STAFF BLOG

2020年8月25日

肌に良いビタミンとは?おすすめの摂取法も紹介します

乾燥やくすみ、吹き出物などの肌荒れに悩んでいませんか?

肌荒れに悩んでいるという方は、栄養のバランスが崩れているのかもしれません。

肌の悩みはビタミンをしっかりとって改善しましょう。

今回は、肌に良いとされているビタミンを紹介します。

 

肌に良いビタミンはABC

ひとくちにビタミンと言ってもいろいろありますが、それぞれ役割があります。肌に良いビタミンの種類とその働き多く含まれている食品を紹介します

 

○ビタミンA

ビタミンAは、肌の潤いを保つ働きと新陳代謝を促す働きがあります。

にんじん・ほうれん草・牛レバー・豚レバー・うなぎなどに多く含まれます。

 

○ビタミンB2・ビタミンB6

ビタミンB2肌のターンオーバーを助け、ビタミンB6はタンパク質の合成をサポートする栄養素です。

イワシ・サンマ・卵・納豆・アボカド・バターなどに多く含まれます。

 

○ビタミンC

ビタミンCはシミ・そばかすを防ぎ、肌のハリを保つコラーゲンの合成を助ける働きがあります。

ブロッコリー・ゴーヤ・いちご・キウイフルーツ・みかんなどに多く含まれます。

健康なを手に入れるために、日頃からバランスのとれた食事を心がけましょう。偏りなくいろいろな食品を摂取してくださいね。

 

肌におすすめのビタミンABCの摂取法

ビタミンの栄養効果を最大限に取り入れるためには、ビタミンの性質によって摂取法に注意が必要です。

○脂溶性と水溶性のビタミンの特徴

ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂取すると吸収されやすくなります。

ビタミンBとCは水溶性のビタミンで、尿と一緒に排泄されやすい性質があります。少量ずつこまめに摂取するのが効果的です。

○ビタミンC逃さない野菜の調理法

 

・大きめに切る

・ゆで時間は短く

・水にさらさない

 

ゆでるよりもレンジを使う、蒸す、油で炒める方がより多くのビタミンCをとることができます。

ビタミンCは水に溶け出す性質があるので、スープにして、スープもしっかり飲むようにすれば無駄がありません。

 

きれいな肌に必要なのは栄養バランス!

栄養バランスのとれた食事は、きれいな肌を保つための基本です。

また、肌に良いビタミンを意識的に摂取するとともに生活全般を見直してみましょう。

睡眠は十分とれていますか?ストレスは溜まっていないでしょうか?適度な運動も必要です。継続していくことで効果は徐々に現れてきます。

肌質改善で即効性を期待するならプロの手を借りてみるのも良いかもしれません。

国家資格を持った鍼灸師による美容鍼灸は、痛みが少なく安心して受けられる話題の美容法です。美容鍼を使って肌の再生能力を上げ、肌質改善を目指しています

 

■まとめ

肌に良いビタミンとして、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC紹介しました。

ビタミンには、それぞれに特徴があり、脂溶性・水溶性の性質によっても効果的な摂取方法があります。食事からとるのが一番ですが、足りない分はサプリメントを利用するのも良いでしょう

そして、美容鍼灸を併用すれば、さらに状態の良い肌に近づけます