STAFF BLOG

2017年8月02日

肌のくすみとは?

皆さんお顔がくすんでいると思ったことはありませんか?
血流が悪くなると、肌は透明度が低くなり黒ずんだ印象になります。
これがいわゆるくすみです。

肌のくすみは皮膚組織の機能が低下したことで起こります。健康なら肌は28日くらいの周期で古い角質層が剥がれ落ち、その下にある綺麗な皮膚層が出てきます。でも疲れていたり、ストレスを感じていたりすると、ターンオーバーが正常にできません。

くすみは古い角質が皮膚の表面にずっと残っているんです。角質層が厚くなっているから、肌が黒ずんだり、黄ばんだりします。目の周りや鼻の周りなど、皮膚をよく動かすところが部分的にくすむこともあれば、全体的にくすむこともあります。

くすみでも特に気になるのが目の下ですよね。
それはお顔の中でも目の下の皮膚は薄く血液の色が特によくみえるので、血行不良による肌色の変化が目立ちやすくなるからです。目の下はメイクが落としきれていないために、色素沈着が起こってさらに肌が汚く見えてしまいやすいです。

くすみを改善するにはまず血流を良くしてあげることが大切です。
しかし目の下は毛細血管が多い為、内出血のリスクが高くなり不安な方も多いと思います。

そこで当院では目の下はお灸でアプローチし、血流改善していきます。
使うお灸は60度までしか熱が上がらずヤニフィルターも付いた特殊なお灸と、熱の伝導を抑える特殊なテープを併用しているので安全です。

血行をよくすれば皮膚組織にもしっかり栄養と水分、酸素が届くようになるので、ターンオーバーのペースが戻って古い角質層がはがれやすくなります。くすんだ角質に隠れている綺麗な層の皮膚が表面に出るので、清潔感のある肌になれます。

ふつうならピーリングで古い角質を落とすところですが、皮膚をこするピーリングは肌が弱い人には向いていないです。またアレルギー体質の人はピーリング剤で肌荒れを起こすかもしれません。

お顔全体にも行なっていくので肌のトーンもあがってきます。乾燥肌にも効果ありますよ!体質改善のための食事療法や運動では、なかなか効果が出ないのでお灸でのアプローチを考えてみてくださいね。

ぜひ当院でくすみ改善していきましょう( ´ ▽ ` )ノ