STAFF BLOG

2020年8月24日

美容鍼灸だけでは美顔になれない!食べ物も大切です!

美顔になるためには、美容鍼灸を用いた外側からのアプローチと併せて、食べ物に気を配るなど内側からのアプローチがとても大切です。

今回は、美顔のために積極的に取り入れていきたいオススメの食材を紹介します。

 

■美顔になれる食べ物3選!

美顔になるためには、特に栄養バランスが大切です。

積極的に摂取したい栄養素がバランスよく入っている食べ物を、3つ紹介します。

 

〇トマト

美顔に良い食べ物と聞いて、真っ先にトマトを思い浮かべた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

トマトの赤色は「リコピン」という栄養素でできています。

このリコピンには、とても強い抗酸化作用があり、これが内側からキレイになるための重要な要素となるのです。

もちろん身体に良いビタミンなども豊富に含まれているので、美顔になりたいというだけでなく、健康維持のために効率よく栄養を摂りたい方にもおすすめの食べ物です。

 

〇たまご

頻繁に摂取している方も多いと思いますが、たまごは、美顔のために良い食べ物の1つです。

タンパク質や脂質など細胞を作るのに必要な栄養素が多く含まれていますし、肌だけでなく、身体を構成するのに欠かせないアミノ酸がバランス良く含まれています。

そのため、たまごを食生活に取り入れることで、より美顔に近付くことができます。

あまり摂取していなかった…という方は、ぜひ、たまごを毎日食べるようにしてみてください。

 

〇ヨーグルト

美顔・美肌や美しい身体を作るためには、身体の内側…つまり内臓からキレイであることが望ましいです。

そのため、腸の動きを良くすることが大切です。

消化などで疲れてしまいがちな胃腸の動きを整えることで、にきびやくすみなど肌の悩みも改善されていきます。

整腸に有効なのが乳酸菌であり、乳酸菌を効率よく摂ることができるのがヨーグルトです。

また、ヨーグルトには乳酸菌以外にも、腸内及び身体を美しく保つために有効なタンパク質・ビタミンなどの栄養素が多く含まれています。

普段の食生活にも手軽に取り入れることができるので、美顔を目指す方はぜひ召し上がってくださいね。

 

■美容鍼灸と食生活の見直しを併せておこなうのが美顔への近道!

食生活を見直すことで体内からの変化を実現するには、比較的長期間に渡って向き合うことが必要です。

しかし、すぐに効果が出ない肌改善を目指すのは気力が必要ですよね。

そこでおすすめしたいのが美容鍼灸です。

美容鍼灸によって外部から刺激を与えることで、さらに良い効果を実感することができるでしょう。

美顔を目指すには、食べ物だけでなく外側から刺激を受け、モチベーションを高めていくことも近道になります。

 

■まとめ

美顔作りには、美しい身体作りが必須です。美顔に良い!という栄養素を含む食べ物を毎日の食事にプラスし、栄養をバランスよく摂りましょう。

さらに美容鍼灸も取り入れることで、より早く美顔へと近づくことができます。美容鍼灸に関心をお持ちの方は、美容鍼灸ソアンでの施術も検討してみてくださいね。