STAFF BLOG

2020年5月19日

コロナの影響を受けて大変な時期だからこそ鍼灸治療で免疫力をアップしましょう

鍼治療には様々な効果があります。

 

血流を増加させる働き、自律神経を整える働き、筋肉を弛緩する働き、免疫力をあげる働きなど様々な働きがあります。

 

今現在世の中は新型コロナウイルスによって大きな影響が出ています。

 

ウイルスに感染しないためにもマスク、手洗い、アルコール消毒の徹底、リモートワークなどの人との関わりを少なくし感染の拡大防止するなどの努力が行われています。

 

努力の成果もあり緊急事態宣言も解除され少しずつ通常の生活に近づきつつあります。

 

ウイルスに感染しないためにはその人個人の免疫力を向上させることも大切です。

 

コロナウイルスだけではなくインフルエンザ、風邪などの病気は免疫力が低下することによって感染しやすかったり、症状が悪化しやすかったり、また症状が長引いてなかなか回復しなかったりと免疫は体にとってとても重要な反応です。

 

体の免疫反応とはどの様な反応なのか、また鍼治療でなぜ免疫力が上がるのか。

 

免疫とは体内に侵入した異物から身体を守るために、攻撃するシステムを指しています。

 

風邪などのウイルスが体内に侵入すると、まずマクロファージが現場に駆けつけてウイルスの情報を集めます。

 

マクロファージは、そのウイルスの情報を免疫の司令官であるT細胞に伝え、 情報を受け取った司令官のT細胞は、殺し屋のキラーT細胞にウイルスに感染した細胞を探して破壊するように命令します。

 

次に、司令官のT細胞は、B細胞に抗体を作るように指令を出します。

 

指令を受けたB細胞は、そのウイルスに対抗する大量の抗体を作り出し、この抗体が補体と協力して、ウイルスに感染した細胞を破壊します

 

この様に人間の体には外部から侵入してきたウイルス、細菌などの異物に対してそれぞれの免疫細胞が役割を持って効率的にそして確実に異物に対処するシステムが作られています。

 

では鍼灸治療を行うとなぜ免疫力が上がるのか。

 

鍼刺激により血液中のT細胞、生まれつきの殺し屋で全身をパトロールしながら異物に対して攻撃するナチュラルキラー細胞を増加させる働きがあります。

 

またお灸による熱刺激はマクロファージの動きを活性化する働きがあります。

 

マクロファージとは体に入って来るウイルスや細菌などの異物に対して、異物を細胞内に取り込み、殺菌する働きである貪食をする作用があります。

 

この様な科学的な実験の結果から鍼刺激、お灸刺激ともに人間の免疫力を上げることにとても効果的であると言えます。