STAFF BLOG

2020年4月16日

美容鍼灸やエステサロンでウトウト!眠くなるのはなぜ?

美容鍼灸やエステサロンでウトウト!眠くなるのはなぜ?

 

美容鍼灸やエステサロンで施術を受けていると眠くなるといった方がいますが、なぜ眠くなるのでしょう。気持ちいいからもありますが、実際には自律神経の働きが影響しているからなのです。今回は、美容鍼灸やエステサロンでウトウト!眠くなる理由についてお伝えします。

 

自律神経の働き

 

美容鍼の施術中や施術後に眠くなるや寝ちゃったといった方が多いのには、理由があります。自律神経と呼ばれる神経が影響していて、自分の意志では働かない内臓の動きを調整したり、血圧をコントロールし生命活動を支えてくれるとても大切な神経なのです。

 

自律神経は、緊張時に働く交感神経と、リラックス状態時に働く副交感神経があります。交感神経が働いている状態では、血管は収縮し、心拍数は上昇、胃腸の活動は抑制され、活動的に行動できる体になります。副交感神経が働いている状況は、血管は拡張し、心拍数は減少し臓器が活発に働く状態です。

 

また、ストレスや生活習慣の乱れによって自律神経が正常に働かなくなれば、肌荒れなどのトラブルや血流が悪くなり老廃物が溜まりやすくなるといった状況に陥るのです。

 

施術中や施術後に眠くなる理由

 

美容鍼灸では、肌の状態を改善させるだけでなく、自律神経の働きを改善させる効果もあり、施術中は鍼によって副交感神経が優位になると血の巡りが良くなります。

すると、身体がポカポカとしてきて温かくなり、ストレスや疲れといった体への負担が解消され、リラックスしていき身体は休息状態に入るため、施術中や施術後に安眠に付くことができるといった状態になる方が多くいます。

 

そのため、美容鍼灸は肌トラブルを改善するだけでなく、自律神経のバランスが乱れ、イライラや不眠にめまいなどの不調を改善することもできるのです。

 

ですが、現代社会においてストレスや不安から逃れられる人はいません。

だからこそ、ストレスを受けても、解消できるようにすることが大切です。

自律神経が乱れていれば、肌トラブルや生活習慣を正しても体の状態が好転することはないため、自律神経を美容鍼灸の施術で整えていくことをおすすめします。

 

まとめ

 

人間の身体を無意識に正常に働かせてくれる自律神経が乱れていると、肌への影響や不眠症などのトラブルは改善されません。身体の内側から健康的にするためにも、美容鍼灸の施術で精神的なバランスを整えて、身体も心も綺麗にすることを目指してみてはいかがでしょうか。