STAFF BLOG

2020年4月16日

コラーゲンやエラスチンを増やすなら美容鍼灸

美肌に必要なコラーゲンやエラスチンを増やすなら美容鍼灸

 

肌荒れや肌のたるみにシワが見つかれば、自身の老化を感じるなんてことは少なくはありません。新陳代謝が低下すれば、肌のハリがなくなり、肌トラブルなって表面上に現れてしまいます。今回は、美肌に必要なコラーゲンやエラスチンを増やすなら美容鍼灸がオススメな理由についてお伝えします。

 

美肌を作るのに必要な成分

 

人間の肌は、肌内部から水分の蒸発を防ぐための役割を担う表皮と、その下で肌の弾力などを維持する真皮、外からの刺激や保湿・断熱・エネルギーを蓄える皮下組織で構成されています。

 

そして、真皮では、美肌の成分となるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生成しています。コラーゲン・エラスチンのタンパク質の線維が網状に形成されていて、ヒアルロン酸がその間を埋めている構造となっているのです。

 

この3つの成分をつくり出す細胞が「線維芽細胞」とよばれています。

加齢や生活習慣の乱れに紫外線による光老化によって、真皮内の線維芽細胞の数が減ります。すると、コラーゲン・エラスチンを生成するスピードが遅くなり、肌のハリや弾力に潤いが足らない状況、肌のたるみやシワに肌荒れといった肌トラブルにつながっていくのです。

 

コラーゲンやエラスチンを増やす美容法

 

美肌を作る方法としてコラーゲンやエラスチンに有効とされているものは、化粧品や食べ物に肌再生医療や美容鍼灸が挙げられます。

 

このような中で、女性が最も手に入れやすい物は化粧品になるはずです。

透性のよい成分を配合して、線維芽細胞にアプローチするような商品開発が行われているので、価格は基礎化粧品にしては高く付きますが、自分の肌に合った商品をスキンケアに取り入れることは良いことです。ただし、浸透するまでには時間が掛かるので即効性が高いものではありません。

 

食べ物は、補助的なドリンクやサプリメントでコラーゲンを補う事、コラーゲンを含んだ食材を摂取するといったことになります。ただし、エラスチンは食事では摂取できないと言われていますので、サプリメントで摂取するしかありません。

 

肌再生医療は、自分の細胞を利用し、肌細胞の活性化と肌表面のハリや潤いが増し自然な若返りが期待できますが、費用は数十万から百万円以上と最新医療なため、料金も高い状況です。

 

そのため、効率よく効果を得られ価格も抑えられることで、注目されているのが美容鍼灸になります。顔に鍼を打つことで、皮膚の真皮層に、ダイレクトにアプローチすることでコラーゲンやヒアルロン酸にエラスチンなどの成分の生成を促進するだけでなく、血流が正常に戻り新陳代謝が活性化し肌のハリやツヤが戻り、フェイスラインのたるみ改善や、リフトアップ効果にもつながり注目を集めています。

 

まとめ

 

肌トラブルを解消するために、利用できる選択肢は沢山あります。

価格や時間など自身のプランに合った物を選びましょう。ただし、生活習慣の乱れを改善させなければ、どんな選択を行っても効果が半減してしまうケースは多々あります。

そのため、セルフケアでの改善は厳しいこともありますので、しっかりと皆さんの肌の状態に合わせてサポートしてくれるサロンなどのお店選びも重要となります。

美肌に安眠は大切!美容鍼灸で不眠・美肌改善を目指そう

 

ゴールデンタイムに寝ないと肌に悪いなんてことが、一時期雑誌やインターネットで取り上げられていて目にしたことのある女性は多いと思います。確かに美肌に安眠は大切です。今回は、美容鍼灸で不眠・美肌改善を目指す方法についてお伝えします。

 

質の高い睡眠について

 

肌のゴールデンタイム(22時~2時)に寝ていないと肌に悪いといったことが、ネットや雑誌で取り上げられ、一度は聞いたことがある女性は少なくはないのではないでしょうか。

 

実際には、睡眠に入る時間に関わらず「眠ってから3時間」がゴールデンタイムとされています。つまり寝始めてから3時間を、いかに深く質の良い睡眠が取れているのかが大切で、ホルモン分泌に重要な時間帯となります。

 

そして、人には自律神経と呼ばれる自分の意思とは関係なく刺激や情報に反応して体の機能をコントロールする神経があり、活動を促す交感神経と休息を促す副交感神経の二つの性質に別れます。

 

昼間などの時は興奮状態で交感神経が活発になっているため、快適な睡眠はとれません。夜に深酒や布団の中で悩み事などを深く考えてしまうと、交感神経が活発に働き深い眠りには付けません。また、睡眠ホルモンと言われる「メラトニン」が分泌されないと、質の高い睡眠をとることができませんので、睡眠前にPCやスマホをいじるなどブルーライトが原因で快眠できないといった状況になるため気を付けましょう。

 

そして、副交感神経が働きリラックスしている状態で睡眠することが、美肌や健康的な身体を作り出すには重要なポイントとなります。

 

不眠や肌質を改善する美容鍼灸

 

副交感神経が働いた状態で睡眠をとることで心拍数は落ち着いて、筋肉もゆるみ、血管もふわーっと広がっているので、胃や腸などの消化器系の動きが活発になり、栄養の吸収や老廃物の排出が促されます。この時間は、新陳代謝や疲労・ケガなどを修復し、健康的な身体を作り上げるメンテナンスの時間なのです。

 

そのため、不眠症や寝不足といった状態に陥りやすい方は、肌トラブルを改善しようと夜寝る前に丁寧にスキンケアやストレッチなどを一生懸命行っても効果は半減してしまうのです。

 

自律神経が乱れている以上、肌質改善や健康的な身体づくりは難しいため、美容鍼灸を利用して体質改善してはいかがでしょうか。美容鍼灸はお顔に鍼や灸を使い肌のハリやたるみを改善するだけでなく、血液の流れを改善し自律神経を整え、新陳代謝や自然治癒力を高め健康的な身体を作り上げる効果にも期待できます。

 

そして、睡眠の質が向上すれば、女性ホルモンも正常に働き、コラーゲンやエラスチンといった美肌に必要な成分も正常に生成されるようになっていくのです。

 

まとめ

 

睡眠の質が悪い。不眠症気味という方は、女性ホルモンや自律神経の乱れを鍼灸の効果によって改善しませんか。質の高い睡眠が取れるような体質に合った鍼灸施術で、体質改善のサポートを美容鍼灸ソアンでは行わせていただきます。