケアを念入りにおこなうことで、「年中肌が乾燥している」という悩みの改善に効果が期待できます。

しかし、セルフケアではなかなか効果が実感できない場合もあるでしょう。

そのようなときは、ソアン治療院の美容鍼灸を検討してみてくださいね。

年中問わず気になる乾燥肌。美容鍼で肌質改善しよう!

「お肌がカサカサする」「化粧のりが悪い」など乾燥肌ならではのお悩みはありませんか?

お肌が乾燥していることにより、紫外線の影響を受けやすくなったり摩擦が起こりやすくなるのでシワにつながる原因ともなります。

 

乾燥肌って?

よく乾燥肌・脂性肌・混合肌に分けられますよね。

乾燥肌はバリア機能の低下とターンオーバーの乱れがお肌に現れた状態です。

肌の弾力性が失われ皮膚がカサつく、お風呂上りにお肌がつっぱる、お化粧の粉がふくなどお肌のターンオーバーが正常でなくなると乾燥肌となりこのような症状がでてきます。

一度ターンオーバーが乱れてしまうと新しく生まれかわる細胞も未熟なものとなり悪循環となるので乾燥肌もなかなか治りません。

また、アレルギーや気温の差、紫外線など乾燥は年中おこりえます。

肌荒れが起こりやすくなるとストレスも感じ、そのストレスもホルモンバランスを乱したり血管を収縮しやすくなり乾燥肌を引き起こす原因となります。

 

まずは美容鍼でターンオーバーを正常化へ

ご自身で生活習慣を見直すことはとても大事です。しかしお肌のターンオーバーをより気軽に早めたいですよね。

そんな時には「美容鍼」がオススメです!!

美容鍼をすることによりご自身の細胞にわざと微細な傷をつけ、内側から保湿成分を作っていきます。

お肌のターンオーバーを正常化することはもちろん、内側から保湿されることにより普段ご自身でされているスキンケアが浸透しやすくなります。

美容鍼をすれば高いスキンケア用品・長時間のお手入れをしなくても手軽に潤いのあるお肌へと導くことができます。

 

食生活も見直しを

乾燥肌の原因は身体の内側にもあります。

乾燥肌の方にとても大事なことは「たんぱく質をとる」ことです。

お肌のバリア機能の役割を果たす天然保湿因子(NMF)の約半分を占めるのがたんぱく質を構成するアミノ酸です。また、コラーゲンもたんぱく質の一種です。たんぱく質不足になるとお肌のバリア機能の低下、コラーゲンなどの保湿成分の減少と乾燥を引き起こしやすくなります。

毎日の食生活の中で意識的に摂取するよう心がけていきましょう。

〔たんぱく質を多く含む食品〕

肉類・魚類・卵・大豆などなど

 

まとめ

乾燥肌でお悩みの方は良いスキンケア商品を使ってみたりいろんなことを試されたと思います。

しかし乾燥を防ぐには生活習慣や食生活の見直しがとても重要になっていきます。そこにプラス月2回の美容鍼のメンテナンスでターンオーバーが正常化されていきます。

乾燥肌でお悩みの方はぜひ一緒に改善していきましょう。