STAFF BLOG

2020年3月30日

美容、健康のカギをにぎる!!腸内環境(2)

自分の腸内の状態を最も簡単に知る方法は便になります。
 
便秘であったり、便が硬かったり、柔らかかったり、においが強かったりした場合腸内環境がよいとは言えません。
 
では、腸内の環境を良くしていくにはどうしたらよいのか??
 
まずは食事をきをつけることではないでしょうか!
 
腸内環境の悪化の原因となる悪玉菌は肉類などのたんぱく質や脂肪分を好むという特徴があります。
 
また糖類などの甘いものは消化が非常に悪く、食べることにより血糖値があがると胃の運動も悪くなりやすいためあまりおススメはできません。
 
日ごろから動物性たんぱく質や糖類を多くとる食事をしていると消化が悪くなったり、悪玉菌にエサを与えているような状態となり腸内環境が悪化する原因になります。
 
そこで腸内環境を良くしていく善玉菌を増やす食事をしていくことが重要になります。
 
善玉菌を多く含んでいる食品として発酵食品があげられえます。
 
日本人は昔から和食をたべることで発酵食品をしっかり摂取し善玉菌を増やす食事をしてきました。
 
また善玉菌の栄養素となる食物繊維をしっかりとることも効果的です。
 
食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがあります。
 
水溶性の食物繊維は善玉菌のエサになり善玉菌の働きを活発にしてくれる働きがあり、不溶性のものは腸のぜんどう運動を活発にして腸内環境の悪化の大敵である便秘の予防に効果的です。
 
毎日の食事をできるだけ伝統的な和食に近いものに切り替えていくと自然と腸内環境はよくなっていきます。
 
腸内環境悪化の大敵である便秘ですがこちらは鍼灸で解消することが可能です!!
 
便秘に効くツボはいろいろあり様々な体の状態に合わせてツボを配欠していくのですがだれでも簡単に押せて効果性のあるツボを紹介しいます。
 
足三里・・・鍼灸の臨床では頻繁に使用される常用穴。膝のお皿の下の外側のくぼみから指4本したにあります。便秘以外にも様々な消化器系の疾に有効です。
 
天枢・・・おへそから指2、3本外側にある場所にあります。内臓全般の働きを活性化させるツボです。
 
大巨・・・天枢からさらに指2,3本下にいった場所にあります。慢性的な便秘の場合によく使用します。
 
腸内環境を整える大切さ、方法についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
 
腸内環境を整えることは美容、健康の維持、増進のためにもとても大切であり、そのお手伝いに鍼灸はとても効果的です。
 
食事などは毎日少し気を付ければできることなどもたくさんありますのでぜひ今日から実践してみてください。
 
ソアン上前津治療院 伊藤

 

いつもソアン上前津治療院をご利用いただきありがとうござます。
当院では4月19日から営業時間の変更を行います。
いままでは日曜日、祝日はお休みをいただいておりましたがお客様のご要望により日曜日、祝日も営業のほういたします。
日にちによって在勤している先生が異なる場合がありますので下記のラインより一度ご問い合わせください。
ご迷惑をお掛けしますがこれからもソアン上前津治療院をよろしくお願いいたします。
LINE ID → @vhw4359o