STAFF BLOG

2018年6月08日

エラスチンの重要性

こんにちは!ソアンの猪原です!
今回はコースにもある エラスチン について書いていきたいと思います!

そもそもエラスチンとはなんぞや??と思う方が多いと思います。
エラスチンはたんぱく質です!

皮膚組織の中にある繊維ですが弾力があるのが特徴で、やわらかい肌の状態をキープしてくれます。コラーゲンと同じ肌の層にあります。コラーゲンの次に多いたんぱく質で、一般的にコラーゲンは知られていますが、2番目に多いにも関わらずなかなか知られておりません。

そしてどんな働きをしているのか??といいますと、コラーゲンとコラーゲンを結びつける働きがあります。コラーゲンだけでは形になりますが、弾力が生まれません。笑いじわや眉間のしわができてしまうのは、コラーゲンは足りているけど、エラスチンが足りていないからです。

健康でしわのない状態の皮膚は、エラスチンが形づくってそれをキープする役割です。肌効果はたるみ。ほうれい線、むくみに特化して効きます。年齢肌の主な悩みを抱えている人に、エラスチンの存在を知ってほしいです。

コラーゲンは一つではなんの働きもせず、エラスチンで結びつけることによって初めて肌を綺麗にします。ですのでコラーゲンばかり摂っていても意味がないためエラスチンもしっかり補いましょう!!

エラスチンは仕事や家事などの忙しさから来るストレス、加齢、3月から9月にかけての強い紫外線によって減ってしまいます。エラスチンをしっかり補充することで肌を若返らせ、健康な状態にちかづけられます。

肌にいい食事をとろうとするとついつい有名な栄養素ばかりに気を取られてしまいますが、必要になる栄養素があまり知られていないこともあるので気を付けましょう。

皮膚以外にもエラスチンは血管、靭帯などにもあります。血管が固くなっていると血流が悪くなるので、エラスチンをとって血管をやわらかくする必要があります。やわらかい血管は末端までしっかり血液が循環するので、肌もキレイになります。

靭帯も硬くなっていると体を自由に動かせなくなり、全身がこわばります。結果的に血流を悪くするので、やわらかくしておきましょう。

それと同時にビタミンCを摂取すると、なお良いので試してみてください!