STAFF BLOG

2020年8月24日

野菜をたくさん食べる人は肌がきれいってホント?根拠はある?

野菜が肌にいいことは周知の事実で、実際、野菜をたくさん食べる人は肌がキレイですよね。

しかし、どのような栄養素が、どのように肌に働きかけているのでしょうか。

今回は、なぜ野菜をたくさん食べる人は肌がキレイなのか、その根拠について解説します。

 

野菜をたくさん食べると肌がきれいになる根拠とは

私たちの体にもともと備わっている抗酸化物質(アスコルビン酸や尿酸やメラトニン)は、年齢を重ねるにつれて少なくなっていき抗酸化作用が衰えると肌の老化が進みます。

しかし、野菜を積極的に食べている人は、抗酸化作用がしっかり機能し、肌のターンオーバーも整っているので、毛穴の開きやたるみ、シミやシワといった肌トラブルのない美しい肌を保つことができています。

なぜなら野菜には、ビタミンやカテキン、ケルセチンといった抗酸化作用のある栄養成分、また、ターンオーバーを整えるミネラルや、腸の動きを正常化する食物繊維など、美肌作りに欠かせない成分がたくさん含まれているからです。

 

野菜に含まれる栄養素と肌への効果を紹介します

野菜に含まれる栄養素と、肌への効果をみてみましょう。

 

○ビタミンA 

紫外線などのダメージを受けた肌を修復し、健康な状態に保ってくれます。

ホウレンソウやニンジン、カボチャ、ピーマン、トマト、ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

ビタミンC 

抗酸化作用があり、肌のメラニン色素の生成を防ぎシミになるのを抑えてくれます。

ジャガイモやパプリカ、ブロッコリー、ピーマン、しし唐、芽キャベツ、パセリなどに多く含まれます。

 

ビタミンE 

血行を良くし、肌の新陳代謝を高めます。

アボカドやかぼちゃ、大根、モロヘイヤなどが豊富です。

 

カロテノイド 

抗酸化作用が強く、肌の細胞の老化を防ぎます。

パプリカ、トマト、ニンジン、ホウレンソウなどに含まれています。

 

ミネラル 

ターンオーバーを整え、肌荒れやシワの予防に役立ちます。

ブロッコリーアスパラガス、ホウレンソウ、キャベツな度に多く含まれています。

 

野菜が不足しがちな場合の対策は?

外食などで食事が偏って野菜不足を感じたら、足りない栄養素をカバーできる方法を取り入れましょう

ビタミンやミネラルなど、さまざまなサプリメントが市販されていますので、そちらを摂取するのもいいでしょう。

ただし、過剰摂取には注意してください。

ジュースやスムージーで野菜の栄養素を摂るのも効果的ですが、糖分の取りすぎに気をつける必要があります。

また、ビタミンA配合の化粧水や美容液を使うこと、美容鍼灸で肌のターンオーバーを促すことなどでも、肌に良い効果をもたらすことができます。

特に美容鍼灸は肌の奥に直接働きかけ、肌の再生能力がアップするよう導くため、肌質改善も期待できます。

野菜をたくさん食べて肌に良い栄養素を取り入れ、不足した分を補いながら効率よく肌のコンディションを整えていきましょう。

 

■まとめ

きれいな肌には野菜の栄養素が必要です。

新鮮な野菜を食べることで栄養素をじゅうぶんにとり、体の内側からキレイな肌つくりを目指しましょう。

また、野菜を食べることと併せて、美容鍼灸も検討してみませんか?

美容鍼灸は、即効性も期待できます。ぜひ、体験してみてくださいね。