STAFF BLOG

2020年9月30日

顔の歪みがすごい!なんとか自力で改善する方法はある?

鏡を見るたびに左右の目の大きさが違っている、口が開いているなど顔の歪みがすごい!と、気になることはありませんか?

また、日常生活を送っている最中、眼鏡がずれるということはないでしょうか。顔の歪みがすごい状態だと、眼鏡がずれてしまう方もいるようです。

今回は、顔の歪みがすごい!という悩みのお持ちの方に向けて、自力で解決する方法を紹介します。

 

顔の歪みがすごい!なんとか自力で改善する方法はある?

鏡を見てみたら「顔の歪みがすごい!」というようことがあると、びっくりしてしまいますし、コンプレックスになってしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし原因はいろいろあるため、誰でも顔が歪むことはあり得ます。ですから、顔の歪みがすごい!と感じたら、改善のための対策をしていきましょう。

 

〇日常生活の「癖」に気をつける

顔の歪みの原因として、加齢によるものもありますが、頬杖をつく、食べ物を片側の歯だけで噛む、足を組んで座る、荷物を同じ側の肩にかけるなど、日常生活の「癖」が挙げられます。

加齢は誰にも止められませんが、まずは日常生活の癖を見直し、その癖をやめるようにしましょう。

 

〇マッサージやトレーニングをする

筋肉が衰えると、皮膚が下がり顔の歪みの原因になります。

ですから、下がっている側は念入りに、頬の筋トレやマッサージをしましょう。

 

〇毎日続けることが大切

顔の歪みがすごい!という状況を改善するためには、癖をなおすことや、マッサージや筋トレをするなど毎日継続することが大切です。

 

■顔の歪みがすごい人はソアン治療院の美容鍼灸で改善しませんか?

顔の歪みがすごい!という状況を改善するためには、日々の努力も必要ですが、自力でのケアではなかなか効果が実感できない場合も多いいでしょう。

 

そこで、ソアン治療院の美容鍼灸をご紹介します。

ソアン治療院には顔の歪みがすごいという悩みをお持ちの方も、たくさんいらしています。

国家資格を保有した鍼灸師が、あなたの悩みの改善に向けてサポートします。

たくさんの方が、満足できる効果を実感されていますよ。

あなたも試してみませんか?

 

■まとめ

鏡を見て「顔の歪みがすごい」と気づくと、驚いてしまいますし、何とかして治したいと思う方も多いと思います。

顔の歪みは加齢によるものもありますが、多くは日ごろの癖が原因になっています。

ですから、噛み癖や姿勢が悪いなどの生活習慣がある方は、それらの癖を改善するように心がけましょう。

また、ソアン治療院の美容鍼灸に頼るという方法もあります。

あなたの顔の歪みに最適な方法で、プロが施術をします。痛みも少ない方法ですので、安心してお越しになってみてくださいね。

ソアン治療院の美容鍼灸については、ホームページもご覧になってみてください。

顔の歪みがひどい!考えられる原因を2つ紹介!

頬の高さや幅、フェイスライン、顎、目の高さなど左右で位置が違っているという方は思いのほか多いのではないでしょうか。

「顔の歪みがひどい」というのはコンプレックスになりますし、早く改善したいですよね。

実は、「顔の歪みがひどい」という状態になるのには、原因があります。

 

今回は、顔の歪みの原因を2つ紹介します。思い当たる節がある方は、改善していくようにしましょう。

 

顔の歪みがひどい原因【骨のズレ】

顔の歪みには骨が関係していて、骨の歪みが顔の歪みに繋がっています。

 

〇頭蓋骨

頭蓋骨がズレていると、繋がっている顔の骨もズレ、顔に歪みが出るようになります。

頭蓋骨はたくさんの骨が集まってできていて、骨同士の結合部分である「縫合」が歪むことが頭蓋骨のズレの原因とされています。

セルフケアで頭蓋骨のズレを改善するのはなかなか難しいので、プロの手を借りて改善するのおすすめです。

 

〇骨盤

全身を支えている骨盤がズレると、顔の歪みだけでなく全身の歪みを引き起こします。

・足を組む

・片足立ちをよくする

・出産経験がある

このような日々の癖や出産などが骨盤のズレを招きます。

そのため、癖をなおす、骨盤を閉めるストレッチをするなどして姿勢を良くすると、顔の歪みの改善につながります。

 

〇背骨のズレ

腰から首を支えている背骨のズレも顔の歪みと関係があります。

猫背の方やずっと同じ体勢で座っている、背骨のズレを引き起こしやすいので、普段から意識してまっすぐにするようにしましょう。

そうすることで、顔の歪みも改善されます。

 

〇顎

顎の骨がズレると、顎やフェイスラインが歪みます。

・食いしばり

・歯ぎしり

・片方の歯でばかり食べ物を噛む 

このような癖がある方は、顎の骨がズレている可能性があります。

癖を見直し、骨がズレないように気をつけましょう。

 

顔の歪みの原因【筋肉の衰えやハリ】

顔の歪みは筋肉関係しています。

 

〇筋肉の衰え

筋肉が衰えることで、顔の歪みが気になるようになってきます。

例えば目の周りの筋肉が衰えることで、まぶたや目の下の皮膚が下がってきます。

そのときに左右の下がり方に差が生じることで顔が歪んでいると感じるようになります。

手に「利き手」があるように顔もよく使う筋肉左右差があります。

特に物を食べるときに使う咬筋は、よく使う歯のほうの咬筋が発達し、反対側は衰えていきます。

顔の筋肉を動かして鍛える、普段使っていないほうの筋肉を動かすようにするなどで、顔の歪みの解消を目指せます。

 

〇筋肉の張り

筋肉が張っていると、顔の歪みを感じることがあります。

よく愛想笑いをする方や、常に声を出す仕事をしている方など顔の筋肉を頻繁に使う場合は筋肉が凝り固まって張った状態になり左右の張りに差があることで顔の歪みを生じさせます。

顔のマッサージや美容鍼灸などを利用して、コリをほぐしてあげましょう。

 

■まとめ

顔の歪みは日々の習慣や癖が関係しています。

それを改善するだけで、顔の歪みの改善にも繋がります。

顔が歪むような癖がある方は、さっそく癖を治すように心がけましょう。

また、顔の歪みがひどい!という場合は、ソアン治療院の美容鍼灸を頼ってみてください。

きっとご満足いただける施術を提供させていただくことができると思います。