ソアン上前津治療院のご案内

ソアン上前津治療院のWEB予約

美容鍼を刺した場所が赤くなるフレア反応について。

身体や顔に鍼を刺した場合にその刺した周囲が赤くなってくるフレアという現象が鍼灸には存在します。

 

美容鍼でも治療後に鍼を刺したところが赤くなり顔に赤みがでたのではないか、症状が悪化しているのではないか、内出血ができてしまっているのではないか、と心配される方いらっしゃいます。

 

美容鍼を刺したところが急に赤くなったり、ピンポイントで赤くなってしまったら、初めての方だけでなく誰でもビックリされることでしょう。

 

このフレアという現象は、美容鍼を刺した後、しばらくしていれば赤みはすぐに消えていき痕になるということはありません。

 

ではなぜ美容鍼をさすとこのフレアという現象がおこるのか?

 

このフレアという現象は身体の働きの一つである反射反応の中の「軸索反射」というものによるものです。

 

通常皮膚に鍼を刺したり、お灸をしたりする刺激は皮膚の感覚を感じとる受容器で刺激を感じ取り、求心性神経を伝って脊髄の後角という場所に伝わります。

 

そこから脊髄を上昇していき視床という場所を経由して大脳皮質の感覚野とうい場所に伝わり感覚として認知します。

 

この脊髄や脳などを中枢というのですが感覚というものは皮膚などの抹消から神経を伝わって中枢に向かいそこではじめて痛い、熱いなどの感覚を感じるようになっています。

 

しかしこの感覚の中には、抹消から中枢に向かわず中枢を介さないで逆行性に伝わる刺激があります。

 

抹消から中枢に向かいのではなく軸索側枝という神経を通り再び抹消に向かってくるのです。

 

この反応を軸索反射というのですがこの軸索反射が起こるといろいろな反応が現れてきます。

 

軸索反射が起こるとその神経の終末からサブスタンスPやカルシトニン関連ペプチド(CGRP)などの物質が分泌されます。

 

これらの物質は血管の拡張作用、平滑筋の収縮作用、血管の透過性を上昇させる作用、粘液の分泌を亢進させる作用ななどがあります。

 

ここで美容鍼を刺した際に現れるフレアを思い出してほしいのですが、フレアは鍼をさした場所が赤く発赤する反応です。

 

そう、これは軸索反射による血管の拡張作用が起こり鍼を刺した場所の血流がとてもよくなっていることによる反応なのです。

 

美容鍼をしたことでフレアの反応がでているということは治療するべき場所にしっかりと鍼が刺さっておりその効果として血流がとてもよくなっているということの証なのです。

 

美容鍼の施術を受けて頂く際には、もちろん個人差によって、フレアの反応が出やすい人や出にくい人と、様々いらっしゃいますがフレアが見られた場合ではしっかりと効果が表れている反応なのだと思って頂けるといいとか思います。

美容鍼灸を受けた後に気を付けることはあるのか

せっかく美容鍼を受けたなら少しでも効果を出してより良い自分になっていきたいと思うのは誰でも当たり前のことだと思います。

 

では美容鍼を受けた後に自宅などで気を付けることはあるのでしょうか。

 

美容鍼の効果は様々ありますがその中の一つに血流を良くするという働きがあります。

 

この血流を良くするいうことは酸素と栄養素を体の隅々まで行き渡らたせ不要になった二酸化炭素や老廃物を吸収してくるという働きがあります。

 

血行が悪いとその機能が落ちてしまうため組織を滋養できなかったり、老廃物が溜まってしまうことにつながります。

 

美容鍼でせっかく体の血行が良くなったのならそれを少しでも長続きさせていきたいのですがそれにはいくつかのポイントがあります。

 

まず一つ目は施術直後の過度な飲酒は避けるということです。

 

摂取したアルコールというものは吸収された後血液によって運ばれます。

 

そこで美容鍼によって体の血流が良くなっているとアルコールがまわるのが早くなる可能性があります。

 

いつもと同じペースで飲んでいたら酷く酔ってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

またアルコールは肝臓で分解されます。

 

肝臓で分解されますが心臓・血管系・腎臓など、体のあらゆる器官に負担をかけてしまい、アルコールが血液を介して筋肉の中に入ると筋組織を硬化させ筋肉痛や筋力低下を引き起こす可能性があります。

 

施術後せっかく血行が良くなってより効果を出したいのにアルコールを分解するために大量の血液が肝臓などの臓器に流れて集まっていってしまうと美容鍼で血流をあげたい場所を上手く血流を上げることができずに本来出したい美容鍼の効果が劣ってしまう可能性があります。

 

しかしこれらはあくまで可能性でありアルコールを摂取することで必ずしもこのような反応が起きるというわけではありませんが注意する必要があるでしょう。

 

血行が良くなることでの注意はアルコールだけでなく激しい運動や長時間の長風呂なども同じことが言えます。

 

激しい運動をしたことによっていつもよりも体にだるさを感じたりが疲れを感じやすかったり、長時間の長風呂でのぼせやすくなったりする可能性もあります。

 

鍼灸治療は人間の自然治癒力を高める比較的副作用が少ない治療であると言えますが鍼灸をすることで体に変化を与えているということに変わりはないため、治療後は基本的にはいつもと変わらない日常生活を送ってかまわないのですがこのような反応が現れることもあるので理解をしているとより安全により効果を高く美容鍼を受けれます。

名古屋で美容鍼をお探しなら

治療院名 ソアン上前津治療院
所在地 〒460-0011
名古屋市中区大須4-13-13 上前津レクティ1F
TEL 052-243-4900
受付時間 10:00~19:00
休診日 日曜、祝日
URL https://soin-kamimaezu.com/

ブログの関連記事一覧