STAFF BLOG

2020年4月02日

小顔矯正の効果とリスク!美容鍼灸を併用して小顔と美肌

 

今話題の小顔矯正や美容鍼灸で得られる効果は女性を綺麗にしてくれるものです。

しかし、小顔矯正の効果やリスクを知らない方も少なくはありません。今回は、小顔矯正と美容鍼灸を併用することで得られる小顔や美肌の効果とリスクについてお伝えします。

 

小顔矯正の効果とリスク

 

小顔矯正といった言葉を雑誌やインターネットでも目にする機会が増えました。

なによりも、小さい顔立ちに憧れを抱く女性は少なくはありません。

しかし、顔の大きさを骨格より小さくするのであれば、美容整形で輪郭を削ってもらうしか方法がありません。顔を強制的にいじれば、顔は小さくなります。

しかし、手術の失敗リスクや薬の副作用にダウンタイムなどのケアをしなければなりませんので、お金もものすごくかかります。

また、身近なスキンケアで肌を整えたいといっても、手だけでは肌に浸透しても刺激できない皮膚の内部への影響はありません。外から塗る化粧水では、表皮に潤いをもたらすかもしれませんが、肌質の改善にまでは至りません。

リスクが少なくキレイを作り出す方法として現在注目されているのが、美容鍼灸や小顔矯正になります。左右の目や頬の高さや顔のむくみにたるみなどを取り除き、自律神経や血流を正常にするアプローチで、自身の骨格のなかで一番美しい顔立ちを生み出せるのです。

しかし、美容系サロンなどのお店の中には、医学知識のない無資格者が小顔矯正の施術を行っているケースがあります。施術者に技術力がない場合には、痛みを感じるや骨を傷つけるなどのリスクを伴う可能性もあるため注意が必要です。

 

小顔矯正と美容鍼灸の併用のススメ

 

女性が抱える悩みは多く、肌荒れ・シミ・肩こり・腰痛・冷え性・生理不順・乾燥肌などが挙げられます。これらの悩みを解消し、肌質まで改善を目指せるのが、美容鍼灸と小顔矯正になります。

小顔矯正を利用する方は、顔の左右がアンバランスで均整がとれず、美しく見えないと悩む方や噛み合わせが悪いなどのコンプレックスを抱いています。

美容鍼灸をご利用いただく方は、自律神経の乱れや顔のむくみにクマなど肌質の改善を目指しています。

この2つを併用することで、身体の内側と外側からキレイを目指すことができます。

 

まとめ

 

肌トラブルの元は日々のストレスなどから生じるため、生活習慣を改善する必要性も当然ですが、仕事や育児に恋愛で多忙な女性にとって簡単に改善を目指せるものでもないと思います。だからこそ、美容鍼灸や小顔矯正に頼り改善することも大切なのです。