STAFF BLOG

2017年11月22日

大人ニキビの対策には美容鍼灸。

当院で受けることができるナチュラル美容鍼の効果には、肌質の改善や、小顔効果だけでなくニキビ対策にも効果があります。
東洋医学では、おなかや足が冷えると、気球と同じ原理で暖かい空気が上に上がるので、首や顔に熱がこもってしまうと考えられており、赤ニキビはその行き場を失った熱が噴火したイメージだと考えられています。

西洋医学的には赤ニキビはアクネ菌が毛穴の中の皮脂をエサに増えてしまい、炎症を起こしている状態です。最初は小さくぷっくりと腫れていますが、だんだん大きくなり、ぶよぶよになってしまいます。赤ニキビが熱を持つのはぶよぶよになった時です。

触らなくても痛くなり、どんどん悪化して目立つようになります。無理につぶすと中のアクネ菌が周辺の皮膚についてニキビが増えてしまう可能性がありますし、ニキビ跡として残ってしまう可能性があります。

熱を持った状態のニキビに対しては、その周辺に鍼を打って血流を促進します。
軽いニキビなら1回の施術でも効果を実感していただけます。
ニキビにはいろいろな種類があり、「大人ニキビ」ともいわれる白ニキビはは免疫力の低下によるホルモンバランスの乱れや、毛穴が詰まることで起こります。

白ニキビは痛みやかゆみがほとんどなく、小さいのが特徴です。毛穴が白く盛り上がっているようなポツポツとした形が特徴で、本格的に炎症を起こす前によくみられる症状です。

「本格的なニキビじゃないから」と放置してしまう大人が多いですが、繰り返す大人ニキビは肌の状態を根本から改善する必要があります。

「思春期ニキビ」ともいわれる赤ニキビにはストレスと冷えが大きく影響します。
特に肝臓の働きが悪くなると解毒作用が低下し、ニキビができやすくなると考えられています。

鍼でアプローチをすることにより血行を改善し免疫力を向上させると同時に、顔までしっかりと栄養が行き渡るように内臓の働きも整えます。

毛穴に溜まった皮脂を取り除き、ニキビの原因であるアクネ菌も減らします。クレンジングと違い、不自然なほど無菌状態にしないで、健康的な皮膚表面の菌バランスに近づけます。

血行を良くすることで肌のターンオーバーが改善して、ニキビ以外にも毛穴の開き、乾燥肌、敏感肌などが改善しやすくなります。塗り薬やサプリメントでは効かない人におすすめです。

施術の効果は、肌のターンオーバーに合わせて2~3週間程度の持続が期待できます。さらに回数を重ねていくことで、ニキビのできにくい体質に改善することが可能です。