顔のたるみを対策するためには何をしたらいいの?

「最近、なんだか前よりも顔のたるみが気になってきたけれど、どんな対策をしたらいいのだろうなど、たるみの対策について悩んでいる人はいませんか?

今回は、顔のたるみに効果が期待できる対策方法を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

■顔のたるみ対策にはマッサージと筋トレを試してみよう

顔のたるみの対策では、顔だけでなく、首や胸骨など周りに詰まった老廃物を流し血行を良くすることが大切です

 

頭皮全体や側頭部をよくほぐす

額のキワから耳の周り、顎を通って鎖骨までをマッサージする

首の後ろ側の付け根から肩までをほぐす

 

このようにマッサージをすることで、顔のたるみの対策に効果が期待できます。

顔周りの血行を良くすることと併せて、顔の筋トレをするのもおススメです。

目を大きく開き、口をゆっくり限界まで開けて5秒キープし、今度は口をすぼめて筋肉を顔の中心に寄せるようなイメージで5秒キープします。

このように、ストレッチによって表情筋を動かすことは、顔のたるみの引き締め対策に役立ちます。

 

顔のたるみ対策には睡眠と食事の見直しも大切!

顔のたるみの原因のひとつに睡眠不足があります。

しっかり睡眠をらなかった場合、成長ホルモンが正常に分泌されず肌のターンオーバーが乱れ、コラーゲンなどの美肌成分の減少を引き起こします。

そのため、顔のたるみの対策として規則正しくしっかり眠ることが大切です。

質の良い睡眠をとることで、自律神経や免疫能力も整えられます。

また、魚や肉類卵など、良質なタンパク質摂ることで、肌の弾力アップを目指せます。

 

顔のたるみを対策するには美容鍼灸もおススメ!

新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促進させる美容鍼灸も、顔のたるみ対策としておすすめです。

美容鍼灸は肌の再生能力をアップさせて、ピンとハリのある肌へ引き戻してくれる効果が期待できるのです。

また頭に美容鍼を打つことにより、たるみ頭皮から引き上げられます。結果、顔のたるみの改善にも役立ちます。

 

たるみには紫外線対策も必須!

紫外線は肌の美容成分であるコラーゲンやエラスチンを壊してしまい、たるみの原因になります。

そのため、たるみには、毎日の紫外線対策が必須です。

そして、紫外線は年中降り注いでいるので、顔のたるみの対策には、夏場だけではなく一年を通して、紫外線対策を徹底しなければなりません。

また、乾燥して水分量を失ってしまった肌はハリや弾力が衰えます。

ですから、肌をしっかり保湿するためのスキンケアも、毎日欠かさずおこなうようにしましょう。

 

■まとめ

たるみの対策方法について紹介しました。

日々の睡眠や食事、紫外線対策は、ハリのある若々しい肌をキープするために、とても大切です。

また、生活習慣や紫外線対策と併せて、美容鍼灸も取り入れていくと、より効果的なたるみの対策ができます。

美容鍼灸に興味を持たれた方は、ソアン治療院のホームページもご覧になってみてくださいね。

年齢とともに気になりだす顔のたるみは、日々の予防を怠るとどんどん進行してしまうかもしれません。

若々しい肌が遠のいてしまい、手遅れになることがないように、顔のたるみはしっかり予防しましょう。

顔のたるみを予防するための4つの方法を紹介!

■顔のたるみを予防するには紫外線ケアを徹底することが大切!

顔にダメージを与え、たるみの大きな原因になっているのが紫外線です。

特にUV-Aという紫外線のダメージを受けることで「光老化」が起こり、たるみやシワの原因になります。UV-Aは一年中降り注いでいますので、季節を問わず年間を通して予防しなければいけません。

外出時には日傘や帽子、日焼け止めを塗り紫外線対策をしましょう。UV-Aは窓を通して家の中でも影響していますので、外出しないときでも日焼け止めを塗りましょう。

 

■顔の筋肉を鍛えることもたるみの予防につながります!

表情豊かな人は顔がたるみにくいということがわかっています。

つまり、顔の筋肉を動かす表情筋を鍛えることが、たるみの予防につながるのです。

口を大きく「あいうえお」と開けるストレッチ

目を見開き、左右上下に動かすストレッチ

舌を大きく出して上下左右にゆっくり動かし、頬周りの筋肉を鍛えるストレッチ

このようなストレッチを日々の生活に取り入れることで、たるみを予防することができるでしょう。

 

■糖化を防ぐことが顔のたるみの予防につながる

40歳を過ぎた頃から、糖がタンパク質と結合する「糖化」という現象が起き、老化タンパク質が作られ、これがたるみの原因になると言われています。

炭水化物や、ジュースやお菓子などの甘い物はなるべく控え食事をする際にはまず野菜から食べ、よく噛んでゆっくり食べるようにすると糖化の防止につながります。

糖化は美肌にも大敵ですが、骨粗しょう症や生活習慣病を引き起こす要因にもなります

普段から糖化を予防するようにすると、たるみ予防としてだけでなく、健康維持にも役立ちます。

 

美容鍼灸で肌の自己修復力をアップさせる!

効率的な予防法として美容鍼灸もおすすめです。

肌を支える美肌成分のコラーゲンやエラスチンは、紫外線や生活習慣、加齢により、徐々に自分で作り出せなくなっていきます。

美容鍼灸では、鍼で肌に微細なキズをつけることで、自己修復の力を引き出し、肌の再生能力を高めます。もちろん、そのキズが悪影響を及ぼすことはありません。

また、電気を流すナチュラル美容鍼、普段使っていない表情筋に刺激を与えることで、顔のたるみを予防できます

 

■まとめ

今回は顔のたるみを予防する4つの方法を紹介しました。

日々の生活習慣やケアを見直し、キュッと引き締まった若々しく美しい肌を保てるよう心掛けていきましょう。

おすすめの記事