STAFF BLOG

2020年8月24日

美顔になるにはとにかく保湿!保湿ケアはきちんとしていますか?

美顔になるための肌ケアで一番大切なのは保湿です。

今回は、正しい保湿の方法について紹介します。

 

 

美顔のための保湿ケア!あなたは正しくできていますか?

美顔になるための基本と言われている保湿ですが、なたは正しい保湿ケアをしていまか?

 

クレンジング

まずは、肌の汚れをきちんと落とすことが大切です。

そうしなければ、肌の汚れが毛穴を防いでしまうため美顔からは遠のいてしまいますし、せっかくの化粧水や美容液の成分が浸透できません。

肌に負担をかけないクレンジングで、肌についている汚れや皮脂優しく落としましょう。

メイクを落とすクレンジング剤と皮脂や汚れを落とす洗顔料は目的が違うので、一緒と考えずきちんと分けて使用するようにしましょう。

 

〇化粧水・美容液・乳液の使い方

化粧水で肌を整えた後に乳液を塗り、最後に美容液を重ねる人もいますが、この方法だと肌の保湿が保たれないことがあります。

乳液やクリームは、肌から水分が逃げださないようフタをするものなので、化粧水の後に美容液を塗ってから最後に使うようにしましょう。

 

スペシャルケアで保湿アップ!

日々の保湿ケアに加えて、リンパを流すマッサージや美容鍼灸などのスペシャルケアで肌を活性化させましょう。

美容鍼灸は、肌に潤いを与えて肌質改善にも繋がる働きが期待できます。セルフケアによる保湿にプラスすることで、肌の保湿力が高まり、美顔へと近づけます。

 

■美顔に忍びよる肌トラブルのもとは乾燥

湿度の低い秋冬だけでなく、頻繁にエアコンをつける夏場まで、乾燥による肌トラブルは一年中起こります。

年齢を重ねるにつれて肌の潤いが失われ、かさつきや小じわなどが気になるも多いでし

ょう。

シワやシミ肌荒れなど、さまざまな肌トラブル原因は「乾燥」と言われています。

 

健康な肌は水分が保たれていますが、その水分が抜けてバリア機能が失われることによって、紫外線などのダメージから肌を守り切れなくなってしまうのです。

また、加齢や紫外線の影響などによって肌のハリを保つエラスチンやコラーゲンも減っていくと、シワやたるみなどのトラブルが起こりやすくなります。

肌の乾燥を防ぐためには、高い保湿効果が期待できる化粧品を使うことだけでなく、食生活など、体の中からのケアも大切です。

 

■まとめ

肌ケアの基本は保湿です。

日々のケアを見直し、美顔へ一歩ずつ近づくための保湿ケアをしっかり行うようにしましょう。

また、自宅でできるスキンケア商品をもちいた保湿対策と併せて、美容鍼灸も取り入れていくのがおススメです。

ソアン治療院では、安心で安全、そして効果的な美容鍼灸を提供しています。ホームページもぜひご覧になってみてくださいね。