STAFF BLOG

2016年5月20日

小顔矯正と顎関節症

美容メニューの小顔矯正…実は顎関節症にも効果があります!
顎関節症なると口を大きく開けられない、口を開けた時に顎が鳴る、食べ物が噛みにくいなどの症状が出ます。特に食事をするときや、人としゃべる時に困ることが多いです。
歯を食いしばるくせがある、歯ぎしりをする、歯並びが悪い、かみ合わせがよくないなどが原因で起こります。

顎関節は小顔矯正でも調節する骨
下顎骨と側頭骨から構成されています。

そのバランスを整える小顔矯正は顎関節のバランスも直し、顎が開きにくい感覚やクリック音(シャリシャリ音やパキッという音)を改善します。シャリシャリ音やパキッという音は、顎の骨同士がこすれる音です。

骨がこすれるのは骨がズレているからです。顎の骨の位置を調節すると小顔になることも期待できます。顎の痛みもとれて、小顔にもなれるのは大きなメリットですね。

スクリーンショット 2016-05-20 21.13.10顔を綺麗に整える

顔を綺麗に整えるのと共に
気になるお顔の症状も改善できる
正に一石二鳥な「小顔矯正」

小顔矯正は施術師が手で顔の骨のゆがみを治し、血行を改善していくものです。首のコリや血液の巡りもよくするので、肌の調子もよくなります。顔全体のむくみも解消して、目がぱっちり開いたり、眉間のコリが治ったりします。

顎関節症は深刻な症状がないと誤解されていますが、頭痛やめまい、肩の痛み、背中の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、歯の痛みなど頭部全体に出てしまいます。はやめに治療をしておいてください。

顎関節症は歯医者ではなく、接骨院などで施術を行います。歯の痛みに悩んで歯医者に行ったら顎関節症だったということもあるので、他の症状もチェックしましょう。

お顔の悩みがございましたらいつでもお気軽にご相談ください!