STAFF BLOG

2020年3月28日

美容、健康のカギをにぎる!!腸内環境(1)

100種類以上、約10兆個人間の体の中にいます!!
 
これを聞いた時みなさんは何を想像しますか??
 
この数字は人間の腸内にいる微生物の数だと言われています。
 
腸美人という言葉があるうように美容と腸内環境の良い悪いは大きく関係があります。
 
腸の中にいる細菌は大きく分けて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類がいるといわれており、この3種類の菌がお互いにバランスをとって腸内の環境を保っています。
 
通常は善玉菌が悪玉菌よりも多い状態が正常の状態とされていますが、何らかの影響で悪玉菌のほうが優勢になってしまった状態を腸内環境が悪いと表現されます。

 
腸内環境が悪くなるとまずはじめに腸の動きが悪くなり食べ物がうまく消化できなくなってしまいます。
 
腸のぜんどう運動と呼ばれる動きが悪くなり便秘や下痢につながります。
 
結果的に老廃物が体の中に溜まるという形になるのでお腹の膨満感や肌荒れ、ニキビ、口臭、体臭の悪化などが出てきます。
 
食べたものを消化しそれを吸収する場所は腸です。
 
腸内に溜まった老廃物が腐敗をし有害な物質となって腸から吸収され血液にのって全身に運ばれてしまうのです。
 
また腸内環境の悪化は人間の免疫力を大きく低下させてしまう恐れがあります。
 
私たちの体には外部から侵入してきたウイルスや細菌に対処するナチュラルキラー細胞というのが存在しています。
 
このナチュラルキラー細胞ですが腸内の環境が悪化すると大幅に数が減少したり、働きが悪くなってしまうことがわかっています。
 
体の免疫力が下がればウイルスに感染しやすくなるのはもちろん、発がん率も上昇してしまう可能性があります。
 
突然ですがリーキーガット症候群とういう病気をご存じでしょうか??
 
聞きなれない病名だとおもいますが、症状としては小腸の壁に穴が開いてしまい出て行ってはいけない物質がどんどん出て行ってしまう病気になります。
 
穴が開いてしまっているため正しく栄養が吸収できないのはもちろん、有害な物質が漏れ出てしまうので体に様々な不具合が出てきます。
 
この症状になる原因としては腸内環境の悪化により小腸の壁に炎症が生じ小さな隙間ができることによって発症するといわれています。
 
これらのように腸内環境は私たちの体にとってとても重要な働きを担っており、よりキレイに、より健康にと思っている方にはぜひ気を付けていただきたいです。
 
ソアン上前津治療院 伊藤
 

いつもソアン上前津治療院をご利用いただきありがとうござます。
当院では4月19日から営業時間の変更を行います。
いままでは日曜日、祝日はお休みをいただいておりましたがお客様のご要望により日曜日、祝日も営業のほういたします。
日にちによって在勤している先生が異なる場合がありますので下記のラインより一度ご問い合わせください。
ご迷惑をお掛けしますがこれからもソアン上前津治療院をよろしくお願いいたします。