STAFF BLOG

2020年4月16日

毛穴・たるみはゴルゴラインの前兆だった?美容鍼灸で改善

毛穴・たるみはゴルゴラインの前兆だった?美容鍼灸で改善

 

顔のたるみの一種であるゴルゴラインは、目頭から頬に沿って目立つラインが入ってしまい、老けた印象を与えるため女性にとってはなんとかしたいと願うのは当然です。今回は、毛穴・たるみはゴルゴラインの前兆だった?美容鍼灸で改善する方法についてお伝えします。

 

ゴルゴラインとは

 

ゴルゴラインは、ミッドチークライン・中頬溝と呼ばれ、シワというよりも、顔がたるむことで現れる溝なのです。目元や頬の皮膚、皮脂がたるんでいくと、顔靭帯(リガメント)がゴルゴラインの上にたまり、ゴルゴラインがよりヘコんでいるように見えてしまうのです。

 

ゴルゴライン自体は元々誰にでもありますが、それがなぜ目立つようになるのかという疑問を抱くのではないでしょうか。

 

まず、骨格的な要因で子供のころから目立つこともありますが、大人に成ると顔の皮下脂肪の量の分布によって急に目立つ様になるため、個人差もあります。

特に、パソコンを使うデスクワークが多い方やスマホをよく使う方は、眼精疲労によって、筋肉が支えている脂肪と皮膚にひずみが生まれゴルゴラインができてきます。

 

また、加齢によって引き起こされる老化現象のひとつですが、表情筋の衰えや毛穴なども関係し、顔の血流が悪くなり、栄養素や酸素が正常に皮膚に巡らなくなって皮膚がたるんでしまうことも原因とされています。

 

ゴルゴラインは美容灸で改善を目指す

 

ゴルゴラインを改善するには、表情筋の衰えを改善することや肌の弾力を取り戻さなければなりません。また、眼精疲労や頬の脂肪を解消させる必要性があります。

 

このような問題にもアプローチし改善を目指せるのが、美容鍼灸となります。

 

まず、表情筋の衰えに関しては、血流をアップさせ酸素や栄養素を巡らさせなければならないので、緩み過ぎている筋肉は引き締め、凝り固まっている筋肉はほぐしていきます。

また、眼精疲労や眼輪筋などの目の周りの筋肉の凝りを解消していき、筋肉を刺激し目の疲れをとることで、ゴルゴラインが出来にくい状況に仕上げていきます。

 

また、真皮膚を刺激することで、コラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力を保つための成分生成を促し、ハリや潤いを生み出し毛穴を小さく引き締めていくことで、ターンオーバーの乱れ・お肌のたるみ・お肌の乾燥・皮脂の過剰分泌を解消していきます。

 

このように、ゴルゴラインを改善するのにも、身体の不調な箇所を改善していかなければなりません。

 

まとめ

 

ゴルゴラインは、女性の顔年齢を老けさせる厄介なものです。

そして、その原因は顔の「たるみ」です。表情筋を使わない現代人ならではの衰えやすい箇所となりますので、たるみや毛穴の開きを改善し、肌にハリと潤いを取り戻していきましょう。

 

また、美容鍼灸だけでなく顔の表情を動かすセルフマッサージや表情筋トレーニングを併せて取り入れると効果も高まりますよ。