STAFF BLOG

2020年7月30日

メイクをしたまま眠らない!肌ダメージを改善する美容鍼灸

毎日の仕事が激務であれば、帰ってきてそのままベットに倒れ込み眠ってしまう事や、お酒を飲んで帰ってきてメイクを洗い流さず、すぐに眠ってしまう事はありませんか。この状況が肌荒れを引き起こしています。今回は、メイクをしたまま眠らない!肌ダメージを改善する美容鍼灸についてお伝えします。

 

メイクしたままは肌に悪い!

 

メイクは肌にコーティングを施している状況ですので、肌が呼吸や保湿ができない状況に陥るため、肌はダメージを受け続けている状況です。メイクをしたら必ず洗い流し、スキンケアしてあげることが肌にはとても大切な要素となります。

 

ですが、仕事で疲れていたり飲み過ぎてメイクも落とさずに眠ってしまう事が多々ある方は、肌荒れに悩まされる傾向が増えてしまいます。確かに、睡眠は体にも大切なファクターなのですが、肌荒れを防ぐためには肌をしっかりと休ませてあげることが重要なのです。

 

そのため、顔にメイクを施したままでは、ダメージを与え続けながら眠っていますので、肌は休むことはできません。また、寝ている間に出る顔の汗とメイクが混じり合うことで、雑菌が繁殖し肌荒れを助長させることにもなるのです。

 

肌ダメージを改善する美容鍼灸

 

メイクを取らずに眠ってしまうと、肌の新陳代謝も遅れ古い角質が残ったままになり、肌に悪影響しか与えませんので、必ず疲れていても、酔っ払っていてもメイクオフは最低でも行うことが大切なのです。

 

そして、肌の状態が荒れてしまった場合は、美容鍼灸で改善させることをオススメします。

そもそも、肌のターンオーバーの機能が乱れている場合には、肌をキレイに保つことが困難となり、肌のハリや潤いが失われている状態ですので、いくら高いスキンケア用品を取り入れたところで、肌質改善には時間が途方もなくかかってしまいます。

 

美容鍼灸は鍼で真皮に直接刺激することにより、コラーゲンやエラスチンといった肌にハリや弾力を与え、シワやたるみを改善させていくことに期待が持て、潤いある美肌を取り戻すことも可能となります。

 

まとめ

 

睡眠不足で肌が荒れることもありますが、メイクをしたまま睡眠することによって引き起こされる肌荒れもあります。女性にとって仕事場などにメイクをしないで出社するという選択肢が選べないからこそ、肌に優しいスキンケア対策を講じていかなければ美肌を保つことも難しくなります。自分で綺麗な肌質を保つことが出来ないや肌トラブルに悩まされている方は、美容鍼灸ソアンにご相談ください。