STAFF BLOG

2020年8月19日

乾燥が原因の細かな小じわは美容鍼灸で改善を目指そう!

目じりや口元の小じわが目立つと老けて見える印象にもなるため、女性にとってはなんとかしたい肌トラブルの一つです。この小じわは、乾燥が原因となっていることが多いため、肌乾燥を解消する美容鍼灸で改善を目指してみてはいかがでしょうか。

 

乾燥による顔の小じわ

顔にシワが刻まれると、老けた印象を与えてしまうため、女性にとっては嬉しくはありません。特に、目元や口元に出来る細かな小じわは、乾燥によって引き起こされているケースが考えられます。

この乾燥は、肌表面の角層とその下の真皮のどちらかに問題を抱えていることが多く、特にセラミド不足が原因となってるケースが多いのです。セラミドが減少することにより、肌の水分が失われ乾燥しやすく、小じわができやすい状態になります。

セラミド不足を放置しておくと、さらに肌荒れの原因などにも繋がるため、セラミドを生成したり補給しなければならないのです。一般的には、セラミド配合のスキンケア用品を利用するなどを取り入れることが多いのですが、肌質改善するにも時間が掛かってしまう事や肌に合っていないこともあるので、美容鍼灸を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

美容鍼灸で肌質改善

乾燥肌は、バリア機能が低下することもあり、シミそばかすといった肌トラブルにも影響を及ぼすため、透明感のある明るい肌を保ち続けるためにも、まずは乾燥に対するケアが重要です。

そして、乾燥肌を改善させるためには、表皮の下の真皮で肌の弾力を支えているコラーゲンやヒアルロン酸エラスチンといった成分を生成する必要性があるのですが、基礎化粧品やサプリメントだけで補給したとしても肌に影響を及ぼすまでは時間がかかります。

そんな時こそ、人気の美容法でもある美容鍼灸を取り入れてみませんか。

美容鍼は、直接肌の真皮に刺激を与えることで、血流やリンパの流れをスムーズにし、コラーゲンやセラミドの分泌が進みターンオーバーが正常に行えるようになり、小じわやシミやそばかすなどの肌荒れ改善に繋がり、ハリのある潤った美肌を目指せます。

 

まとめ

乾燥肌によって生み出される小じわは、老けの象徴でもあります。

乾燥肌を抱えている状態では、化粧のノリも悪いですし他の肌トラブルを引き起こす原因にもなるため、肌質を改善させターンオーバーを正常にする美容鍼灸で、綺麗な肌質を作り上げていくことをオススメいたします。