STAFF BLOG

2020年7月30日

目の大きさが違うのはなぜ?小顔矯正で揃える目の大きさ

鏡を見ると、なぜか左右の目の大きさが違って見えることはありませんか。また、目の高さが揃っていないと言った悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。これらは、表情筋に問題を抱えているケースが多いのですが、小顔矯正で改善を目指せます。

 

表情筋の疲れや衰えで変わる目の大きさ

 

ハリのない肌の状態ですと、目元が垂れたり目の大きさが違うといった状況にもなり、老けた印象を与えてしまいます。頬が垂れるように目元の表情筋が弱まっている可能性があります。

 

また、現代人はパソコンやスマホを利用する時間が長くなり目を酷使することが増えていることや姿勢の悪さがもたらしていて、表情筋がコリ固まって目の大きさに違いが生まれてくるのです。また、年齢を重ねると表情筋も衰えてくるため、左右の目の大きさに差が生じてきます。

 

左右の表情で不均等が起きるのも、筋肉量の違いが生じアンバランスな状態になってしまうのです。右顔と左顔では多少の誤差があってもおかしくはないのですが、肌質のハリやたるみといった問題はまた別問題なのです。

 

表情筋を整えて顔をはっきりさせる

 

顔の表情筋は主に顔面の皮下に存在する筋肉です。筋肉を収縮させることにより、顔の表情を作り出しているのです。そのため、この表情筋のバランスが乱れていれば、顔のたるみや頬のたるみといった症状が現れます。

 

このような表情筋の疲れを解消するには、小顔矯正を取り入れることで改善を目指せます。顔のゆがみなどは、頭蓋骨のマッサージを取り入れることで、顔のバランスを整えていきます。

 

また、フェイスラインや輪郭にも影響を及ぼし、シャープですっきりした顔立ちへと変わっていくので、老けた印象を与えていた肌にも変化が起こり、自然な笑顔など喜怒哀楽の表情も上手に行えるようになるのです。さらに、美容鍼灸を取り入れることで、肌に潤いやハリが生まれ、美容・美肌効果への期待が持てます。

 

まとめ

 

表情筋の衰えは、目の大きさやフェイスラインのたるみなど顔のトラブルに繋がります。

年齢よりも老けて見られるなど、目の大きさが左右で違う場合には、表情筋の疲れやコリを解消しなければなりません。顔まわりのセルフマッサージは、強くやり過ぎればアザやケガに繋がる可能性もあるため、プロの施術師に頼ることをオススメします。

 

美容鍼灸ソアンの施術師は国家資格を保有するため、お客様の安全を確保した施術を行いますので、ご安心してスッキリ小顔と美肌を取り戻していくことができます。