STAFF BLOG

2020年8月24日

ワセリンを塗ると肌がきれいになるの?だれが使っても大丈夫?

ワセリンを塗ると肌がきれいになる…と聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか。

しかし、本当にワセリン肌がきれいになるのか、また、副作用などはないのか、だれでも使えるのかいうことが気になる方もいるでしょう。

今回は、ワセリンを塗ると肌がきれいになるのは本当なのか、また、だれが使っても大丈夫なのかについて紹介します。

 

■ワセリンを塗ると肌がきれいになるってホント?

結論から言うと、ワセリンを塗ると肌がきれいになるというのは本当です。

肌トラブルの根本的な原因は、肌の乾燥と言われています。そのため、高い保湿力のあるワセリンを肌に塗って乾燥を防ぐことは、シワやくすみ、ざらつきなどの肌悩みの改善に効果的と言えます。

 

■ワセリンって副作用はないの?どんな肌でも使える?

ワセリンを使用したことがない方は、「ワセリンには副作用はないのかな?私の肌に使っても大丈夫かな?」というようなことが気になると思います。

しかし、基本的にワセリンは赤ちゃんから大人まで使用することができ、副作用は出にくいと言われています。

ですから、安心して試してみると良いでしょう。

ただし、どのようなものでもそうですが、肌に合わない方もいるかもしれません。

また、ひとくちにワセリンといっても種類があり、純度の低い黄色ワセリンを選んでしまうと、肌にかぶれを生じる方もいます。

 

○ワセリンを選ぶなら純度の高いものを!

ワセリンには、黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトという種類があります。

黄色ワセリンは純度が低く不純物も多く含まれているので、肌が弱い方にはお勧めできません。

白色ワセリン、もしくはプロペトやサンホワイトを選びましょう。

 

○パッチテストをしてから使用

ワセリンは、副作用はなさそうだから…と、いきなり顔全体に塗ってしまうのは良くありません。

必ず腕や太ももの内側などでパッチテストをしてから、に使用するようにしましょう。

 

■ハリのある肌を目指したい人は美容鍼灸もおすすめ

美容鍼灸は、ハリのある肌を目指したい方たちの間で人気の美容法です。

美容鍼によって、肌にハリや潤いを与えることができ、たるみなどを改善する効果が期待できます。

ワセリンを塗る美容法も効果に期待が持てますが、それ以上の効果が欲しい、即効性を期待したいという方は、美容鍼灸も検討してみてはいかがでしょうか。

 

■まとめ

ワセリンを塗ると肌が保湿されるため、乾燥による肌トラブルを抑えることができ、キレイな肌を目指せます。

また、副作用も出にくく、質の良いワセリンを選べば、赤ちゃんから大人まで、肌が弱い人でも使用できます。

そして、ハリのあるきれいな肌を目指たい方には美容鍼灸という方法もあります。あなたの美容法の選択肢の1つとしてみてはいかがでしょうか。