STAFF BLOG

2020年3月23日

たるみ、シワ、ニキビにはビタミンC しっかり摂取して美しい

ビタミンCが美容や体にいいということは常識です。

日常生活をすごしていると様々なところでビタミンCという単語を目にする機会が多くあります。

ドラックストアなどでもサプリメントでビタミンCが多くあったり、化粧水、美容液などでもビタミンCやビタミンC誘導体という単語が書いてあったり、スーパーやコンビニでもビタミンCが多く入っていることを全面的に押し出したパッケージをしているお菓子や飲み物を多く見かけます。

そうです、ビタミンCが美容や体にいいことはすでに常識であり多くの人は理解していると思います。

でもなんで良いのか、具体的にどのような効果があるのかはなんとなくあいまいになっているのではないでしょうか!

ビタミンCの一番の役割としてまず思いつくのが抗炎症作用、抗酸化作用ではないでしょうか!!

主にニキビの悩みの時にビタミンCを思い浮かべると思いますがニキビというのは炎症になります。

炎症を抑えるためにはビタミンCはとても効果的でありニキビを早く治したいのであればまずビタミンCです。

またビタミンCには皮脂の分泌を抑制するという働きがあります。

皮脂腺がつまってしまうと周辺部に炎症が起きやすくなりニキビにつながるケースはとても多いので日ごろから皮脂の分泌に気をつけていただくとニキビはできにくくなっていくと思います。

抗酸化作用は皮膚の細胞の老化を防止するのにも一役かってくれますのでアンチエイジング効果も期待できます!

次のビタミンCの大きな効果はコラーゲンなどの成分の体内での生成を助ける働きです!

しわやたるみなど気になりはじめた場合まず多くの方が考えるのがコラーゲンが不足があると思います。

年齢を重ねるにつれてコラーゲンは不足していき20代と60代では量も減少しコラーゲンの質も悪くなってくるといわれています。

コラーゲンに着目することは間違っていませんししわ、たるみの原因としては正しいのですが問題はコラーゲンの摂取の仕方にあります。

よくコラーゲンを直接肌に塗布したりコラーゲン直接食べたりすると思いますがこれは実はあまり意味がありません。

コラーゲンの分子自体はとても大きく肌に直接浸透するのは難しく、直接食べた場合でも体に吸収される時にはアミノ酸に分解されてしまいそれがまたコラーゲンとして再度合成されるかは別の話になります。

そこでコラーゲンの生成を促進するのがビタミンCになります。

また肌の真皮層という場所でコラーゲンを生成する場合はビタミンCがないと生成がされません!!

このようにいくら大量のコラーゲンやアミノ酸をとてもビタミンCがないと無意味になってしまうこともあるのです!

毎日の食事はもちろんのこと、もしたりなければサプリメントで補うなどしっかり摂取できるといいですね♪

ソアン上前津治療院 伊藤