STAFF BLOG

2020年4月02日

肌質を改善!電気を通す美容鍼灸には副作用や痛みはあるの?

 

ストレス社会の現代において女性の肌はボロボロ。朝目が覚めて鏡の前で愕然とした経験はありませんか。顔がむくんでいたり、ニキビや乾燥肌でメイクのノリも悪くなっている。そんな時は、美容鍼灸がおすすめ!

今回は、肌質を改善!電気を通す美容鍼灸の副作用や痛みについてお伝えします。

 

肌質を改善する美容鍼灸

 

日常生活において仕事や育児で忙しい女性の肌は、思っている以上にダメージを受けてボロボロなんです。今のままの生活を続ければ、近い将来に加齢と共にシワやシミといった問題も生まれてきます。

肌年齢や肌質といった女性が気になる問題は、しっかりスキンケアをしていても日常生活でストレスや不規則な食事など健康的な暮らしを送れていなければ、スキンケアの効果も半減。いくら高い化粧水や美容液を利用していても浸透しづらい状況で、肌の改善はあまり見込めません。

肌質の改善を目指すのであれば、美容鍼灸がおすすめです。

美容鍼灸は、針や灸を使用してツボを刺激し、血行を良くしたりリンパを効率的に流し老廃物を体の外に出す。そして、新陳代謝や自律神経を整え体の内から改善させることで肌質だけでなく内側からキレイになることを目的としています。

 

電気を通す美容鍼灸の副作用や痛みの疑問

 

美容鍼灸は、リフトアップ・小顔・たるみ・クマ・ほうれい線・シワなどの症状へアプローチできます。また、美容鍼の大きな特徴は身体の内側から改善し、健康的な肌質を作り上げます。

美容鍼の副作用についてお伝えしますと、好転反応と呼ばれる体の調子が良くなる前の一時的な症状が発生するため体調が悪くなることもあります。

しかし、この症状は血流やリンパの流れが良くなり老廃物などを排出しようと代謝が上がるためであり、一時的に全身に悪影響が発生することは、身体の正常な働きなのです。

副作用として挙げられる症状は、眠気・痒み・発熱・下痢気味・だるさなどが出ることもありますが個人差はあります。症状が出ても数時間~数日で代謝しデトックスされるので心配する必要はありません。

また、顔に何十本もの鍼を通している写真などを見ると痛そうに感じるでしょうが、髪の毛の細さ並みの超極細鍼を使用するので、皆さんが思っている以上に痛みはないのです。ただし、まったく痛みがないとは言えませんが、国家資格を保有している鍼灸師の技術が高ければ更に痛みは感じにくくなります。

 

まとめ

 

美容鍼灸による副作用は、身体が正常な働きを取り戻そうとする作用ですので症状が出たからと言ってあまり不安がらないでください。また、美容整形のような元の顔に戻らないや手術が必要になるなどの失敗はありません。症状が回復していく過程で、身体が治そうとする力が働いている時に起こる一時的な反応でので、健康的な身体や肌質を取り戻す大切な期間と考えましょう。