STAFF BLOG

2020年6月14日

小顔矯正でほうれい線やたるみにむくみを改善しましょう!

小顔矯正でほうれい線やたるみにむくみを改善しましょう!

歳と共に深く浮き上がるほうれい線。老いの象徴的ともなるトラブルですが、3040代の女性でもほうれい線に気を付けなければなりません。意外に感じるかもしれませんが、むくみやたるみによって、ほうれい線が目立ってしまうことがあるのです。そんなほうれい線の原因は小顔矯正で改善させていきましょう。

 

ほうれい線の原因

エイジングケア世代にとって深刻な悩みとなる「ほうれい線」は、加齢によって浮かび上がってくるケースが大半ですが、実は若くしてほうれい線が目立つこともあります。

その原因を引き起こしているのが、お顔の「むくみ」や「たるみ」なのです。

また、ほうれい線はエイジングケア化粧品などでは改善が困難なのです。

ほうれい線を改善させるには、生活習慣の見直しが効果的になります。

そもそも、むくみの原因は暴飲暴食などで、塩分の摂り過ぎやアルコールなどの水分の取り過ぎといったことや、運動不足が起因となり引き起こされることが多いです。また、冷え性体質に悩まされる女性にとっては起こりやすい現象でもあります。ですので、まずは自身の生活習慣について見直してみることも重要です。

 

小顔矯正がほうれい線にも効果がある?

人間の体内には多くの水分があり、その水分の中には老廃物混ざっています。

この老廃物が、身体のお顔のむくみなどのトラブルを引き起こしているため、血液の流れ改善させ代謝を上げることで、不純物を体内から排出させることができます。

そうすることにより、お肌に影響を及ぼしフェイスラインがスッキリするや、まぶたや目の周りの老廃物流し出すことお顔が小さくなるといった効果への期待がもてるのが小顔矯正の一部になります

従って、小顔矯正でのリフトアップ効果やフェイスラインをシャープにするには、体内のむくみの原因となる、水分調整や代謝を向上させることで小顔にしていくことになります。ただし、小顔矯正は美容整形とは違うため、骨格が小さくなるやエラが無くなるといったことはありませんのでお間違えの無いように!

また、小顔矯正だけでなく美容鍼灸を取り入れ、お顔の真皮層へ直接アプローチすることで、肌のターンオーバーを正常にするためのコラーゲンやヒアルロン酸にエラスチンといった成分を促進する効果も得られるため、セットで受けることをオススメします。

 

まとめ

ほうれい線は、女性の敵であることに間違いはありません。綺麗でありたい、美しくいたい。そんな女性の願いを奪い去るほうれい線は、予防対策することが大切になります。

美容鍼灸や小顔矯正を取り入れ、正常な肌質を保てるように心がけてみてはいかがでしょうか。