STAFF BLOG

2020年7月21日

眉間のシワを撃退!日頃からできるセルフケアとプロの手をかりた美容鍼で改善しよう

イライラしたり、目が疲れてくるとついつい寄せてしまう眉間のシワ。

その悪いクセが積み重なり、どんどん深く刻まれてしまいます。眉間にシワがあることで怒っている表情にみえてしまったりなど損をすることもあります。

 

皺眉筋(しゅうびきん)

前頭骨(眉弓の内側端)から眼窩上縁中央の上の眉の皮膚に付着している筋肉です。

眉毛を引き下げ内側に寄せる働きをします。つまり、両眼の間(眉間)に縦のシワを作る作用があります。

よく表情筋を鍛えろと言われますが、皺眉筋の作用を知ってお分かり頂けたでしょうか。この筋肉を鍛えてしまうとどんどん眉間にシワが寄りやすくなってしまいます。ですので「鍛える」ではなく「ほぐす」ことが大切なのです。

 

ツボ押しで皺眉筋を緩めよう

【攅竹(さんちく)】

位置:眉毛の内側の陥凹しているところ

ちょうど指がひっかかる場所になるので、両指で挟み込むような形で内側に向けて押すとズーンと痛気持ちいい所です。眼精疲労・ドライアイ・眼瞼下垂・瞼の浮腫・頭痛などにも効果のあるツボです。

 

【印堂(いんどう)】

位置:左右の眉頭を結ぶ線の中点

鼻根筋となりますが、ちょうど印堂の場所に眉間のシワが入る方も多いです。めまい・頭痛などに加え、鼻づまりや鼻症状に効果的なので花粉症に効くツボとしても使われています。

 

定期的にプロの力でメンテナンス

指での指圧と比べ、鍼では筋肉にダイレクトにアプローチすることができます。皺眉筋を鍼でほぐすことで眉間のシワをやわらげ、なおかつ眼精疲労も一緒に改善できます。

また、シワは乾燥・紫外線・肌の摩擦も大きな原因となってきます。美容鍼では気になっている眉間のシワに直接鍼でアプローチすることにより、その部分からコラーゲンなどの保湿成分が生成されぷっくらシワを目立ちにくくすることができます。

内側から保湿成分が作り出されることによって、普段ご自身で行っているスキンケアの浸透も高まるので、より乾燥対策もできます。

 

まとめ

眉間のシワに重要な皺眉筋。

普段から眉間のシワを寄せないよう意識したり、ツボ押しで筋肉を緩めていくことで深いシワになるのを防げます。プラス美容鍼の定期的なメンテナンスでより気になる眉間のシワは改善されていきます。

当院では美容鍼の施術はもちろん、ご自身では気づけない悪いクセやご自身でも日頃から簡単にできるセルフケアをお伝えしております。ちょっとした意識の持ちようで、劇的にお顔は変わっていきます。

眉間のシワを改善したい方、ご自身でのケアが分からない方はぜひ当院へお越しください。