STAFF BLOG

2020年8月24日

肌は睡眠によってつくられる!? 質の良い睡眠をとるには?

「寝る子は育つ」「寝ないと老ける」という言葉があるくらい、睡眠は美容と健康に密接な関係があります

睡眠不足が原因で、肌荒れやくすみ、クマなどに悩まされていませんか?

どうすれば質の良い睡眠をとることができるのでしょうか?

肌の健康に睡眠が大切な理由と質の良い睡眠を手に入れる方法を解説します。

 

睡眠の大切な関係

睡眠中は成長ホルモンが分泌され、疲労の回復と傷ついた組織の修復が行われています。そして、成長ホルモンは新陳代謝を促し、肌のターンオーバーにも重要な働きをしています。

睡眠不足が続くとターンオーバーのサイクルが乱れて、肌荒れやシミ、くすみの原因になりかねません。肌の調子を整えるためには、質の良い睡眠が必要です。

安定した睡眠には、メラトニンが関係しています。

メラトニンが夜間にしっかり分泌されると質の良い睡眠を手に入れることができます。メラトニンを増やすには、朝一番に太陽の光を浴びるようにするといいですよ。

 

質の良い睡眠とはどんなもの?

睡眠時間の長さよりも、ぐっすりと深い眠りを得られているかどうかが重要です。

 

・朝目覚めたときに、スッキリした気分で起きられる

・朝から疲れているということがない

・お腹が空いていて朝ごはん楽しみに感じる

・気分が上向きでの調子も良い

・ぐっすり眠れた!と実感できる

 

質の良い睡眠がれていると、肌の状態も良くなりますし、一日元気に過ごすことができますよね。

もし、体が重く感じられ、日中眠気に襲われるようであれば、睡眠足りてないのかもしれません。

 

肌に良い睡眠とるにはどうしたらいい?

リラックスして眠りに入っていけるように、工夫してみましょう。

 

入浴は眠る90分前までに

お湯に浸かって一度体温を上げた後に、深部体温が下がるとスムーズに眠れるでしょう。

 

着心地の良いパジャマに着替える

Tシャツとスエットパンツなどの部屋着がパジャマ代りという方も多いようですが、専用のパジャマに着替える、脳睡眠スイッチが入るということもあります。「寝る前には部屋着からパジャマに着替える」という習慣をつけたほうが、よく眠れるようになるかもしれません。

 

部屋を暗くして眠る

明かりをつけたまま眠ると眠りが浅くなる可能性があります寝る直前までスマートフォンやパソコンを見ているのも眠りを妨げる原因になります。

 

寝る前に悩まない

ベッドに入ってから難しいことを考える、悩み事を思い出して悩む…というのは、なるべく避けましょう。

 

■まとめ

睡眠不足が続くと肌のターンオーバーが乱れ、肌荒れやシミ、くすみの原因になります。

睡眠は時間の長さよりも質が大切ですから、リラックスして眠れるような環境を工夫しましょう。

ソアン治療院では、肌質改善が期待できる美容鍼灸を提供しています。

肌の悩みがある方は、ぜひ、ソアン治療院にお越しくださいね。