STAFF BLOG

2020年7月30日

夏到来!夏バテご注意!美肌に影響を及ぼす紫外線対策

夏の季節がやってくると、冷房やクーラーの効いた部屋で過ごす現代人にとっては、夏バテを起こしやすくもなっています。そうすると、肌は乾燥しやすくもなります。また、外出すれば紫外線も強いため、シミやそばかすの心配もしなければなりません。注意が必要な夏の美肌対策についてお伝えします。

 

夏は危険がいっぱい!

 

女性にとっての夏は勘弁してと言いたくなるようなことが沢山あります。

まずは、夏バテ。日頃から運動をしている方であっても、日本の夏の暑さは熱中症・熱射病患者が病院に運ばれることが増える危険な季節となります。特に、現代の私たちの生活ではクーラーや冷房といった室内を冷やしている機械があるため、快適な暮らしを送ることができるのですが、一歩外に足を踏み出せばそこは灼熱の地獄にさえ感じる状況です。長時間買い物や観光地などを歩けば、汗も掻きクラクラしてくることもあるでしょう。

 

そうなると気になるのが紫外線。シミやそばかすを生み出す原因でもあります。

紫外線対策を行わずに出れば、瞬く間に肌は焼け、メラニン色素が多く溜まってしまい、美白とは真逆のこんがり小麦色のお肌になってしまいます。若いうちは、メラニン色素を分解する力があるため、肌が徐々に白く戻りますが、大人になると色素沈着しやすく、キレイな美白の肌に戻そうとしても苦労します。

 

また、夏場は暑さにより汗を掻きやすいため、メイクも簡単に剥がれ落ちていきます。

そうなれば、化粧直しを何度もするなど、地肌にものすごいダメージを与えることにもなります。スキンケアを怠るなどすれば、雑菌も増殖しやすく肌荒れにも繋がりますので、注意が必要です。

 

美肌を作る美容鍼灸

 

夏場になると、学生は夏休みだとハシャぎ、大人もお盆がくれば久しぶりの長期休暇です。そんな時期に、野外での時間を楽しむことは何も悪いことではありません。リフレッシュすることはストレス発散にもなり、汗を掻き代謝をあげ老廃物を排出するデトックスにもつながります。

 

ただし、はしゃぎすぎて生活習慣が乱れてしまえば、リラックスよりも健康面でのダメージの蓄積は身体にも肌にも悪影響であることを覚えておきましょう。

 

そんな時こそ、美容鍼灸での施術をご利用下さい。

身体に溜まった老廃物を排出し、自律神経や代謝をあげターンオーバーを正常に戻し肌の生まれ変わりに必要なコラーゲンやエラスチンといった美容成分の生成を促すことができ、美肌・美白効果を得られていきます。

 

まとめ

 

夏に外出すれば紫外線の猛威に肌はダメージを受けるため、日焼け止めクリームなどのアイテムが欠かせません。また、日傘などで日よけして極力肌に日差しが当たらない様にすることも大切です。そして、スキンケアなどで潤いを与えてあげなければ、将来的に肌トラブルにつながりますので注意しましょう。

 

そして、本格的に美肌や美白を目指したい方は、美容鍼灸ソアンの施術で体や肌の土台から作り直していきませんか!潤いやハリのある肌質に磨き上げていきましょう。