STAFF BLOG

2020年8月24日

透明感がある肌とは…どのような肌のことを言うの?

透明感のある肌という言葉は、肌を褒めるときによく耳にします。

しかし、具体的に透明感のある肌とは、どのような肌のことを言うのでしょうか。

今回は、透明感のある肌とは、どのようなのことを言うのか、透明感のある肌になるためにはどのようにしたらいいのかについて紹介します。

 

透明感のある肌とは…具体的にどんな肌?

透明感のある肌とは、みずみずしさがあって、白さが際立つ肌のことを言います。

 

みずみずしい肌とは?

肌がしっかりうるおっていてかさつきやベタツキがなくキメ整ったのことを言います。

逆に、肌が乾燥してカサカサしていたりくすんでいたりすると、透明感がない肌」と表現されますよね。

さらに毛穴の目立ちや血色の悪さも、肌に透明感を感じさせなくなる原因になります。

このようなことから、透明感のある肌に見せるには、肌のうるおいがとても大切です。

 

白さが際立つ肌とは?

色白で、日焼けやくすみなどがなくつややかな肌のことを言います。

もともとの肌の色も関係しますが、紫外線対策や乾燥対策をしっかりしていて、睡眠や食生活などの生活習慣がきちんとしている人の肌はくすみがなく、つややかで透明感があります。

 

■透明感のある肌になるためにはどうしたらいい?

透明感のある肌になるためには、のようしたらいいのかについて紹介します。

 

○洗顔やクレンジングは擦らず丁寧に

肌に汚れが残ったままだとくすみや色素沈着、肌荒れの原因になります。

しかし、汚れが残らないように…と思い、強く擦ってしまうと摩擦シワやシミの原因になります。

とくに目の周りの皮膚は薄いので強く擦らないようにしましょう。

 

○保湿で肌にうるおいを

保湿を徹底している人の肌はとてもキレイです。

その証拠に、保湿を徹底するだけで肌の透明感はぐんとアップします。

乾燥肌はくすみやごわつきが目立ち、キレイな肌とは程遠くなります。肌が潤う自然にツヤのある肌へと導かれます。

肌の水分が蒸発しないように乳液やクリームも適切に使用してくださいね

 

○栄養バランスの良い食事

栄養バランスのとれた食事は透明感のある肌を作るための土台になります。

栄養バランスの良い食事を意識するだけで老化防止や血行促進、整腸作用の効果が期待できます。

肌の透明感を育むためには外側からのケアも大切ですが、それらと同じくらい食事による内側からのケアも重要です。

 

○美容鍼灸で肌透明感をUP!

顔に鍼をさすだけで本当に透明感のある肌になれるのかと思う人もいるかと思いますが、美容鍼灸は顔に直接鍼を刺して肌細胞を刺激することで、肌本来の潤う力を引き出し、コラーゲンの生成を促進します。

また、肌のターンオーバーを整える効果が期待できるので、古い角質や老廃物の排出がスムーズになり、くすみが徐々に改善され透明感のある肌へ近づきます。

 

■まとめ

透明感のある肌とは、うるおいがあってくすみがない、みずみずしい白い肌のことを言います。

スキンケアで保湿を心がけることや、普段の食事を意識することで、透明感のある肌へと近づけますよ。

また、美容鍼灸も併せておこなうと、より早く肌への効果を感じられるでしょう。

毎日コツコツとケアをするのは大変!少しでも早く透明感のある肌になりたい!という方は、ぜひ、ソアン治療院で美容鍼灸を体験してみてくださいね。