STAFF BLOG

2020年4月16日

ハリのある目元にするには?たるんだ目元を美容鍼灸で改善

上まぶたや目の下に目尻などの目元は、ハリが失われやすくたるんでしまい、顔のパーツで目立ちやすいため、女性の悩みにもなります。今回は、ハリのある目元にするには?たるんだ目元を美容鍼灸で改善する方法についてお伝えします。

 

目元のハリが失われる原因

 

顔の中でも目元は皮膚が薄く、皮脂腺も少なくいため乾燥しやすいデリケートなパーツとなっています。それにもかかわらず、目元の皮膚は、まばたきによって常に動かされています。ハリが低下する原因は、肌内部の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを生成するスピードが遅くなり減少することが起因となるのです。

 

また、紫外線が真皮まで達し刺激することにより、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えているのです。そのため、目元を守る簡単な予防策として、紫外線防止効果がある化粧品や日やけ止めを塗ったり、サングラスなどを掛けて紫外線から肌を守ることも大切です。

 

目元にたるみができれば、元のハリを取り戻そうと、保湿成分や美容成分が入った基礎化粧品でスキンケアを行うでしょう。しかし、それだけでは改善せずに諦めてしまう方もいらっしゃいますが、美容鍼灸を効果的に取り入れることでハリのある目元への改善も、しっかりと見込めます。

 

美容鍼灸で目元にハリを取り戻す

 

目元にたるみやシワがあると、年齢以上に見られるなどのデメリットがあるため改善したいと願う女性は少なくありません。また、フェイスマッサージやスキンケアだけでは、真皮にまで影響を与えることは難しいため、鏡を見るのさえ嫌になるといった状況を作り出してしまいます。そんなマイナスイメージばかりですと、意欲的になれないや自分に自信が持てなくなるといったことにもつながるので、早急な対応をした方がいいですよね。

 

そんな悩みを抱えた女性にオススメしたいのが、ネットや雑誌でも話題になっている美容鍼灸を取り入れることです。

 

美容鍼は、肌の真皮へとダイレクトにアプローチすることで、施術を施した箇所の細胞を傷つけ自己治癒力を促します。新陳代謝が滞っている真皮層を刺激することで、コラーゲンやエラスチンにヒアルロン酸などの生成力を高め、たるみを解消してくれます。

 

そして、美容鍼灸によって目の周りの血流が改善することで、肌にしっかり栄養を届けることができ、溜まっていた老廃物が流れむくみなどのトラブルも解消されていきます。

 

まとめ

 

目元のたるみは、加齢だけが原因ではなく、若い年齢でもアイメイクやメイク落としの摩擦が原因でも起こり得るトラブルです。目元の皮膚はそれほど薄いということを理解しておきましょう。また、このようなトラブルに困っている方は、美容鍼灸ソアンで美肌・美白効果を期待できる施術を体感してみてください。