STAFF BLOG

2020年5月20日

お顔の状態は体の状態を知る重要な手掛かり

美容鍼はお顔に鍼を刺していきたるみ、むくみの解消、肌質の改善、眼精疲労の解消など様々な効果を引き出します。

 

相手がどの様な状態なのかを調べたり、憶測を立てたりする表現に顔色をうかがうという言葉があります。

 

人の感情は目や口、眉毛などに動きとして現れるものなので人の気持ちを知ろうとする際は相手の顔を見て憶測を立てる、顔色をうかがうことも必要な場合があります。

 

ここで顔色をうかがうの顔色をもう少し深掘りしてみたいと思います。

 

人間の肌は通常は文字通り肌色をしていますがイライラしている時、激しく怒っている時などは顔色が真っ赤になったり、何かとても不安なことがあったり、恐怖を感じたり、極度の緊張状態になっている場合には顔に血色がなくなり青ざめたりとその時の心理状態や体の状態に応じて変化をするものです。

 

鍼灸などの東洋医学に望診という考え方があります。

 

望診とは患者の顔色や光沢を観察しそこから病気を見つけ出していく診察法のことです。

 

顔の各部分にはそれぞれに所定の臓器が割り振られています。

 

眉毛の間は肺、鼻は脾や胃、鼻の下は膀胱、など体の臓器の状態が現れやすい場所となっていて顔の状態からその人の体の状態までわかってしまうのです。

 

顔の色も体の状態を表すとても重要な要素です。

 

顔の色が青色の場合寒さ、痛み、血液、そして緊張や恐怖などの精神状態が関係していると言われています。

 

寒さにより血の巡りが悪くなり血の巡りが悪くなると痛みが起こります。

 

また血の回りが悪くなると筋肉を滋養することができなくなり筋肉の引きつりやこむら返りなどを引き起こします。

 

顔の色が赤色の場合は熱に関係しています。

 

血や気は熱によって巡りが良くなりますが熱が盛んになりすぎると上昇して顔が赤くなります。

 

イライラしやすい人や怒りっぽい人はこのタイプが多くん熱を鎮めることが必要になってきます。

 

顔の色が黄色の場合は体が虚してエネルギーがない状態や湿といい体内に水分が停滞している状態に関係しています。

 

体の隅々までに血や気をどどける運化という作用が低下してしまっているために水分が溜まりやすく、むくみなどにもつながりやすい状態となります。

 

顔の色が黒っぽい場合は体の内側が冷えている状態、水分が体内に多くなってしまっている状態の時に見られます。

 

体が冷えてしまっているため血を温養することができずに流れが悪くなり黒っぽくなります。

 

体の水分を調節している臓器は腎であるため顔が黒めな場合はこの腎が弱っている可能性も考えられ体の状態としては良くなく大きな不調につながる気をつけた方が良い状態です。

 

この様に顔は様々な体の状態を教えてくれる鏡でもあるため少し注意してみると体の不調を見つける手掛かりになります。